• ベストアンサー
  • 困ってます

過去に戻るのは何故未来へ進むより難しいんですか?

今日タイムマシンの本を借りてきて読んでいました、それを見たら未来に行く方法は過去に行く事に比べてとても簡単というのが載っていました。 何でも今陽子か何かは加速器で光の速度の99、999996%くらいの早さで動かすことが出きるみたいで、将来的には「100年後ぐらい」これを人間でもって書いてあったんですけど、過去に戻るには光より早く動かなければ駄目ならしく、それが難しい文字で延々と37ページによって書いていてわからなかったのですが、光の早さの99、9999~~とこんなにも光の早さに近づけるのにどうして、あと0、1%ぐらい早くできないのでしょうか?やっぱり難しいんですか? そして、重力の関係が書いてあってブラックホールの中に入れば過去に戻る事が出きるが、でる事はできない等と、過去に戻るのは否定的な事ばかり書いていました。 やはり過去へ行くのは未来に行くのと比べとても大変なんですか?とても気になります、教えて下さいよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数6356
  • ありがとう数23

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

お年がわからないので、取り合えず簡単に説明します。 >未来に行く方法は過去に行く事に比べてとても簡単 ⇒誰でも、時間がたてば未来に行けますね。それを、例えばすごく速い(光の速度に近い)ロケットに乗って宇宙旅行をしてくれば、他の人たちより時間の経過が早くなるのです。 すると、例えばあなたがこのロケットで1年後に帰ってきたら、地球上の100年後に到着したりするわけです。 これが、「未来に行く」ということです。 もし、このロケットが光の速度より速ければ、時間が逆転すると考えられます。すると、過去にたどり着くわけですね。 ところが、「光より速い物質はない」というのが今の科学の答えですので、過去に行くロケットは作れないと言うわけです。 ブラックホールの中は、ものすごい重力によって、今の物理学では解明しきれない異常な状態になっています。 理論的に考えると、ブラックホールの中では、時間の流れが止まってしまいますし、重力で潰れていく物質はどこかに行くのではないか、という考えから、時間が逆転するとか、過去に通じている(ホワイトホール)とかから、過去に行けるかも、という説があるのです。 他にも、SFも含めてたくさんの説があります。色々な解説の本がありますので、機会があったら見てください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

光の速度に近づくほど周りの時間が遅くなって未来へいけるという理論ですよね、これは相対性理論ですよね? その理論で行けばそうなるんですけど、過去へは絶対に行けないことになってしまいますよね・・ 光より速い物質はやはり無いんですか、ブラックホールでも解明できないんですね、ホワイトホールなんて物があるなんて知りませんでした、もしそれがあるなら出来そうですが実際はかなり低い確率っぽいですし、かなり難しそうですね、とても詳しく教えて頂きましてありがとうございました!

関連するQ&A

  • ブラックホールから光が出てこれない?

    今本を読んでいて気になり、インターネットで調べてみたのですが、これと言って的を得た答えがなかったので質問いたします。 ブラックホールが見えない理由は、ブラックホールに接触した光がブラックホールの重力によって外に出てこれないから。 で大まかに合っていると思うのですが、相対性理論によれば(相対性理論について多くのことは知りません)光の速度は一定のはずなので、どんなに強い力が働いていても秒速30万kmでブラックホールから脱出できる気がします。光は重力が作用するときだけ秒速30万kmじゃなくてもいいのでしょうか。 あ、でも水中を伝わる光の速度は0.75倍ですよね。これと同じように媒体が作用することによって、秒速30万kmじゃなくなるのでしょうか? それと、宇宙は加速しながら膨張していて、地球からはるか遠い銀河たちが光速を越える(実際には超えない?)のを、宇宙の境界線とか、人間が知ることの出来る限界とか言いますよね? もちろん光が得られなければ認識できないのでそう呼ぶのは分かります。 しかし亜光速で逃げて行く銀河たちから出た光もまた、絶対的に秒速30kmでないといけないと思うのですが、それらの光が地球に届かないのはなぜなのでしょうか。 しかもこちらの場合はブラックホールと違い、それほど大きな重力が働いているとは思えません。 よろしくお願いします。

  • ブラックホール

    光も飛び出せないブラックホール、光と同じ速度のはずの重力はなぜ飛び出せるのですか?

  • ブラックホールの近くにいる人から見た時間

    例えばの話で聞いてください。 今、Aさんがブラックホールに吸い込まれていきます。 それをBさんが地球から見ています。 Aさんにかかる重力はどんどん大きくなり、Bさんから見るとAさんの時間がどんどん遅くなっていきます。 そして、ついにはBさんから見たAさんは時間が止まったように見えます。 これを逆にAさんから見ると、 ブラックホールに近づいていくにつれてBさんの時間がどんどん早くなり、Bさんはあっという間に年をとり死んでしまいます。 Aさんから見た時間は更に加速していき、地球やその他の星も寿命を迎えていき、最終的にはあっという間に宇宙の終焉を目にすることになります(終焉があるとして)。 これを基に考えると「過去も現在も未来も同時に存在している」というのが理解しやすいと思います。 この考え方は間違ってますか?詳しい方の意見を聴きたいです。 ちなみにAさんはどんな重力にも耐えられるものとしてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

