次へ  ]
358272件中 101~120件目
  • このボタンは何と言いますか?

    画像のようなボタンの名称をなんと言いますか? ドラッグで左右にスライド出来、手を離すと真ん中に戻ってくるものです。 javascript等で実装したいのですが、検索ができません。 絵が下手ですみません。

    2019/11/21 07:56
  • Word VBAにwaitに準ずる機能を使いたい

    はじめまして。 複数の部署へ配布する用に大量の印刷を行っています。 以下のことをやりたいのですが、application.WaitがWordでは使えず困っています。 やりたいこと: 作成したWord文書を、コピー機(1)・コピー機(2)から交互に出力したい。 (1)と(2)の出力の間に、30秒ごとの時間を置いて出力されるようにしたい。 書いたVBA: =================== Sub テクニカルインフォメーション() '回覧紙配布のため、1号機と2号機で出力をします。 ' '  Dim waitTime As Variant   ActivePrinter = "TF1号機_1" '代営TI 60部   Application.PrintOut FileName:="", Range:=wdPrintAllDocument, Item:= _ wdPrintDocumentWithMarkup, Copies:=60, Pages:="", PageType:= _ wdPrintAllPages, Collate:=True, Background:=True, PrintToFile:=False, _ PrintZoomColumn:=0, PrintZoomRow:=0, PrintZoomPaperWidth:=0, _ PrintZoomPaperHeight:=0 waitTime = Now + TimeValue("0:00:30") Application.Wait waitTime   ActivePrinter = "8FMFP_2" '法規 19部   Application.PrintOut FileName:="", Range:=wdPrintAllDocument, Item:= _ wdPrintDocumentWithMarkup, Copies:=19, Pages:="", PageType:= _ wdPrintAllPages, Collate:=True, Background:=True, PrintToFile:=False, _ PrintZoomColumn:=0, PrintZoomRow:=0, PrintZoomPaperWidth:=0, _ PrintZoomPaperHeight:=0 waitTime = Now + TimeValue("0:00:30") Application.Wait waitTime ActivePrinter = "TF1号機_1" '代営FF 43部   Application.PrintOut FileName:="", Range:=wdPrintAllDocument, Item:= _ wdPrintDocumentWithMarkup, Copies:=43, Pages:="", PageType:= _ wdPrintAllPages, Collate:=True, Background:=True, PrintToFile:=False, _ PrintZoomColumn:=0, PrintZoomRow:=0, PrintZoomPaperWidth:=0, _ PrintZoomPaperHeight:=0 waitTime = Now + TimeValue("0:00:30") Application.Wait waitTime   ActivePrinter = "8FMFP" '高機能SC 40部   Application.PrintOut FileName:="", Range:=wdPrintAllDocument, Item:= _ wdPrintDocumentWithMarkup, Copies:=40, Pages:="", PageType:= _ wdPrintAllPages, Collate:=True, Background:=True, PrintToFile:=False, _ PrintZoomColumn:=0, PrintZoomRow:=0, PrintZoomPaperWidth:=0, _ PrintZoomPaperHeight:=0 End Sub =================== 前任者が残したExcelのVBAを参考にしたのですが、 動かずに大変困っています。 ご教授頂けないでしょうか。 いままでVBAはほとんど触ったことがなく、マクロの記録で乗り越えてきたので 基礎構文もよく理解をしていません。 不勉強で大変申し訳ないのですが、どうかよろしくお願い致します。

    2019/11/20 20:34
  • 多数の外付ハードディスクのつなげられる目安?

