『金属』に関する質問・疑問一覧

[ 次へ ]
3件中 1~3件目
  • ASTM B863/ JIS2種について

    2種チタンの丸線を焼鈍していて astmの規格でミルシートを出してほしいと顧客より要望があったのですが Astm B863には YEILD STRENGTHの規格があり 0.2%耐力を測定したところ 規格値から大きく外れる結果がでてきました。 ASTM B863には焼鈍の条件(回数)などあるのでしょうか? ASTM b863では275以上ですが そのような硬いものだと顧客の要望とはかけ離れているものが出来てしまいます。 どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

    2019/07/12 14:27
  • ZDC2の低温脆性について

    ZDC2の低温脆性がおよそ何℃から現れるのか、遷移温度について調べています。 しかし、関連する文献が見つからずこの場に質問させていただきました。 表面処理などで、遷移温度が前後するかもしれませんが、おおよその温度のオーダーが知りたいです。 関連文献などございましたら教えていただきたくお願い致します。

    2019/07/03 08:09
  • 亜鉛めっきとメチレンクロライドガス

    下記内容で真の原因が分からずに困っております。 責任分担にも繋がる内容ですので、参考としての回答が得られればありがたいです。 ケース1;乾燥炉のダクトに亜鉛めっき鋼板のスパイラルダクト 屋外にある洗浄液のメチレンクロライドは排気ダクト高い排気も設置されております ・不具合;乾燥炉のスパイラルダクトはかなり薄いT=0.5mm以下?ですが一年程度で錆びて朽ち果ててしまいました。 原因;メチレンクロライドのガス10ppmを乾燥炉のバーナーがメをチクロを分解し塩素ガスが発生し錆びさせたとの設備メーカーの回答でした。 参考;亜鉛めっき鋼板のは断面は鉄ですので、温度と湿度の関係から直ぐに錆びることも書面で確認。   ;通常の乾燥炉の排気ダクトにスパイラルダクトを使用するのは長い経験でもなく、他の設備メーカーに確認しても実績はない。何故このダクトを使用したのかの回答はない。 ケース2;乾燥炉の屋外に出ているダクト亜鉛めっき鋼板 t=0.8mmは室内のダクト内部は若干錆は発生しているものの、屋外に出ている箇所は雨水の浸入もあり朽ち果てています。 これも水等の影響なのか、塩素の影響なのか? 分析;SEM分析結果では、塩素は若干件湿されているものの、参考文献のような高いピークは出ませんでした。 通常、破断面は防錆のための塗料をするものですが今回はなかったようです。

    2019/06/25 11:01
1

ピックアップ