「退屈しのぎの博学知識塾I森羅万象の謎」より抜粋 過去への時間旅行はできない事になっている。それは世界の成り立ちの根本原理ともいえる因果律を壊す恐れがあるからだ。 我々の世界には、原因があって結果があるとする因果律が厳然として存在し、それを壊す恐れのある事はどんな事であれ許されないという黙約がある。 過去への時間旅行でもし、あなたが誤ってあなたの先祖を交通事故死させたとしよう。当然、あなたの父母は生まれていないはずだし、あなたも存在しない事になる。存在しないあなたが過去に時間旅行して、過去世界で交通事故を起こし・・・・・となって因果律が崩壊してしまう。 こんな事はあってはならない事なのである。つまり、過去への時間旅行は不可能である。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!

  • 回答No.2
  • onakyuu
  • ベストアンサー率45% (36/80)

簡単に言えば未来へは何もしなくてもいけるからです。 たとえて言えば、テレビの連続ドラマをたまたま見て 面白かったので来週の続きを見たいと思えば、来週ま で待って見ることは可能ですが、先週の分を先週にも どって見ることはまずできません。 来週が早く来る(ように思える)技術を開発すれば 未来に行くタイムマシンができたことになり、これは 過去へいくより相当簡単だ思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 慣性質量と重力質量は同じ?→エレベータの相対論効果

    慣性質量と重力質量は完璧に一致するのでしょうか? 例えば上昇するエレベータ内で質量を計るとします。 エレベータ内に質量計測装置を設置して、地上の観測室と電波によって通信を行うとします。 エレベータを延々と加速し続け、地上との相対速度が光速に近くなるにつれて相対論効果が現れ、加速をするためのエネルギーが足りなくなってしまいます。 一方で重力崩壊間近にある星が重力崩壊を起こしてブラックホールになる時は、外部の観測者との間の相対速度は光速を超えてしまいます。 このように光速に近い状況でも慣性質量と重力質量は完璧に一致するのでしょうか?

  • シンクロトロン放射と等価原理の矛盾?

    下の論法はどこが間違っているのでしょうか。どなたか教えてください。 1. 電子を加速器で加速して磁場をかけると曲がる時に電磁波を放射して、少し遅くなる。 2. 電子はブラックホール周辺などの強い重力場で曲がる時にも電磁波を放射する。 3. 電子は地球の回りを回っている時にも同様に非常に弱い電磁波を放射する。 4. 地球の回りを回っている宇宙ステーション内で単独の電子を観測すると電磁波が観測され、電子は少し遅くなる(地球の方に少し落ちる)。 5. 電子の観測によって、宇宙ステーションがどれくらいの強さの重力場の中を自由落下しているかがわかる。 6. 重力と加速度の等価原理に反する。

  • ブラックホールは光さえも吸い込むので撮影出来ない。

    ブラックホールは光さえも吸い込むので撮影出来ない。 今回撮影に成功したブラックホールはブラックホールに吸い込まれ掛けている光を撮影して作り出された黒い穴をブラックホールと言った。 アインシュタインの一般相対性理論は大きな質量が集中するとブラックホールが生まれると予測した。 重たい質量の恒星が寿命を尽きて爆発すると中心の核が押し潰されて収縮が抑えられなくなって、周りの光さえも引き込むブラックホールとなる。 ブラックホールに吸い込まれると時間が遅くなり、物体は引き伸ばされて最終的に素粒子レベルまで分解されて跡形も無くなってしまう。 一般相対性理論によると止まっているより動いているものの方が時間の進みが遅くなるので、ブラックホールの周りを周回して地球に戻ってくると過去に戻れる。地球にいるのは未来人。 タイムマシンは未来に行くより過去に行く方が先に実現出来る。 しかも過去に戻るとその過去の世界に留まり続けることが出来る。 UFOは未来より過去の方が行きやすい。 けどブラックホールホールの周囲を周回して過去に行ったとして過去に到達したUFOがその過去の時空に留まり続けられていないのが不思議。 多分、UFOはブラックホールを利用して過去に来てないと思う。

  • 宇宙の光の速度は不安定?

    ブラックホールは重力で光(秒速30万km)すら離さないから暗いと聞きますが、 そうなると宇宙から届く光は、みんなそれぞれの恒星や中性子星などの重力を受けて 速度がマチマチって事なんでしょうか? 時々「2億光年彼方」などという言葉を聞きますけれど、 あまりに重力が強い天体から届いた光は実はもっと遅れているなんて事も 起きてるのでしょうか? それとも単に、別の方法で計算した距離を光の速度で割っただけなんでしょうか?

