『開発』に関する質問・疑問一覧

次へ  ]
1244件中 81~100件目
  • 細いロープ及びワイヤーの巻上ドラム、ラチェットな…

    細いロープ及びワイヤーの巻上ドラム、ラチェットなど逆転防止装置付 現在作成している機械にロープを巻き上げるドラムをつける必要性が 出てきました、手動で巻上ますので逆転防止装置も付けたいのです。 ロープは6φほどの細いもので巻上距離は1mほどです。 ドラムを加工してラチェット用のギヤと爪を買ってきたら できると思うのですが、ラチェット用のギヤと爪は市販されて いるのでしょうか? または、そんな面倒なことしなくてもドラムとセットになったものが 買えるるようなところがありましたら本当にありがたいのですが、 どなたか心当たりのおありの方よろしくお願いします。

    • ベストアンサー
    • 困ってます
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答6
    2013/08/26 14:20
  • 磁力と温度について教えてください

    流体で高速回転させる磁石の回転数を リードスイッチでカウントさせる回路を 組み立てたのですが、流体の温度が120℃ でスイッチの反応が鈍くなります。 磁石はネオジウムの高温仕様を使っています。 この温度域で使用して、問題ないかを求めたいのですが どのように計算してよいのか教えて頂けないでしょうか?

    • ベストアンサー
    • 困ってます
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答3
    2013/08/14 01:05
  • 小型ぜんまい発電機

    以下の条件で省電力低輝度LEDを発光させるぜんまい発電機を開発したいのですが、可能でしょうか? 大きさは10cm四方程度 発光時間は10分以上 用途は災害時の非常用ライトなど 災害用なのでそれほど明るくなくてもよく、長期間発光するものが理想です 価格は量産時に1000円以下が希望です。 皆様、丁寧な回答ありがとうございます。 大変参考になりました。 詳細はかけませんが、これ以外に次のような条件があります。 ・構造がシンプルであること  高度な技術がなくても組み立てられること  (半完成品として納品します)  高度な技術がなくてもある程度修理できるること ・劣悪な環境でも稼働すること  水やほこり、熱などの劣悪な環境でも稼働すること ・環境にやさしいこと ・照明を使いながら作業ができること  手回し中作業ができないのはNG ・値段が安いこと ぜんまいはもちろんLEDや照明系は素人でWEBで調べたのですが、なかなか希望とするLEDも発電機もぜんまいも見つけることができなかったので、ここで質問させていただきました。 もちろん自分では開発できないので、もし理論的にでも可能であれば、専門のところへ発注したいと考えています。 皆様、手厳しい回答ありがとうございます。 ただ、負けおしみではないですが、世の中でイノベーションを起こすのは意外とこういう素人なのかもしれません。 プロほど、その困難さがわかるため、しり込みしてしまうのは、自分の本業でもよくわかるところです。 また、ぜんまいラジオについても東洋ぜんまいさんについてもすでに既知のことでしたが、やはり条件に合わないことから、専門の方々のお知恵を拝借したかったところです。 素晴らしい回答をいただけた方もいらっしゃいますが、多少前向きではない印象の回答もありました。 いずれにしても、素人のために貴重な時間を割いて調べていただいたこと、大変感謝いたします。 素晴らしいサイトですので、前向きな議論でこの中からイノベーションが起きることを期待しています。 ありがとうございました。

    • ベストアンサー
    • 困ってます
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答6
    2013/07/31 21:58
  • 複数部品組合せ製品の部品図面公差設定

    図面への公差記載方法で迷っています。 例えば同じ5つの部品を単純に積み重ねた際の許容公差が±0.1の製品を作りたい場合、個々の部品の許容公差は下記の様になります。 積み重ね法の場合:±0.02 二乗和平方根法の場合:±0.044 実力調査の結果、個々の部品寸法バラツキは通常状態では正規分布になっています、±0.044を当てはめるとCpk1.33以上となる為コストを考慮し二乗和平方根法の使用は妥当と考えます。 そこで、図面に±0.044と記載したいのですが、図面上は突発的に上限品が入ってくる事は許容されてしまいます。勿論上限品の発生が稀な場合は問題ないのですが、仮に何らかの理由で上限品が大量に納入された時に問題になります。 (いつもと実力レベルが異なっても全数検査で部品寸法が規格内である事が証明されれば拒否できません) 例えば全ての部品が+0.03で出来た場合、積み上げは+0.15となり設計の意図を外れてしまいますが、部品自体は規格内の為、設計ミスと判断されてしまいます。 あくまでも通常状態は全ての部品が正規分布しているので、二乗和平方根法で公差記載を維持したいのですが上記懸念に対する予防的な図面記載方法は無いでしょうか? 最近では部品メーカーが突然中国に変更になる事があり、日本の工程を前提として二乗和平方根法で計算していた図面でトラブルになる事も少なくありません。図面が一人歩きしても問題が起きないような図面記載方法は無いでしょうか? 図面上で工程能力値(例Cpk1.33以上)を要求する事も考えましたが、この様な事例はあるでしょうか? 一点補足させていただきます。 弊社の規定上の問題なのですが、全ての図面公差に対してCpk1.33以上の確保、又は全数検査保証が求められています。 逆に考えると、工程が工程能力保証を目標として実際のバラツキを絞る。 全数検査を前提として公差幅全てを使う。 両方の選択肢があります。又図面が一人歩きする傾向もあり、工程情報を事前に図面に反映する事も出来ません。

