-PR-
key_000_000

こんにちは。ひとつ困っています。

 「使う」の丁寧語がわかりません。例えば「使われる」は正しいでしょうか?
 広辞苑など辞書を引いたのですがわかりませんでした。 よろしくお願い致します。
  • 回答数10
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全10件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2004-09-11 10:42:39
    • 回答No.10
    「お使いになる」が適当、「使われる」も文法上は問題なし、というのは皆様のおっしゃるとおりかと思います。

    質問者さんの「あまり丁寧にならなすぎず、でも丁寧に言いたい」というご要望を考えると、前後の文脈にもよりますが

    「使っておいでだ」
    「お使いだ(った)」
    「使ってらした」「使ってらした」
    「使っておられる(た)」

    のような表現だとやや砕けた感じがするのではと思います。
    文法上はグレーゾーンもあるかなと思うのですが……

    ビジネスシーンや公的な場面で使う「敬語」はきっちり決まった文法に従えばいいのである意味楽ですが、私的な会話で適度な敬意表現を選ぶのは難しいですよね。
    お礼コメント
    お礼が遅くなりまして大変申し訳ありません。
    ご丁寧なご回答ありがとうございました。

     非常に良い表現例を挙げて頂きありがとうございます。とてもすっきりしました。今後友達などと話すときに是非使わせて頂きます。


    皆さんご回答ありがとうございました。
    投稿日時 - 2004-09-13 10:10:01
    • ありがとう数1
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全9件)

    • 2004-09-10 14:28:38
    • 回答No.3
    この間買い物していて、商品を手にとってウロウロしてました 店員が私に気付いて商品を入れるように袋を持ってきてくれてニッコリとこう言いました。 「この袋、使われてください」 ・・・おかしいですよー。 この時は"お使いください"だと思いました。 "袋が使われる"ということなんですかねーなんてイヂワルしてみたり・・・。 ...続きを読む
    この間買い物していて、商品を手にとってウロウロしてました
    店員が私に気付いて商品を入れるように袋を持ってきてくれてニッコリとこう言いました。
    「この袋、使われてください」
    ・・・おかしいですよー。
    この時は"お使いください"だと思いました。

    "袋が使われる"ということなんですかねーなんてイヂワルしてみたり・・・。
    お礼コメント
    早速のイヂワルありがとうございます(笑)
    前後の流れや状況の説明が不十分で申し訳ありません。
    状況は#1さんへのお礼に書かせて頂いたの見て頂けると幸いです。

    説明不十分な中やわらかなご回答ありがとうございました(笑)
    投稿日時 - 2004-09-10 15:01:10
    • ありがとう数0
    • 2004-09-10 14:16:31
    • 回答No.2
    「お使いになられる」が正しいと思います。 「使われる」は使うの受動態でも使用される言葉で 例:それらは、方法として使われることがある。 ご使用=お使いになられる であれば あなた様がお使いになられた工具は...となり 全く自信は有りません。 ...続きを読む
    「お使いになられる」が正しいと思います。
    「使われる」は使うの受動態でも使用される言葉で
    例:それらは、方法として使われることがある。

    ご使用=お使いになられる
    であれば
    あなた様がお使いになられた工具は...となり

    全く自信は有りません。
    お礼コメント
    早速のご回答ありがとうございます。
    仰るとおり、「使われる」は受動態でも使われまぎらわしい表現だと思います。
    ただ状況の説明不足で大変申し訳ないのですが(#1さんへのお礼をご参考ください)、「お使いになられる」では少々丁寧すぎる印象があったもので、それよりは軽い言い方として「使われる」は不適切かどうかを調べていました。

    説明不十分な中ご丁寧なご回答ありがとうございました。
    投稿日時 - 2004-09-10 14:57:50
    • ありがとう数0
    • 2004-09-10 14:14:58
    • 回答No.1
    前後の文章の繋がりや流れ、丁寧語を使う相手、目的や設定によって違ってくると思います。 「使われる」で良いと思います。 他には お使いになる とか ご使用になる などかな。 ...続きを読む
    前後の文章の繋がりや流れ、丁寧語を使う相手、目的や設定によって違ってくると思います。

    「使われる」で良いと思います。
    他には お使いになる とか ご使用になる などかな。
    お礼コメント
    早速のご回答ありがとうございます。
    仰るとおり、前後の流れや状況の説明が不十分で申し訳ありません。

    例えば「先生が○○を使った」といった場面を、あまり丁寧にならなすぎず、でも丁寧に言いたい(例:友達同士の会話の中で表現したい)場合です。
    自分では「お使いになられた」では少し丁寧すぎて「使われた」と今まで言ってきたり書いたりしてきました。しかし、最近そんな日本語はないと指摘されまして、本当にそうなのかなと辞書を調べてみても明確な記述がなくて困っている。という状況でした。