    宜しくお願い致します。 現在win10 CPU4.2ghz 実装メモリ16gb 64bitのパソコンをつかっています 外付け12vのHDDを2-4tbのものを20ほど 持っていますが おそらく これを全部つなげたら負荷がかかると思います。パソコンのどのスペックを変えることによってHDDの数を増やせるか そういう目安を知りたいのですが、宜しくお願い致します。 usbハブで6つほどのHDDを同時につなげたら 画面が 揺れ出しました。長時間 つなげておくのは 危険かと感じ すぐ 止めました。

    2019/11/20 15:58
  • マクロでのワイルドカードの使い方について

    マクロ初心者です! 下記の動きを実現したいです。 (1)ファイル「*あいう*」(※)の「シート#1」のF5→AE24までの値をコピー →上記の値をすべて加算し、「貼り付け先ファイル」のF5→AE24に貼り付け ※「某フォルダ」に存在する、ファイル名に「あいう」を含むすべてのファイル(ファイル数は可変)が対象 (2)上記を同様の動きを、範囲のすべてのセルでなく、 (F25:F42)、(H25:H42)、、~(AD25:AD42)と1列ごとに対して行う 方々で知識のある方からご助力いただき、 下記の「それっぽい」記述までは辿り着いたのですが、上手く動かず。。 また、(1)と(2)は1つにできるのでは?とも推測してますが、どのように書けば間違いないのかわからない状況です…! 知識のある方から、間違いや改善点などご教示いただけたらとてもうれしいです。 Sub (1)() Dim folder As String Dim dws As Worksheet Dim sfile1 As String Dim swb1 As Workbook Dim adr As String folder = "C:\Users\某フォルダ\" Set dws = ThisWorkbook.Worksheets("貼り付け先シート") sfile1 = Dir(folder & "*あいう*.xlsm") If sfile1 = "" Then Exit Sub Set swb1 = Workbooks.Open(folder & sfile1) adr = Range(Cells(5, 6), Cells(24, 31)).Address(0, 0, 1) swb1.Sheets("シート#1").Range(adr).Copy dws.Range(adr).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlAdd swb1.Close False End Sub Sub (2)() ((1)と同じ宣言) Dim c As Integer folder = "C:\Users\某フォルダ\" Set dws = ThisWorkbook.Worksheets("貼り付け先シート") sfile1 = Dir(folder & "*あいう*.xlsm") If sfile1 = "" Then Exit Sub Set swb1 = Workbooks.Open(folder & sfile1) For c = 6 To 30 Step 2 adr = Range(Cells(25, c), Cells(42, c)).Address(0, 0, 1) swb1.Sheets("シート#1").Range(adr).Copy dws.Range(adr).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlAdd Next swb1.Close False End Sub

    2019/11/20 14:59
  • markdownテーブル・セル内の改行できるか?

    マークダウンでテーブルを書くとして、 各テーブルの中で改行を有効にする書き方はありませんか?

    2019/11/20 14:26
  • 配列のサイズが明示的でない計算について

    Fortranを例にとった場合、 行列A,Bの積Cを計算する場合、例えば以下のようなループで計算していました。(Fortran77) do i=1,10 do j=1,10 sum=0.0 do m=1,10 sum=sum+a(i,m)*b(m,j) enddo c(i,j)=sum enddo enddo それが今では、以下1行です。(Fortran95) c=matmul(a,b) 配列1つ1つの成分について計算する必要がないと言えそうです。Pythonなんかは全部こういう思想ですね。 プログラム言語はすべてこういう方向に進んでいるように思えます。 これがやや不安に思えるところがあります。配列のサイズを指定していないのでどこまで使って計算しているかわからないからです。 古い方(上段)では配列のサイズや上限を指定しているので、指定しているところより先がどうなっていてもとりあえず被害はありません。 しかし、サイズについてのケアがないと思いがけないような計算をしてくるんじゃないかと思うのですが。計算のバグ取のときここ大丈夫かな?となって疑心暗鬼ということにならないかと思うのですが。 配列の最大値なども関数1つと言う感じですが、どこまでの範囲での最大なの?と聞きたくなるわけですが。 いかがでしょうか。