    • 締切
    • 困ってます
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答5
    2013/07/08 12:54
  • 送風機から送られた空気による浮上力の計算手法につ…

    送風機から送られた空気による浮上力の計算手法について お世話になります。表題の件についてご教授頂けないでしょうか? 現在送風機(ブロア)を使用し、空気で物体を浮上させる装置を検討しています。イメージで言いますと、ゲームセンターによくあるエアホッケーの様なものです。(大きさや形は全く違いますが…)便宜上ここでは、検討している装置をエアホッケーに例えて下記内容をお読み頂ければと思います。          △△△△△△△△△△△△         ――――――――――――――        │   ↑エア吐出面↑    │        │              │      ――                ――   給入口→                  ←給入口      ――                ――        │              │        │              │         ――――――――――――――  今回検討している装置を上記の様に簡単な図で表してみました。以下に装置全体の説明をさせて頂きます。 上図には表していませんが、別置きの送風機には内径φ75/長さ6mのホースが1本取付いており、また装置の左右に設けられた計2箇所の給入口には内径φ50/長さ1.2mのホースが取り付いています。そして、送風機側のホース1本と給入口側のホース2本は、Y字になった継手で繋がっています。 装置の上面(エア吐出面)には幾つかの孔があいていて、2箇所の給入口から入った空気はその孔から放出されます。 エア吐出面上には物体(上図では△印で示しています)が載っていて、その物体をエア吐出面に設けた孔から吹き出る空気によって浮上させます。装置の使い勝手として、△印の物体を浮上させておく時間は、一概には言えませんが、何十時間というレベルです。 以上が今回の装置の簡単な説明になります。現在エア吐出面に設ける孔の数と孔径をどの様に決めたら良いのか悩んでいます。△印の物体を"安定的に"浮上させておく為には孔の配列(パターン)も重要になってくると考えていますが、まずは孔の数と孔径を決めたいと思っています。 因みに、給入口の内径は約φ35、装置内の体積は約0.02~0.03m3、物体の重量は約20kg、使用する送風機は日立製ボルテックスブロア(品番:VB-080-E2)です。 以上、何卒宜しくお願い致します。 使用する送風機の仕様が記載されたHPです http://www.hitachi-ies.co.jp/products/fan/blower/e_shiyo7.htm

    • ベストアンサー
    • すぐに回答を!
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答4
    2013/06/13 09:54
  • 空気砲で発射される空気渦の輪

    米村でんじろうの空気砲ではダンボールの円形の開口から丸い空気の渦が  発射されますが開口が四角い場合には四角い渦が発射されるの? もし四角い渦が発射されないのでしたらメカニズムを教えて下さい。

    • 締切
    • 困ってます
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答7
    2013/05/11 17:19
  • インク研究に関する大学、学会、研究会、論文誌、関…

    インク研究に関する大学、学会、研究会、論文誌、関連団体 以下の仕様を満たすインクをR&Dする上で、 対象となる大学研究室、学会、研究会、論文誌、関連団体を教えて下さい。  ・PP円柱型容器(検体)側面に印字して剥離テストをクリアできる   (テスト:爪で引っ掻いても剥がれない)  ・インクジェットで印字出来れば尚良い   (低粘度:10~20Pa・s)  ・高温環境は不可   (40℃以下) 産学連携の経験が無く、 インクといった分野が未経験であるため、 何かと調べるにあたってピンと来ない状況です。 何卒宜しくお願い致します。

    • ベストアンサー
    • すぐに回答を!
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答5
    2013/05/09 08:33
  • 大学・公官庁等の学術・専門機関の探し方