    説明不十分な中ご丁寧なご回答ありがとうございました。
    投稿日時 - 2004-09-10 14:52:24
    • ありがとう数0
    • 2004-09-10 14:34:36
    • 回答No.4
    こんにちは。 正しいですが、文脈によっては#2さんが おっしゃるように混乱を招く場合があるかもしれませんね。 「毎日使われるものとして考えた場合……」 「どこで使われるものですか?」のように……。 「お使いになる」「お使いになられる」 が無難かもしれません。 「どちらをお使いになりますか?(なられますか)」 ...続きを読む
    こんにちは。
    正しいですが、文脈によっては#2さんが
    おっしゃるように混乱を招く場合があるかもしれませんね。
    「毎日使われるものとして考えた場合……」
    「どこで使われるものですか?」のように……。

    「お使いになる」「お使いになられる」
    が無難かもしれません。
    「どちらをお使いになりますか?(なられますか)」
    お礼コメント
    早速のご回答ありがとうございます。
    仰るとおり、「使われる」は前後の流れがなくては混乱してしまう表現だと思います。

    ただ状況の説明不足で大変申し訳ないのですが(#1さんへのお礼をご参考ください)、「お使いになられる」では少々丁寧すぎる印象があったもので、それよりは軽い言い方として「使われる」は不適切かどうかを調べていました。
    私なら…やはり同年代や後輩と話すときには悩んでしまいます(単に私が使い慣れていないだけかもしれません。)。

    説明不十分な中ご丁寧なご回答ありがとうございました。
    投稿日時 - 2004-09-10 15:09:11
    • ありがとう数0
    • 2004-09-10 14:37:53
    • 回答No.5
    お使いになる、だと思います。 「お使いになられる」だと二重敬語になってしまうのでは。 ...続きを読む
    お使いになる、だと思います。

    「お使いになられる」だと二重敬語になってしまうのでは。
    お礼コメント
    早速のご回答ありがとうございます。
    ご指摘されたところは考えが至りませんでした。ご指摘ありがとうございます。

    ただ説明不足で大変申し訳ないのですが#1さんのお礼に書かせて頂いた状況ように、「お使いになる」よりもう少しくだけた表現として「(能動的な尊敬の意味での)使われる」は適切でないのかどうか不安になった次第です。

    説明不十分な中ご丁寧なご回答ありがとうございました。
    投稿日時 - 2004-09-10 15:15:19
    • ありがとう数0
    • 2004-09-10 17:42:33
    • 回答No.8
    >もしお手元に上記の例文の記載されている本がございましたら… #7です。信念の強い方ですね。 書物に載っているものをそのまま転記することは、著作権上の問題がありますので、私も含めて皆さんはしていません。中学生レベルの国語の参考書をお探しください。 >そこへ「使われる」という日本語はない(尊敬表現はない)と指摘を受けた… これこそどなたに指摘されたのですか。あなたの地方の方言辞書にないだ ...続きを読む
    >もしお手元に上記の例文の記載されている本がございましたら…

    #7です。信念の強い方ですね。
    書物に載っているものをそのまま転記することは、著作権上の問題がありますので、私も含めて皆さんはしていません。中学生レベルの国語の参考書をお探しください。

    >そこへ「使われる」という日本語はない(尊敬表現はない)と指摘を受けた…

    これこそどなたに指摘されたのですか。あなたの地方の方言辞書にないだけではありませんか。

    すでに、#1、#2、#4、#5、#6さんが回答しているように、
    「使われる」→「お使いになる」→「お使いになられる」
    の順に尊敬度が高くなります。もっとも最後のは二重敬語として過剰表現とされています。

    ご質問の原点に返って、「使うの丁寧語」は、
    相手のことを指す場合、#3さんの「お使いください」、
    自分のことをいう場合は、「使います」
    です。丁寧語と尊敬語は違います。
    お礼コメント
    ご回答ありがとうございます。
    こちらに不適切な表現があったようでお詫び申し上げます。
    中学生レベルの国語の参考書を探させていただきます。
    投稿日時 - 2004-09-10 21:52:23
    • ありがとう数1
    • 2004-09-10 14:43:44
    • 回答No.6
    丁寧語というのは、「だ・である調」を「です・ます調」に直したり、名詞に「お」をつけたりすることを言います。 つまり、「使う」の丁寧語は「使います」です。 「使われる」や「お使いになる」は尊敬表現といって、丁寧語とは別な種類の敬語です。 ...続きを読む
    丁寧語というのは、「だ・である調」を「です・ます調」に直したり、名詞に「お」をつけたりすることを言います。
    つまり、「使う」の丁寧語は「使います」です。

