その他(人文・社会科学)

全179件中61~70件表示
  • 民法について分からないことはあります

    問題文1は、 Bは商店Aから量販品の服を購入し、所定の期日にBがAに赴いて引渡しを受けることとしていた。Aは、当該服を準備して梱包の上倉庫に保管し、所定の期日前にBに対して引渡しの準備ができた旨の通知したが、Aは、引渡期日前にAの責めに帰すべからざる事由によって当該服を紛失した。BはAに対して損害賠償を請求できるか? 1の答えは、 Aの引渡債務は取立債務であり、Aは弁済の準備をした上でBに通知しているので、口頭の提供が認められる。よって、Aは債務不履行に陥っていないので、BはAに対して損害賠償を請求することはできない。 問題文2は、 Bは家具店Aから量販店のテーブルを購入し、所定の期日に配達してもらうこととしていたが、Aは、配達中に、Aの責めに帰すべからず事由によって当該テーブルを紛失してしまった。 2の答えは、 債務不履行が認められるには、債務者に帰責性があることが必要であるが、目的物の滅失についてAに帰責性はないので、Aは損害賠償責任を負わない。 分からないのは、 問題文1も債務者に帰責性がないのだから、取立債務であることや、口頭の提供があることなどを書かなくても、「債務不履行が認められるには、債務者に帰責性があることが必要であるが、目的物の滅失についてAに帰責性はないので、Aは損害賠償責任を負わない。」のような解答ではいいのではないか? ということです。馬鹿なので詳しく教えて下さい。

  • 民法について分からない所があります。

    問題文は、 Bは商店Aから量販品の服を購入し、所定の期日にBがAに赴いて引渡しを受けることとしていた。Aは、当該服を準備して梱包の上倉庫に保管し、所定の期日前にBに対して引渡しの準備ができた旨の通知したが、Aは、引渡期日前にAの責めに帰すべからざる事由によって当該服を紛失した。BはAに対して損害賠償を請求できるか? 答えは、 Aの引渡債務は取立債務であり、Aは弁済の準備をした上でBに通知しているので、口頭の提供が認められる。よって、Aは債務不履行に陥っていないので、BはAに対して損害賠償を請求することはできない。 分からない場所は 解答では「Aは弁済の準備をした上でBに通知しているので」とあるのですが、問題文のどこから上記の「」内を読み取れるのかということです。 もしかしたら何か勘違いしているかも知れませんが、詳しく教えて下さい。

  • 豊かさとして、東京化と多様性

    日本が画一化して東京化するのとそうでなく、大阪や名古屋など地方文化他いろいろあるとするのとどちらが豊かですか? 都会と田舎、食文化、方言などいろいろあると思います。 日本では最先端の東京のものを地方に流れるというのも豊かになりますね。 でも、日本のどこへ行っても東京化すれば、それは豊かともおもえませんね。 (注 単純化されてますが、質問の限界であると思ってます。)

  • 日本文化

    日本文化を大切にするとは、悪い文化も大切にするべきなんでしょうか? 良い文化もあれば悪い文化もありますよね。悪い文化も日本らしさなのであれば排除すべきでないですか? 部落差別、性差別、出る杭を打つ等々 また、日本人本来の心を取り戻すというのは上記も含まれているのでしょうか

  • 田嶋陽子氏

    ジェンダー学を趣味程度に勉強しています。 調べていったところ、田嶋陽子氏の名前が出てきたのですが彼女はフェミニストかつジェンダー論者だそうですね。 しかし彼女の発言を調べるとジェンダー論をのような事を言いつつも「男のくせに」という発言が出てきます。 矛盾していませんか? ここで質問なのですが、彼女は本当にジェンダー論者なのでしょうか?

  • 参政権

    女性が参政権を持ったのが1945年でしたが、何故1945年なのでしょうか?参政権を持った理由と併せて教えて下さい

  • 「予想外」を予想するには?

    「予想外」について調査・研究されている方にお聞きしますが、 「予想外」を予想するにはどのようにやればいいのでしょうか? なんかツールとか手法を使うのでしょうか? 「予想外」について調査・研究されている方、お答えのほうお願いします。

  • 一休さんに出てくる新右衛さん

    一休さんに出てくる新右衛さんも実在の人物で、実はけっこう偉い人というのは本当ですか?

  • 犯罪とは

    犯罪とは お世話に、なります。 質問、主文 犯罪に、おける 構成要素と、抑止は 何に、別けられますか? さて、 先ずは、余談から 火災に、おいては 火事は 燃焼物、熱供給、酸素、 此の、全てが 一所に、共存して 初めて 火災は、継続されます。 無論 燃焼物が、燃え尽きれば 前記、三葉共存が 崩れ 鎮火します。 振り返って、今 犯罪抑制は ほほ 個人の、負担を 重き と、して 個々個人への、抑止で 抑制されて、います。 故に、 さも、当然… と、 言った、如く 被害者の、恨みも 抑止が、外れた 存在に、向かいます。 しかし 考えて、みれば 加害者が、いて 加害を、加えても 例えば、其れが ゲーム等の、バーチャルなら 被害者か、生まれません 故に、 往々に、して 個人が 抑止を、外したから と、言って そう言った、環境下では 現実には 被害事実は、生まれず 被害者か、居なくなり 結果、 全ての、テースでは ありませんが 犯罪発生には 直結、しなくなります。 此の、事象から 此を、もって、 加害事実と、被害事実と、其の物理的接続が、 犯罪には、必要だ と、言えそうです。 しかし、お待ちください 此の、3つが 必要だ とは、判りました が、本当に 此の、3つだけ で、しょうか? 此処で、お伺いします 犯罪の、構成要素は 何か、ありますか? もう一度、余談です 火災を、無くす には、  →火を、出さない、  →燃焼継続を、絶つ、  →燃焼材の   火からの、隔離、  →冷却、  →酸素の、断絶、 と、 様々に、 且つ、容易に、 幾重にも、挙げれますが 振り返って 事 犯罪に、ついては 此の様な、分析が 足りて、いないように 私には、思えます。 如何で、しょうか? 犯罪に、おける 構成要素と 抑止に、ついて 例えば 前記の、ように 加害事象と、被害の 物理接続を、断てば 個々個人への、抑制に 頼らず 犯罪は 消失、抑止、 させられます 例えば 房に、入れるとか バーチャル接続に、するとか ですよね、 他には どの様な、ものが ある… で、しょうか? お考えを、お示しください。 追記、 そうそう、 被害事実に、対する 被害重大性、認定も 要素に、挙げれそう… ですね

  • 昭和

    昭和あたりで女性が大学進学したり娘が跡継ぎ(他に息子がいる)をしているというのがとても不思議です。 本人が望んでという話ではなく、親(特に父親)がそれを許している事がです。 偏見でしかないと思いますが、昭和ってまだ「女性に学問、ましてや大学なんて」とか「跡継ぎは男性に決まっている」 ってイメージなので不思議でなりません。 特に跡継ぎに関しては1人娘しかおらず元々、娘を跡継ぎ前提に育てているケースもあり驚きました。 詳しい方教えて下さい 親はどういう考えだったのでしょうか?