    2019/11/20 01:35
  • TO_CLOBを使用するとデータが取れない

    DB:oracle10g DB使用文字コード: JA16SJIS SELECT文にて大量の項目を連結してデータを 取得したいと考えています。 (取得項目は全て固定長) その際、連結したデータが10000バイト となり、4000バイトを超えてしまうため、 TO_CLOBコマンドを使用してSQLを実行 したのですが、指定した項目情報が途中まで しか取得できておらず残りはset linesizeで指定 した10000バイトまで全てスペースとなって います。 また、取得項目に値が入っている事は確認 済みで、連結せずに1項目ずつ取得する SELECT文だと値が問題なく取れます。 データが途中までしか取れないという事象 はどのような原因が考えられるでしょうか? SELECT文 set pages 0 set linesize 10000 SELECT 項目1 || 項目2 || 項目3・・・|| 項目100 FROM テーブル名; 特定の項目以降値が取れなくなる。

    2019/11/20 01:30
  • マクロでループ構文がうまく使えません。。

    マクロ初心者です! 下記の動きを実現したく、マクロを組んでいます。 F列~AD列の間で、1列おきに下記処理を行う 「あいう」の指定sheetのF25→F42までの値をコピー →「えお」の指定sheetのF25→F42までの値をコピー →「貼り付け先ファイル」のF25→F42に上記2つの値を加算で貼り付け 下記の記述をF列、H列、、と地道に書いていくことで 形としては動くようになったのですが、これはループ構文を用いることができるのでは? と思って試行錯誤をしているところです。が、上手くいきません。 どのようにしたらうまく動くのか、知識のある方からお力を借りたいです。。 よろしくお願いします。。 Sub マクロ() Const xAdr As String = "(F25:F42)" Dim buf As String buf = Dir("C:某フォルダ\*あいう*.xlsm") With Workbooks("貼り付け先ファイル.xlsm").Worksheets("貼り付け先シート") Workbooks(buf).Worksheets("シート#1").Range(xAdr).Copy .Range(xAdr).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues buf = Dir("C:\某フォルダ\*えお*.xlsm") Workbooks(buf).Worksheets("シート#2").Range(xAdr).Copy .Range(xAdr).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlAdd End With End Sub

    2019/11/19 17:16
  • マクロのワイルドカードの使い方&ループ記述について

    マクロ初心者です! 下記の動作を実現したいのですが、 「(下記★の)フォルダが見つかりません。移動や削除が行われた可能性があります。」とエラーが出ます。 初心者のためエラーの理由がわからず、そもそも記述が間違っているのかも不明な状況です。 知識をお持ちの方がいらっしゃれば、下記動きを実現するために、どこを修正する必要があるのか、 ご教示いただけますと幸いです。。。 実現したい動きとしては以下です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ファイル名に「あいう」を含むファイルを開く →F25:F42の値をコピー …(1) ファイル名に「えお」を含むファイルを開く →F25:F42の値をコピー …(2) (1)と(2)を加算して、貼り付け先ファイルのF25:F42に貼り付け →以上の動きをF列~AC列まで1列おきに行う。 ※以上のすべてのファイルは同じフォルダ内に格納されています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そして、書いてみたマクロは以下です。 Sub マクロ() Dim i As Integer For i = 5 To 28 Step 2 Dim xAdr As Range Set xAdr = Range(Cells(25, i), Cells(42, i)) Dim ex As New Excel.Application Dim wb As Workbook Dim wbA As Workbook Dim sPath Dim sPathA Dim r As Range Dim sht As Worksheet With Workbooks("貼り付け先ファイル.xlsm").Worksheets("指定sheet") sPath = "C:\Users\指定フォルダ\*あいう*.xlsm" ★ Set wb = ex.Workbooks.Open(Filename:=sPath, UpdateLinks:=0, ReadOnly:=True, IgnoreReadOnlyRecommended:=True) wb.Worksheets("指定シート").Range(xAdr).Copy .Range(xAdr).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlAdd Call wb.Close sPathA = "C:\Users\指定フォルダ\*えお*.xlsm" Set wbA = ex.Workbooks.Open(Filename:=sPath, UpdateLinks:=0, ReadOnly:=True, IgnoreReadOnlyRecommended:=True) wbA.Worksheets("指定シート").Range(xAdr).Copy .Range(xAdr).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues Call wbA.Close End With End Sub どうぞよろしくお願いいたします。。