    お世話になります。 ある分野(例えば塗料)を研究されている大学機関の先生を探す場合、 どういった方法があるのでしょうか? 産学連携関連の経験を持たないため分からない(知らない)のです。 アドバイスのほど宜しくお願い致します。

    • 締切
    • すぐに回答を!
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答1
    2013/05/09 04:50
  • マグネットポンプの選定について

    以下の条件にあうような試験用ポンプを探しているのですが、 中々見つかりません。(流量試験用として検討しています。)   ポンプの種類:マグネットポンプ   使用流体:水(市水)   圧力:0.3MPa以上   流量:500mL/min以上   その他:接液部が非金属であること。 ご存知の方おられましたら、ご教示願えませんか? 全くの素人同然なので、的外れな質問をしているかもしれませんが、何卒よろしくお願いします。   すいません、試用流体について訂正します。 試用流体:× 水(市水)        ↓      ○ 純水

    • 締切
    • 困ってます
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答5
    2013/04/20 13:26
  • 組立て調整のしやすさと 見た目 二者択一

    設計時に組立て・調整がしやすいように考慮すると思いますが、 組立てや調整がやりにくい所の場合、どちらにしようか迷います。 A: 組立てや調整が必要で、しかもその組立てや調整がやりにくい。 しかし組立後は見た目はいい。(ボルトなどが見えないため) 組立てや調整は社内で組み立てている時のみで、納入後は殆ど触ることはない。 問題は組立てや調整がやり難いこと。 B: 組立てや調整はやりやすいが、見た目が特に綺麗ではない。 綺麗ではないといっても、ふつうレベル。ボルトが見えているなど。 一度組立てや調整をしてしまえば、客先に納入後に触ることはほとんどない。 問題は見た目のみ。 個人的にはボルトが見えていようが、隠れていようがどっちでもいいですし、 どうでもいいことと思います。(ボルトの落下は別問題です) 機械だからボルトがあって当然と思いますけど。 最近の傾向でしょうか。ボルトが見えると、見た目が悪いとか言う人がいます。 小生はBの方で、見た目はあまり気にしません。 機能や組立てやすさを優先します。 だから、出荷前に1度だけ調整すればいいところでも、調整しやすいようにし、 見た目は犠牲にします。 しかし、逆の人に突っ込まれました。 調整はやり難いかもしれないけど、その調整は社内にある時でしかも1回のみ。 それなら見た目がいい方を選んだ方がいいじゃないか。 確かに1回のみで、その調整も客先にあるわけではなく、社内なのでわかるのですが。 設計としてどちらを選んだ方がいいでしょうか。 迷います。宜しくお願い致します。

    • ベストアンサー
    • 暇なときにでも
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答9
    2013/04/19 15:01
  • 市販の照明器具をセットした商品の販売

     弊社で作成する製品に、市販で販売している照明器具(コンセント)もしくはLEDライト(電池式)を付属して商品を販売したいと思います。先記したように、照明は弊社で製造せず市販のものを付属する形で考えていますが、一度照明器具のパッケージを開封して、自社製品と再パッケージしての販売を考えておりますが、その際必要な免許(PL法)や届出などは必要でしょうか?また照のパッケージを開封せず、弊社製品を付属させて販売する場合(再パッケージしないで別々パッケージ)では違いますでしょうか?  ご教授お願いいたします。

    • 締切
    • 困ってます
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答3
    2013/04/19 14:06
  • 押し出し成型で製造する部品の試作について

    ある製品のモックアップを作製する予定があります。 一部の部品は"押し出し成型で製造する部品"となっており、 細長い形状や断面形状、肉厚から、切削するのは難しいと感じています。 しかし、金型を作って試作した場合、高額な費用がかかるイメージですので モックアップ用としては不向きだと考えています。 ・金型が無駄になるほどの大幅な設変も考慮しなければならない。 ・必要数量が少ない。 ・あくまでも試作に限定した対応を求めている(量産は海外) ・モックアップ用のため、質感や重量がおおよそ表現できればいい。 過去に同じような案件を体験された方がいらっしゃいましたら アドバイスを頂けないでしょうか? (対応方法、製造方法、対応出来そうな会社 等) ちなみに材質はアルミ(アルマイト白)とPC樹脂(透明)の部品です。 ・長さは約260mm ・断面はそれぞれが"φ16mm内"で納まるような形状 ・肉厚は1mm以下 以上宜しくお願い致します。

