『行政書士』に関する質問・疑問一覧

次へ  ]
2303件中 161~180件目
  • 行政不服審査法 58条についてです。

    (審査庁等の教示) 第五十七条  行政庁は、審査請求若しくは異議申立て又は他の法令に基づく不服申立て(以下この条において単に「不服申立て」という。)をすることができる処分をする場合には、処分の相手方に対し、当該処分につき不服申立てをすることができる旨並びに不服申立てをすべき行政庁及び不服申立てをすることができる期間を書面で教示しなければならない。ただし、当該処分を口頭でする場合は、この限りでない。 2  行政庁は、利害関係人から、当該処分が不服申立てをすることができる処分であるかどうか並びに当該処分が不服申立てをすることができるものである場合における不服申立てをすべき行政庁及び不服申立てをすることができる期間につき教示を求められたときは、当該事項を教示しなければならない。 3  前項の場合において、教示を求めた者が書面による教示を求めたときは、当該教示は、書面でしなければならない。 4  前三項の規定は、地方公共団体その他の公共団体に対する処分で、当該公共団体がその固有の資格において処分の相手方となるものについては、適用しない。 (教示をしなかつた場合の不服申立て) 第五十八条  行政庁が前条の規定による教示をしなかつたときは、当該処分について不服がある者は、当該処分庁に不服申立書を提出することができる。 2  前項の不服申立書については、第十五条(第三項を除く。)の規定を準用する。 3  第一項の規定により不服申立書の提出があつた場合において、当該処分が審査請求をすることができる処分であるとき(異議申立てをすることもできる処分であるときを除く。)は、処分庁は、すみやかに、当該不服申立書の正本を審査庁に送付しなければならない。当該処分が他の法令に基づき、処分庁以外の行政庁に不服申立てをすることができる処分であるときも、同様とする。 4  前項の規定により不服申立書の正本が送付されたときは、はじめから当該審査庁又は行政庁に審査請求又は当該法令に基づく不服申立てがされたものとみなす。 5  第三項の場合を除くほか、第一項の規定により不服申立書が提出されたときは、はじめから当該処分庁に異議申立て又は当該法令に基づく不服申立てがされたものとみなす。 以下につき、ご教示よろしくお願いいたします。 (1)行政不服審査法 58条1項の「行政庁が57条の教示義務に違反して教示をしなかった場合における不服申立書の当該処分庁への提出」については、不服申立てをすることができる期間の経過後であっても有効でしょうか。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question … では、これを否定するような感じなのですが、58条の4項と5項で、「はじめから…に基づく不服申立てがされたものとみなす。」とあるので、効力があるように思えるのですが。 (2)行政不服審査法 58条4項、同5項で、双方に「又は当該法令に基づく不服申立て」とあるのですが、その「当該法令に基づく不服申立て」とは、それぞれ、どの不服申立てについてのことでしょうか。 (3)行政不服審査法 5項で「第一項の規定により不服申立書が提出されたときは、はじめから当該処分庁に異議申立て…がされたものとみなす。」とあるのですが、1項にある「不服申立書の当該処分庁への提出」は、元々「当該処分庁に対する異議申立てする際に行われるべきこと」であるので、「あえて『みなす必要はない』」と思うのですが、どうして、このような文言があげてあるのでしょうか(「不服申立てをすることができる期間の経過後における不服申立書の提出であっても、有効である。」ことを意味しているのでしょうか。)。

    2014/02/11 02:03
  • 国保連の請求代行業務

    こんにちわ。 久しぶりの質問です。 障害福祉サービスの請求代行業務をする場合、 書類作成の代行なので、行政書士の資格を持ってないと 出来ないんでしょうか⁇ よろしくお願いします。