    2019/11/19 15:17
  • opencv-pythonのインストールの方法

    Windows10ですが、opencv-pythonのインストールを考えています。以下の方法に進みました。 Windowsのプロンプトで pip install opencv-python ←これは無事に通過するみたいなのですが。 ここでpythonのインタープリターを呼び出して、 >>>import numpy as np >>>import cv2 >>>face_cascade = cv2.CascadeClassifier('C:\\Users\\XXXX\\Anaconda3\\envs\\.....xml') >>>eye_cascade = cv2.CascadeClassifier('C:\\Users\\XXXX\\Anaconda3\\envs\\....xml') と進むようですが、所定のところ(上記のフォルダ)に何もありません。よく見たらこの方法はpython2.7だけのようです(私は3.7.3を使っています)。 そこで、opencvの公式サイトに行って実行ファイル(exe)をダウンロードしてきました。実行ファイルを起動したら適当に適当にインストールしてくれるはずですが、フォルダ構造が解凍(build, sourcesとかのフォルダ)されるだけのようです。 このあとどうするのでしょうか。適当なフォルダにコピーしたり移動するのではなさそうなので、cmakeでインストールするのでしょうか。cmakeもあまりよくわからないのですが。cmakeもちゃんと設定する必要があるので。 このようにWindowsでもフォルダ構造のようなものが解凍されるだけのことがありますが、そのあとの進み方について教えて頂ければと思います。

    2019/11/19 13:44
  • アクセスへのエクセルファイルの一括取込みについて

    お世話になっております。 エクセルVBAで所定のフォルダのエクセルファイルから一つのシートにまとめるというマクロを作成しております。アクセスVBAでaccdbファイルで同じことをしたいのですが、アクセスは触ったことがなく、ご教示していただけないでしょうか。 以下エクセルでの取り込みマクロです(長いので一部割愛)。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー Sub エクセル取り込み() Dim fpath, fname, buzai, bmst, hantei As String Dim buzaiflg As Boolean Dim wb As Workbook Dim sh1, sh2, sh3, sh4, sh5 As Worksheet Dim dlg As FileDialog Dim TCht As Chart Application.ScreenUpdating = False Application.Calculation = xlCalculationManual Application.EnableEvents = False Set sh1 = ThisWorkbook.Worksheets("データまとめ") Set dlg = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker) ' キャンセルボタンクリック時にマクロを終了 If dlg.Show = False Then Exit Sub ' フォルダーのフルパスを変数に格納 fpath = dlg.SelectedItems(1) & "\" Application.DisplayAlerts = False i = 5 pcnt = 2 fname = Dir(fpath & "*.xl*", vbNormal) Do Until fname = "" Set wb = Workbooks.Open(fpath & fname, UpdateLinks:=0) Set sh2 = wb.Worksheets(1) i = i + 1 sh1.Range("A" & i).Value = i - 5 sh1.Range("B" & i).Value = fname sh1.Range("C" & i).Value = sh2.Range("A6").Value sh1.Range("D" & i).Value = sh2.Range("D6").Value sh1.Range("E" & i).Value = sh2.Range("F6").Value sh1.Range("F" & i).Value = sh2.Range("K4").Value sh1.Range("G" & i).Value = sh2.Range("K5").Value sh1.Range("H" & i).Value = sh2.Range("A9").Value 割愛 wb.Close SaveChanges:=False fname = Dir() Loop Application.ScreenUpdating = True Application.DisplayAlerts = True Application.Calculation = xlCalculationAutomatic Application.EnableEvents = True MsgBox "終了しました。" End Sub

    2019/11/19 11:18
  • 図面やCADの練習として何をしてるか、参考にしたい

    図面を確認する際、見落としが発生します。そこで鍛えるために趣味で何かできないか、例えばCADで好きなものを書く、イラストなどの練習を考えてます。 図面やCADの練習として何をしてるか、参考にしたいです。 何卒宜しくお願い致します。