    • 締切
    • 困ってます
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答2
    2013/04/12 10:51
  • 電磁クラッチ

    http://www.mekatoro.net/digianaecatalog/ogura-kansiki/Book/ogura-kansiki-P0084.html  上記サイトにて、 『アーマチュア吸引時、瞬間的に電流値が下がりますが、これは磁気回路の 空隙変化によりインダクタンスが急増するためです。』 という記述があります。  アーマチュアが吸引されプーリーと接触、滑りながらやがて同期するものと 思いますが、アーマチュアが吸引されプーリーと接触した時の電流値は 実際どこになるのでしょうか?  下がり始め?  下がったところ?(実トルク立ち上がり時間の開始点?)  空隙ゼロ近傍で磁束が急激に変化、結果インダクタンスが急増すると 思われるので、そう考えると後者かと思うのですが。  それとも前者でしょうか? 磁束の変化と電流の変化にはタイムラグがあるとか?   回答頂いた方々、ありがとうございました。 私も後者だと考えたのですが、 前者であるようなんです。 サイトにあるトルクのグラフを 見ても、電流落ち込み部では既に 若干のトルクが生じており、 前者であることを示唆している と考えます。 しかしながら、その理屈が理解できません。 再度アドバイスをお願いします。  回答(1)、(3)さんは、下がり始め (アーマチュア吸引時間におけるピーク)  回答(4)さんは、それより後のアーマチュア吸引時間後の立ち上がり がアマチュアとロータの接触するところ(エアギャップゼロ)を指している と解釈したのですが。  そもそも私はインダクタンスというものがよく理解できていない ような気がします。  インダクタンスが急増するというのは、 L=μSN^2/L・・・?  μ はコイルの芯の透磁率  Nはコイルの巻数  Lはコイルの長さ  Sはコイルの断面の面積 アーマチュアが動き始めるとエアギャップが小さくなっていき、 ?式のμが大きくなるのでLが増えるというような理解をしている のですが。  エアギャップがゼロ(アーマチュアがローター摩擦面と接触)に なった後インダクタンスは変わらない。  エアギャップの変化が無ければ(アーマチュアが動かない) 電流は、単純にI=E/R(1-e^(-Rt/L))・・・?で表されるカーブになる。 E、R、L:const    エアギャップの変化に伴いμが大きくなり、Lが大きくなる。 ?のあるところでLが急増することで電流の落ち込みができる。  そんなふうに考えています。  上記のように考えた結果、エアギャップゼロになる時μが急に 大きくなる(インダクタンスが急増)、?式でインダクタンスを 急増させるとその部分に落ち込みが出来ます。つまり落ち込んだ ところがエアギャップゼロになったところかなぁと思ったのですが。  全く見当違いな理解でしょうか・・・  身近な有識者の方に聞いたのは、接触するのは下がり始め (回答1さん、3さんと同じ)  電流が下がった点をアーマチュア吸引時間としているのは 落ち込みがシャープで計測しやすい.etc、そういった理由が あるようなことを聞きました。 (詳しく聞こうとするといつも教えてくれないんですよね・・・)  接触するのが下がり始めというのがどうも理解できなくて。。。  前述の通り、アーマチュアが吸引、エアギャップゼロになったら インダクタンスは変わらないと思うのですが、変わりますか?  エアギャップゼロ以降インダクタンスが変わらないのなら 接触した以降に電流が下がることは無いと思うのですが。  理解の仕方に大きな間違いがあるのではないかと思いますので その点を指摘頂ければと思います。

    • 締切
    • 困ってます
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答4
    2013/04/06 00:39
  • ボタン操作のシュミレーション

    とある商品のボタン操作(操作感)を検討しているのですが、 パソコン上でボタン操作のシュミレーションが出来るようなフリーソフトは無いでしょうか? 例えば、 ボタンAを押す(クリック) → 画面上の表示が"BBB"に変わる といったような・・・ VBなどでもできるとは思いますが、他に何か良いものが無いか教えてください。

    • 締切
    • 暇なときにでも
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答3
    2013/02/28 10:48
  • 瞬間接着剤を使った接着機

    始めまして。 宮崎県日向市のキヨモトテックイチと申します。 早速ですが、現在、製作しようとしている装置の工程の中に瞬間接着剤を使った接着工程があり、試験的にいろんなディスペンサーを使用して試みているのですが、どうしても接着ノズルの先端で接着剤が硬化し、適量の塗布が10分以上出来ない状態で非常に困っています。 どちらかで、瞬間接着剤を使用した接着機などを製作された事があるメーカーさんはないものか・・・藁をも掴むおもいです。 接着剤の種類や環境の条件(湿度・温度)等、また、ノズル形状や材質等の情報をお持ちであれば、是非ご教授頂きたく投稿させて頂いた次第です。  以上です。 ご検討のほど宜しくお願い致します。