    2014/02/06 09:29
  • 意見公募手続等

    つぎにつき、ご教示お願いいたします(初心者のレベルですので、やさしくご教示いただければ幸いに存じます。)。 (1)行政手続法39条4項における各「2号」「3号」「4号」の内容が理解できません。 これについて、具体的にやさしく教えていただけませんでしょうか。 (2)行政手続法39条4項5号に「他の行政機関が意見公募手続を実施して定めた命令等と実質的に同一の命令等を定めようとするとき。」とあるのですが、どうして、実質的に同一のものが他にあるのにもかかわらず、あらためて命令等を作成するのでしょうか。 (3)行政手続法40条2項で、「(前条第四項第四号に該当する場合を除く。)」となっているのはどうしてでしょうか。 (4)行政手続法43条5号で、「ただし、第一号に掲げる事項のうち命令等の趣旨については、同項第一号から第四号までのいずれかに該当することにより意見公募手続を実施しなかった場合において、当該命令等自体から明らかでないときに限る。」となっているのはどうしてでしょうか。 (5)行政手続法43条柱書きに「(公布をしないものにあっては、公にする行為。第五項において同じ。)」とあるのですが、命令等の「公布」と「公にする行為」の違いは何でしょうか。 (意見公募手続) 第三十九条  命令等制定機関は、命令等を定めようとする場合には、当該命令等の案(命令等で定めようとする内容を示すものをいう。以下同じ。)及びこれに関連する資料をあらかじめ公示し、意見(情報を含む。以下同じ。)の提出先及び意見の提出のための期間(以下「意見提出期間」という。)を定めて広く一般の意見を求めなければならない。 2  前項の規定により公示する命令等の案は、具体的かつ明確な内容のものであって、かつ、当該命令等の題名及び当該命令等を定める根拠となる法令の条項が明示されたものでなければならない。 3  第一項の規定により定める意見提出期間は、同項の公示の日から起算して三十日以上でなければならない。 4  次の各号のいずれかに該当するときは、第一項の規定は、適用しない。 一  公益上、緊急に命令等を定める必要があるため、第一項の規定による手続(以下「意見公募手続」という。)を実施することが困難であるとき。 二  納付すべき金銭について定める法律の制定又は改正により必要となる当該金銭の額の算定の基礎となるべき金額及び率並びに算定方法についての命令等その他当該法律の施行に関し必要な事項を定める命令等を定めようとするとき。 三  予算の定めるところにより金銭の給付決定を行うために必要となる当該金銭の額の算定の基礎となるべき金額及び率並びに算定方法その他の事項を定める命令等を定めようとするとき。 四  法律の規定により、内閣府設置法第四十九条第一項 若しくは第二項 若しくは国家行政組織法第三条第二項 に規定する委員会又は内閣府設置法第三十七条 若しくは第五十四条 若しくは国家行政組織法第八条 に規定する機関(以下「委員会等」という。)の議を経て定めることとされている命令等であって、相反する利害を有する者の間の利害の調整を目的として、法律又は政令の規定により、これらの者及び公益をそれぞれ代表する委員をもって組織される委員会等において審議を行うこととされているものとして政令で定める命令等を定めようとするとき。 五  他の行政機関が意見公募手続を実施して定めた命令等と実質的に同一の命令等を定めようとするとき。 六  法律の規定に基づき法令の規定の適用又は準用について必要な技術的読替えを定める命令等を定めようとするとき。 七  命令等を定める根拠となる法令の規定の削除に伴い当然必要とされる当該命令等の廃止をしようとするとき。 八  他の法令の制定又は改廃に伴い当然必要とされる規定の整理その他の意見公募手続を実施することを要しない軽微な変更として政令で定めるものを内容とする命令等を定めようとするとき。 (意見公募手続の特例) 第四十条  命令等制定機関は、命令等を定めようとする場合において、三十日以上の意見提出期間を定めることができないやむを得ない理由があるときは、前条第三項の規定にかかわらず、三十日を下回る意見提出期間を定めることができる。この場合においては、当該命令等の案の公示の際その理由を明らかにしなければならない。 2  命令等制定機関は、委員会等の議を経て命令等を定めようとする場合(前条第四項第四号に該当する場合を除く。)において、当該委員会等が意見公募手続に準じた手続を実施したときは、同条第一項の規定にかかわらず、自ら意見公募手続を実施することを要しない。 (結果の公示等) 第四十三条  命令等制定機関は、意見公募手続を実施して命令等を定めた場合には、当該命令等の公布(公布をしないものにあっては、公にする行為。第五項において同じ。)と同時期に、次に掲げる事項を公示しなければならない。 一  命令等の題名 二  命令等の案の公示の日 三  提出意見(提出意見がなかった場合にあっては、その旨) 四  提出意見を考慮した結果(意見公募手続を実施した命令等の案と定めた命令等との差異を含む。)及びその理由 2  命令等制定機関は、前項の規定にかかわらず、必要に応じ、同項第三号の提出意見に代えて、当該提出意見を整理又は要約したものを公示することができる。この場合においては、当該公示の後遅滞なく、当該提出意見を当該命令等制定機関の事務所における備付けその他の適当な方法により公にしなければならない。 3  命令等制定機関は、前二項の規定により提出意見を公示し又は公にすることにより第三者の利益を害するおそれがあるとき、その他正当な理由があるときは、当該提出意見の全部又は一部を除くことができる。 4  命令等制定機関は、意見公募手続を実施したにもかかわらず命令等を定めないこととした場合には、その旨(別の命令等の案について改めて意見公募手続を実施しようとする場合にあっては、その旨を含む。)並びに第一項第一号及び第二号に掲げる事項を速やかに公示しなければならない。 5  命令等制定機関は、第三十九条第四項各号のいずれかに該当することにより意見公募手続を実施しないで命令等を定めた場合には、当該命令等の公布と同時期に、次に掲げる事項を公示しなければならない。ただし、第一号に掲げる事項のうち命令等の趣旨については、同項第一号から第四号までのいずれかに該当することにより意見公募手続を実施しなかった場合において、当該命令等自体から明らかでないときに限る。 一  命令等の題名及び趣旨 二  意見公募手続を実施しなかった旨及びその理由