    2019/11/19 00:48
  • PHPで画像のサムネイル作成

    PHPの画像処理関数を使って、大きなサイズの画像を小さなサムネイルに変換するクラスを作りました。 このクラスを使ってサムネイルを表示させるクライアントプログラムを作り、実行させたのですが、うまくいきません。 下にクラスの定義と、プログラムを掲載してありますが、プログラム中のインスタンス作成文である $thumb=new ThumbNailImage($path, 100); の第2パラメータであるサイズをいくら変えても、表示される画像は元のままです。 また、この文をコメントアウトして、 //echo "thumbnail size: width= $width, height= $height</br>"; のコメントを外し実行すると、画像サイズは表示されず、 thumbnail size: width=, height= とだけ表示されます。 これらのことから、クラスの定義がおかしいのだろうと思って、各関数をくまなく調べたのですが、どこがおかしいのかわかりません。 どなたかお知恵を貸していただけないでしょうか。 どうぞよろしくお願いいたします。 クライアントプログラム: <?php require 'ThumbNailImage.php'; $path="samples"; $file="p2230331.jpg"; $path=realpath("$path/$file"); $thumb=new ThumbNailImage($path, 100); $thumb->getImage();// including header in this function $width= $thumb->getThumbWidth(); $height= $thumb->getThumbHeight(); //echo "thumbnail size: width= $width, height= $height</br>"; ?> クラス定義: 長すぎて質問欄に入りきらないかもしれないので、不要と思われる関数は除いてあります。 <?php class ThumbNailImage{ private $image; private $quality=100; private $mimetype; private $imageproperties = array(); private $initialfilesize; private $thumbwidth; private $thumbheight; public function __construct($file, $thumbnailsize) { is_file($file) or die("file $file does not exist"); $this->initialfilesize = filesize($file);// file size in bytes $this->imageproperties = getimagesize($file); // $imageproperties[0]= width // $imageproperties[1]= height // $imageproperties[2]= mime type constant $this->mimetype = image_type_to_mime_type($this->imageproperties[2]); // create image switch($this->imageproperties[2]){ case IMAGETYPE_JPEG: $this->image=imagecreatefromJPEG($file); break; case IMAGETYPE_GIF: $this->image=imagecreatefroGIF($file); break; case IMAGETYPE_PNG: $this->image=imagecreatefromPNG($file); break; default: die("could not create image"); } // end case $this->createThumb($thumbnailsize); } public function createThumb($thumbnailsize) { $srcW=$imageproperties[0]; $srcH=$imageproperties[1]; $prop=array(); if($srcW > $thumbnailsize || $srcH > $thumbnailsize){ $reduction = $this->calculateReduction($thumbnailsize); $destW=round($srcW/$reduction); $destH=round($srcH/$reduction); $copy = imagecreatetruecolor($destW, $destH); imagecopyresized($copy, $this->image, 0,0,0,0,$destW, $destH, $srcW, $srcH); imagedestroy($this->image); $this->image = $copy;// now $this->image has the thumbnail image $prop=getimagesize($this->image); $this->thumbwidth=$prop[0]; $this->thumbheight=$prop[1]; } }// end function public function calculateReduction($thumbnailsize) { $srcW=$imageproperties[0]; $srcH=$imageproperties[1]; if($srcH > $srcW){ $reduction = round($srcH/$thumbnailsize); }else{ $reduction = round($srcW/$thumbnailsize); } return $reduction; } public function getImage() { header("content-type: $this->mimetype"); switch($this->imageproperties[2]){ case IMAGETYPE_JPEG: imagejpeg($this->image,NULL,$this->quality); break; case IMAGETYPE_GIF: imagegif($this->image,NULL ); break; case IMAGETYPE_PNG: imagepng($this->image,NULL, $this->quality); break; default: die("could not create image"); } // end case ; } if($this->imageproperties[2]==IMAGETYPE_JPEG || $this->imageproperties[2]==IMAGETYPE_PNG){ if($quality >100 || $quality < 1){ $this->quality = 75; // default in case of wrong parameter }else{ $this->quality=$quality; } } } public function getThumbWidth() { return $this->thumbwidth; } public function getThumbHeight() { return $this->thumbheight; } }// end class ?>