    • 締切
    • 困ってます
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答3
    2013/02/21 17:36
  • モーター(サーボー、リミッタ付きなど)で可変バル…

    モーター(サーボー、リミッタ付きなど)で可変バルブを制御 自動車用マフラーに可変バルブの設置を検討中です。 ON-OFFスイッチでバルブが開閉するシンプルな構造で、 その開閉にモーターを使用し、角度かトルクで制御できればと考えております。 まったくの素人なので、モーターの種類や制御装置など何をどのように使用すればよいか分かりません。 ON-OFFもリモコンでコントロールしたいです。 できるだけ安価で耐久防水に優れているモーター・制御装置があればご教示をお願い致します!! ラジコンのサーボでも上記制御は可能でしょうか?

    • 締切
    • すぐに回答を!
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答4
    2013/02/15 12:01
  • 断面観察

    カーボンを溶剤系の接着で金属の表面にコーティングした物の断面を見たいのですが、厚み0.5程度なので、樹脂で固めて研磨しようと考えています。 コーティングが剥がれず綺麗に樹脂で固める方法ありませんか? 樹種にこだわっていません 現物が保存でき断面が見れればいいです おねがいします

    • 締切
    • 困ってます
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答3
    2013/02/15 07:47
  • リード線 酸化

    自動車関係の部品です。 AEXのコードに端子を圧着します。 コードはコイルにサブASSYされていて、 前行程でヨークに樹脂注型するため、 熱が加わります。 このとき、コード被服をストリップした 状態で熱がかかると芯線が変色(酸化?) するので、注型後にストリップしている とのこと。 芯線は酸化してるのでしょうか? 120~130℃くらいの熱です。 そうだとすると、端子圧着してしまうと 接触抵抗とか問題になってしまうでしょうか? 熱負荷後にストリップすると、固くて… よろしくお願いします。

    • 締切
    • すぐに回答を!
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答2
    2013/02/02 12:46
  • 単純、安価な旋盤について

    お世話になります。 私は自動車関係の量産メーカーのものですが 最近、設備の老朽化に伴って設備更新をする必要性が 出てきました。 今までは6インチのタレット旋盤をメインに購入してきましたが ・そもそもほとんどの製品が類似で、大きさもあまり変わらない。 ・使用するツールは1本あれば十分、せいぜい2本まで ・ワーク外形はΦ30程度までが多く、4000prm回れば十分 仕事内容がこんな感じですので、 より安価なクシ刃旋盤にでもしようと考えたのですが 価格を聞いても、クシ刃=精密旋盤の流れがあるらしく 価格的にはかえって高くつきそうです。 そこで質問なのですが、 ?安価なクシ刃旋盤のメーカーをご存知でしたら教えてください。  ただし海外メーカーNGです。 ?同じような量産メーカーの方は設備更新にどのような機械を  導入していますか? ?いっそのこと自前で製作しては高くついてしまうのでしょうか? ちなみに被削材はscm鋼でapはせいぜい2mm程度です。 量産時の能力としては±0.02mm程度出ていれば問題ありません。 宜しくお願いします。

    • 締切
    • 暇なときにでも
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答5
    2013/01/31 00:37
  • モータ回転数の計算式についてご教授

    こちらのサイトのページ46の型式「ANW- 07NHN」について質問です。 http://www.mikipulley.co.jp/prd_pdf/smdvu003_ct_jp.pdf 変速比 1:4 減速比 1:10 容量  0.75kw 極数  4極 周波数 50Hz(60Hzでも可) 例えば、50Hzの時の回転数が50rpm~200rpmと記載されていますが、なぜ50rpm~200rpmになるか計算式などをご教授いただけませんでしょうか。 すべり率がいくつかわかりませんが、 モータの回転数は、(120×f)/極数 変速比:1/4×1/10=1/40 37.5rpm 変速比1:1なら、150rmp ∴37.5rpm~150rmp と考えたのですがカタログ記載と異なるためどうい計算式なのか、 どこが間違っているのかご指摘をお願いいたします。 さらに、減速すればトルクもアップすると思ったのですが、 1/30~1/40に減速してもトルクはアップしていませんが、 なぜなんでしょうか? 減速するのはトルクを大きくするためと思っていましたが、 違うのでしょうか。 どなたかご教授を宜しくお願いいたします。

    • 締切
    • 困ってます
    • noname#230358
    • 開発
    • 回答5
    2012/12/25 21:45

ピックアップ