    2014/02/01 23:36
  • 行政手続法35条3項について

    行政手続法35条3項における下記の例が、イメージ的につかめません。 つきましては、これについて、やさしい具体例をあげてもらえませんでしょうか。 よろしくお願いいたします(初心者のレベルですので、やさしくご教示いただければ幸いに存じます。)。 (行政指導の方式) 第三十五条 行政指導に携わる者は、その相手方に対して、当該行政指導の趣旨及び内容並びに責任者を明確に示さなければならない。 2 行政指導が口頭でされた場合において、その相手方から前項に規定する事項を記載した書面の交付を求められたときは、当該行政指導に携わる者は、行政上特別の支障がない限り、これを交付しなければならない。 3 前項の規定は、次に掲げる行政指導については、適用しない。 一 相手方に対しその場において完了する行為を求めるもの 二 既に文書(前項の書面を含む。)又は電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。)によりその相手方に通知されている事項と同一の内容を求めるもの 記 (1)1号の「相手方に対しその場において完了する」行為 (2)2号の「既に文書(前項の書面を含む。)又は電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。)によりその相手方に通知されている事項と同一の内容を求める」場合

    2014/01/31 15:53
  • 平成25年行政書士試験落ちました

    25年の行政書士試験の合格発表があってから数日経過しましたが 気持ちの整理が出来ません。 勿論、結果は不合格でした。 記述以外で168点で、本来ならば合格見込みでしたが 記述が少し微妙でありました。 44 建築確認は、確認する効果があり訴えの利益が消滅し却下判決となる >後半は完璧でしたが、前半の建築確認の法的効果が 書けませんでした。 45Aに行為能力があれば履行の請求又は損害賠償請求できる >追認は浮かびましたが、もう済んでると勘違いしてました 46 宝石商が支払った指輪の代価50万円を弁償し返還請求できる >必要な要件は?だったので民法194条において答えるものと思い 商人である宝石商を強調し、盗難の時から2年以内を入れると 逆に減点だと思いました。 結局、記述採点は、10点でした 総合で178点で落ちました。 自分が勉強不足であったのは分かりますし まだ、落ちたショックが消えません 2点差で落ちたということが悔しいです どのようにすれば気持ちを切り替えられるのでしょうか?

    2014/01/30 17:44
  • 食えない資格!?

    行政書士は食えない資格の代表格みたいな言われ方をしていますが、本当にそうなのでしょうか?

    • ベストアンサー
    • 困ってます
    • noname#190435
    • 行政書士
    • 回答2
    2014/01/28 18:45
  • 難関資格の勉強、暗記方法。

    今現在わたくしも資格試験の勉強をしているんですが、予備校などの講義をDVDなどで何度も見れる環境なんですが、〈一回の講義→問題で復習〉という流れより、〈2日以内とかに連続して同じ講義を見る〉の方がはるかに定着するような気がします。一回の講義で問題復習しても一回目の講義ではあまり内容を理解してないので回答できません。なら連続して同じ講義なら2回目はすんなり理解できるというのがわたしの実践していて感じた事なんですが、受験生、合格者、他の難関資格受験生のみなさんどう思われますか?