    2019/11/18 01:46
  • IE Flash Player 有効になってない

    IE の 「Flash Player の状況確認」にて、「Flash Player がインストールされてないか、有効になってません」と表示される!ツール→アドオンの管理では、Shock Wave Flash Object は有効になってるのに!納得が出来ません!何方か教えて下さいませんか!

    2019/11/17 12:00
  • Simple Driver Updater削除

    Simple Driver Updater をパソコンから削除する方法を教えてください。 エクスプローラ内の”Simple Driver Updater”をクリックして「削除」を選択すると、 「別のプログラムがこのフォルダまたはファイルを開いているので操作を完了できません。」と出てきます。 また、パソコンを起動する度に出てくるSimple Driver Updaterのインストール勧誘画面をシャットアウトする方法はないでしょうか?

    2019/11/16 15:24
  • 正規表現で、特定の範囲をチェックしない

    閲覧ありがとうございます。 メタ文字?正規表現?の書き方を教えていただきたく思います。 :10※※※※※※:AAA :10※※※※※※:BBB :10※※※※※※:CCC 上記のような文字列のチェックをしたいのですが、※の部分は0-9とA-Zのランダムな組み合わせなので(文字数は固定)※の部分が何であっても引っかかるようにしたいのですが、この場合どのように記述をすればよいのでしょうか? どのような文字列でも引っかかる、もしくはどのような文字列であるか確認しない、というような表現の仕方はありますでしょうか?

    2019/11/16 12:03
  • セキュリティの専門家が使うパソコン

    セキュリティを専門にやっている会社があります。マカフィーとか? そういう会社の人が使うパソコンっ手特別な仕様なんでしょうか? もしつかうとしたらどんな機種なんでしょうか?

    2019/11/16 00:35
  • DCサーバーがの障害時、PCをドメインから抜ける

    お世話になります。 ドメインコントローラーサーバーがクラッシュして認証サーバーがないのですが、 ドメイン参加させていた端末をドメインから抜ける方法はございますでしょうか? 私の認識では、認証先が存在しないので、ふつうに行ったら出来ないのでは?と思ってます。

    2019/11/15 23:05
  • Visual Studioでのステップインについて

    以下のような関数呼び出しがあったとします。 FuncA(getB(), getC()); //getBとgetCの戻り値を引数としてFuncAを呼ぶ ステップ実行してこの行に達した時にF11でステップインしようとすると、まず関数getBに入り続いてgetCに入り、その次にFuncAに入ります。 引数の関数には入らず、FuncAのみにステップインする方法はないでしょうか? 以下のように行を分けて書けば問題ないですが、それはそれで無駄なコピーが行われるなどデメリットもあります。 var b = getB(); var c = getC(); FuncA(b,c);

    2019/11/15 23:04
  • エクセル vba DoEventsをぬける方法

    Ghostscriptでエクセルのコマンドラインを使ってPDFのファイルをTIFFのファイルに変換しています。PDFの一部のページが変換できない時、DoEventsでLoopしてしまいます。TIFFファイルはできているのですが Result.Statusが0のママで終了のフラグ 1 がたたないようです。Loopをぬける方法はないものでしょうか。 'PDFをTIFFにする PDFMEIのPDFファイルをHENKANのTIFFファイルにする cmd = XPATH & "gs\gs9.27\bin\gswin32c.exe -dSAFER -dBATCH -dNOPAUSE _ -sDEVICE=tiffgray -r200 -sOutputFile=" & XPATH & HENKAN & " " & XPATH & PDFMEI Set Result = WSH.exec("%ComSpec% /c " & cmd) Do While Result.Status = 0 DoEvents 'ココで止まってしまう Loop

    2019/11/15 18:14

ピックアップ