    「使われる」や「お使いになる」は尊敬表現といって、丁寧語とは別な種類の敬語です。
    お礼コメント
    早速のご回答ありがとうございます。
    仰るとおり、丁寧語と尊敬表現は別でした。ご指摘ありがとうございます。

    重ねて質問をさせて頂きたいのですが
    「使われる」が尊敬表現としても適切ということで、どういう本をみたらそれは書いてあるのでしょうか。決して疑っているのではなく、人から聞くだけでなく自分でも確認をしたいと考えております。
    もしよろしければ教えて頂けると幸いです。

    説明不十分な中ご丁寧なご回答ありがとうございました。
    投稿日時 - 2004-09-10 15:21:21
    • ありがとう数0
    • 2004-09-10 17:48:43
    • 回答No.9
    「使う」の丁寧語でなはく,尊敬語表現でいいのですね。 No.7さんが言われるように,一般的に,「れる」「られる」が尊敬,可能,受身を表しますから,単に「使われる」といっただけでは尊敬なのかどうかの判断はできません。その文の使われた状況や前後関係から判断することになります。 で,一般論から言って,「使われる」という日本語はない,という判断には賛成しかねますが,従来の敬語なら「お使いになる」のほうが敬語だ ...続きを読む
    「使う」の丁寧語でなはく,尊敬語表現でいいのですね。
    No.7さんが言われるように,一般的に,「れる」「られる」が尊敬,可能,受身を表しますから,単に「使われる」といっただけでは尊敬なのかどうかの判断はできません。その文の使われた状況や前後関係から判断することになります。
    で,一般論から言って,「使われる」という日本語はない,という判断には賛成しかねますが,従来の敬語なら「お使いになる」のほうが敬語だとすぐ分かるのでわたしとしてもお勧めです。
    いまどきの安易な敬語表現として何でも「れる」「られる」を付けさえすればよい,とする風潮にはこれまた眉をひそめています。
    お礼コメント
    お礼が遅くなりまして申し訳ありません。
    ご回答ありがとうございます。
    私が尊敬語を知りたいと思っていたのに、丁寧語と書いてしまい多くの方に誤解を与えてしまい大変申し訳ありません。

    私自身、安易に「れる」「られる」を用いていたことに気付かされ、大変刺激を受けました。ありがとうございます。
    投稿日時 - 2004-09-10 21:59:42
    • ありがとう数0
    • 2004-09-10 16:08:55
    • 回答No.7
    >「使われる」が尊敬表現としても適切ということで、どういう本を… 横レス失礼します。 どういう本かといえば、文法の入門書ならどれにでも書いてあるでしょう。 つまり、助動詞の「れる・られる」は、尊敬、可能、受動を表します。ら抜き言葉とは別次元の話です。 たとえばお料理教室で、 【尊敬】「この包丁は先生が使われる」(先生専用の包丁) 【可能】「この包丁は生徒も使われる」(先生用、生徒用の区 ...続きを読む
    >「使われる」が尊敬表現としても適切ということで、どういう本を…

    横レス失礼します。
    どういう本かといえば、文法の入門書ならどれにでも書いてあるでしょう。
    つまり、助動詞の「れる・られる」は、尊敬、可能、受動を表します。ら抜き言葉とは別次元の話です。
    たとえばお料理教室で、

    【尊敬】「この包丁は先生が使われる」(先生専用の包丁)
    【可能】「この包丁は生徒も使われる」(先生用、生徒用の区別がない包丁)
    【受動】「この包丁は先生にも生徒にも使われる」(包丁を人物に見立てた表現)

    というように使い分けます。
    お礼コメント
    大変ご丁寧なご回答ありがとうございます。

     もしお手元に上記の例文の記載されている本がございましたら、お手数ですが書名をお教え願いないでしょうか。
     と言いますのも、私の曖昧な記憶で恐縮なのですが、文法の本の中で「使う」の尊敬表現の例では「お使いになる(なられる?)」が記載されているものが多いように見受けられます。つまり「使われる」が尊敬表現として利用可能と明示されたものを読んだ覚えがないのです。そこへ「使われる」という日本語はない(尊敬表現はない)と指摘を受けた次第です。ただその指摘も理由があるわけではなかったため、これを機に明確にしたいと考えました。

     横レス歓迎ですので皆様宜しくお願い致します。
    投稿日時 - 2004-09-10 16:25:10
    • ありがとう数0
    • 回答数10
    • 気になる数0
    • ありがとう数3
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