    2014/01/28 15:14
  • 行政書士

    行政書士の資格を目指そうかと検討しています。 実際に行政書士に合格されている方の意見を頂きたいです。 ◯法律の知識が全く無い状態ですが、これから勉強を始めるとしたら、勉強期間は1年で可能でしょうか? ◯独学では難しいでしょうか? 通信教育を受けた方がいいでしょうか? ◯行政書士に合格した方は、何回ぐらい受けて合格出来ましたか? 教えてください。 よろしくお願いします。

    2014/01/19 23:26
  • 行政書士試験を欠席しました 通知書は送られますか?

     行政書士試験を当日欠席したものですが、都合上合格通知書が送られてくるのかどうかが知りたいです。実際自分以外にもたくさんの欠席者がいるらしいのですが知っている方がおりましたらぜひ教えていただきたいです。よろしくおねがいします

    2014/01/19 22:04
  • 日商販売士検定3級 勉強方法

    2月に行われる日商販売士検定の受験を予定しています。 そこでこちらのテキストを購入いたしました▶︎http://www.amazon.co.jp/U-CANの販売士検定3級-速習レッスン-第2版-【予想模擬試験つき-ユーキャンの資格試験シリーズ/dp/4426604486 こちらのテキストだけで十分に勉強できるでしょうか?また覚えることが多いので読むこと以外で効率のいい勉強方法を教えていただけると嬉しいです。 受験経験のある方回答お願いします。

    2013/12/22 15:09
  • 行政書士での収入

    以前に行政書士試験には合格できたものの、行政書士事務所を開業するかどうか悩んでいます。いま勤めている会社は軽微な副業なら認めてくれます。今開業しても一般会社員並みの収入にも遠く及ばない可能性が高いと思います。副業としての行政書士業務を、ルーティンワークの様な事でも、コツコツやって、ある程度の安定収入になる行政書士事務所の運営方法などのアドバイスを頂けたら幸いです。

    2013/12/15 10:18
  • 平成25年度行政書士記述採点について

    平成25年度行政書士記述採点お願いします。 問44 工事完成により訴えの利益を失うことから法律上の利益を欠き訴えは棄却される。 問45 無権代理人として契約の履行または損害の賠償を請求 できる。 問46 盗難から2年以内であれば、AはDが購入した指輪の代金を支払い、返還請求できる。 記述抜きで160点です。 採点が厳しくなると聞き、不安でなりません。厳しめで構いませんので、採点お願いします。

    2013/11/28 03:11
  • 行政書士試験の独学での学習方法について

    初学者であることを前提として、行政書士試験の独学での学習方法等について、以下につき、よろしくお願いします。 (1)「うかる! 行政書士 総合テキスト(伊藤塾)」を2~3回読んで、後は過去問に取り組めば、当試験の合格は可能でしょうか。 (2)一般知識等の「情報通信」については、そういう方面の知識がないことを前提として、どのように学習すれば対応できるのでしょうか。 (3)その他、アドバイスいただけませんでしょうか。

    2013/11/22 03:03
  • 行政書士試験の独学での学習方法について

    初学者であることを前提として、行政書士試験の独学での学習方法等について、以下につき、よろしくお願いします。 (1)「うかる! 行政書士 総合テキストうかる! 行政書士 総合テキスト(伊藤塾)」を2~3回読んで、後は過去問に取り組めば、当試験の合格は可能でしょうか。 (2)一般知識等の「情報通信」については、そういう方面の知識がないことを前提として、どのように学習すれば対応できるのでしょうか。 (3)その他、アドバイスいただけませんでしょうか。

    2013/11/22 02:04
  • 25年行政書士試験記述式採点。

    25年行政書士試験の記述式の採点をお願いいたします。 44問 建築確認は事実行為であり、工事完了により訴えの利益が消滅し請求棄却判決が下される。 45問 Cの追認なき場合、Aが行為能力を有する時BはAに対し履行の請求又は損害賠償請求権を行使する (45字ギリギリで最後に句読点を打てませんでした。) 46問 盗難又は遺失の時から二年間は、盗品又は遺失物を対象としAはDに対し指輪の返還を請求できる。 択一で154点で、記述の点数次第で合否が決まります。不安で仕方ありません。どうぞよろしくお願いします。

    2013/11/21 22:25
  • 平成25年度行政書士記述式採点お願いします

    平成25年行政書士記述問題の採点を是非よろしくお願いします。 44問 建築確認は公定力を有しており、工事完成により訴えの利益が消滅したので、却下の判決が下される。 45問 CがAの行為を追認しなかった時において、Aに履行を求めるか損害賠償責任を請求する。 46問 盗難の時から2年を経過していないので、AはDの代金を弁済して、指輪の返還を請求できる。 どれもこれも穴があります。 択一150点取れています。あと30点とれるでしょうか。 不安で仕方ありませんが、厳しめで、是非よろしくお願いいたします

    2013/11/14 12:18
  • 2013行政書士試験の記述式の採点をお願いします!

    2013年行政書士試験の記述式の採点をお願いします!!! 試験も終わりホッとしているところですが、記述式の採点がどうしても気になってしまいます。 問題44 >工事完了によりBの訴えの利益が失われ、却下判決が下される。 問題45 >Aが本件契約の債務の履行ができないときに、債務不履行を理由に損害賠償請求することができる。 問題46 >盗難の時から2年以内であればDに指輪の対価を支払って、指輪の返還を請求することができる。 どなたか採点よろしくお願いします。<(_ _)> 補足誤字などがあった場合は減点されますでしょうか? 問題44に関しては判決をひらがなで記入してしまいました。。泣 補足※記述式で30点欲しいのですが辛めの採点でいかがなものでしょうか?とても不安でモヤモヤしています。

    2013/11/13 13:47
  • 行政書士になるのはなぜやめておいた方がいい?

     表題のとおりなのですが。  私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。  許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。  行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務などの獲得を目指して動いているようですが、他士業ががっちりスクラムを組んで行政書士に新規の仕事を与えないよう共闘しているような状況だということも知りました。  2000年ぐらいを境に、それ以降の新規登録者で急成長している行政書士事務所や行政書士法人は、ほとんどが商業登記を違法に行ったり(非司行為)、法律相談や法的交渉の代理などの業務を行ったり(非弁行為)して市民の法的権利を害するようなことで大きくなったことも知りました。  新人行政書士に「仕事を教える」として研修費名目でお金を払わせたり、実務マニュアルを売ると売り込みがあったり、宣伝広告のノウハウを教えるという情報商材があったりするいわゆる「ヒヨコ食い」の話もさんざん知らされました。  挙句の果てには外国人の不法入国の手引を行うものが後を絶たないとして、警察が行政書士会を監視対象にしているという事も知りました。  資格学校の安くない受講料と、合格までに費やした2年間という時間は、自らの無知が招いた授業料と割り切ることもできます。  であればこそ、今後、資格学校の「街の法律家」「法廷に立たない弁護士」「扱える書類は10000種以上」「就・転職にも有利」などの謳い文句に踊らされてこの無駄な資格試験を受検する人が出てこないよう、思いとどまれるように折にふれて説得していくことで、自分のできる社会貢献としたいと思っています。  上記しましたように、行政書士にはならない方がいいという根拠になる事実はたくさん知っています。しかし、ひとことで「ズバッ」と説明する訴求力には欠けていると思うんです。  「行政書士にはならない方がいい」端的に説明できる方法を、何か教えて下さい。

    2013/10/10 04:09
  • 取得条項付株式設定の添付書面

    取得条項付株式の定めを設定する場合の添付書面発行済みの単一株式に取得条項付株式を設定する場合は株主全員の同意書が添付書面となりますが、例えば株主全員が出席して満場一致で取得条項付株式の設定を決議した場合(株主全員の同意書は存在しない)には、その株主総会議事録を添付して定款変更が可能でしょうか。

    2013/09/27 10:41
  • 行政書士の業について

    自分で色々調べたのですが解らない点があり、お尋ねしたいことが2点あります。 (1) 行政書士の資格取得後、行政書士会連合会に登録をしなくても資格が無効になることはないですか?(一度資格を取得すれば一生有効でしょうか?) (2) 行政書士会連合会に登録をしなくても自分自身や親族の利用目的(営利目的ではない)での官公署に提出する書類の作成、及び相談、代理は可能でしょうか?

    2013/09/21 23:47