  • ブラックホールの発見

    最近、若いブラックホールが発見されたようですが、そもそもどうして発見できるんですか というのは、ブラックホールは重力場の集まりであり光さえも吸い込んでしまうらしいのに、X線放射があるから発見できる、と言うことです 光もX線も同じ速度ですよね 完全に吸い込まれる直前のX線を観測しているということの解釈でいいんでしょうか? このあたりがよくわかりません

  • ブラックホールに落ちる粒子についてと特異点について。

    ブラックホールとは光すら脱出できない星の最期の果てですよね? またアインシュタインの特殊相対性理論によると、ある粒子を光速まで加速するには無限大のエネルギーが要るとのこと。つまり実在は確認されていませんが、タキオン等最初から超光速で飛んでいる粒子を除けば、真空中の光速度を越えることはできないということですよね? だとしたら、事象の地平線を越えて落ちてゆく粒子は重力に加速されて光速度を越えたことにならないのでしょうか?私はどこを誤解しているのでしょう? また、ブラックホールの最深部の特異点とは数学的な点(つまり大きさを持たない)なのでしょうか?ということは事象の地平線を越えて落ちていく物質はすべてなくなるということ??それとも数学的な点ではなくて、例えば無限小の体積を有するということなのでしょうか?それとも数学的な点=大きさを持たないという前提が間違っているのでしょうか? いろいろ質問しました。欲張りですみません。

  • 相対論のパラドックスを2つ考えました

    相対論のパラドックスを2つ考えました。karat_321さん 相対論のパラドックスを2つ考えました。 ・時空図と光時計のパラドックス 縦軸が時間、横軸が空間のグラフがあります。 このグラフ上では光速は45度の直線になります。 グラフを見れば、光速でも時間は過去から未来へ流れています。 この線の傾きが水平になると、速度は無限大で時間経過は0になります。 宇宙船の後方から光を発射して、前方の鏡で反射して戻ってきて1秒の光時計があります。 宇宙船が光速に近づくと鏡は光から少し遠ざかるので、1秒以上長くなります。 もし、宇宙船が光速で動くと光は永遠に鏡に到達できないので、光時計の時間経過は0になる。 しかし、時空図の光速は時間経過は0にはなっていない。 いったい、どちらが正しいのか? ・タキオンと加速器の存在パラドックス 長さ100光年の加速器があるとする。 タキオンはこの加速器の内部で自由に操作することができるとする。 加速器は2100年に存在しているとする。 タキオンは100光年の距離を移動し、2000年へタイムトラベルしたとする。 その場合、加速器の存在はどうなるのか? 加速器も一緒に2000年へタイムトラベルするのだろうか? しかし、動いたのはタキオンの方である。 結局、タキオンはタイムトラベルできるのだろうか? よろしくお願いします。

  • 光速を超える宇宙船は、絶対に存在しえないのか?

    ブラックホールの周囲には、非常に強い重力場が作られるため、 ある半径より内側では脱出速度が光速を超え、 光ですら外に出てくることが出来ないそうです。 このようなことを応用して、遠い将来、光の速度を超える 宇宙船や、移動手段をつくることができる可能性はあるのでしょうか? また、ほかの理論などによって、 実現する可能性はあるのでしょうか?

  • 光速で移動する時の相対的な時間の遅れについて

    わかりにくいタイトルですみません。 アインシュタインの相対論をテーマにした入門書籍など読んでいて、どうも理解しにくいところがあったので質問させてください。 光速で移動するものが時間が遅れるとか進行方向に長さが縮むとかはなんとなくわかった気がしています。 で、理解を深める上で疑問になったのが時間の進み方について。 よく浦島太郎や双子の姉妹などにたとえられる話ですが、静止している点Aから移動体Bが光速で離れていったとします。(加速とかは無視して、いきなり速度0から光の速度100%に加速したとして。) 私の理解だと、当然光の速度で移動するBは時間が遅れる(止まる?)という理解です。 ですからブラックホールとかの重力のへり(時空のゆがみ?)を利用するかなんかして速度を落とさずにUターンすれば出発した点Aに戻ったときにAとBの(すれ違った瞬間の)時間は違うはず。たぶん。(?) でも、移動体BからAを見たときに光の速度で遠ざかっているのはAに対しても(Aの方がBから遠ざかっている)とも言える気がして、そうしたらAの時間も同様に同じ量の時間が遅れてしまう(?) つまり遠ざかったもの同士が再びすれ違えたらAもBも時間は遅れていなかったということに・・・?? (AとBを第三者的に見ていたCというのがあれば、AもBも時間はずれるのでしょうが。) しかし光の速度に無限に近づこうとしたら無限にエネルギーが必要で質量も無限大になるわけですが、エネルギーを使っているのは移動体Bで静止しているAはなんのエネルギーも消費していないのにこの思考だとAは時間が遅れる?ことに。 まるで言葉遊びというか、ものすごいもやっとした感想ですが、この時間が遅れるという理解が間違っているのでしょうか? (離れていくときに時間が遅れて、Uターンして戻ってくるときに時間がすすむから再会するとプラマイゼロになる?とも考え直してみたものの余計におかしくなりました。たぶん違う?) 入門書などで相対的に時間が遅れるというのは、結局誰に対して遅れると言っているのでしょうか?

  • 素粒子の加速について教えて下さい。

    素粒子の加速について教えて下さい。 よく粒子加速器で電子や陽子を光速のXX% (亜光速)まで加速して高エネルギー衝突させ る実験の文献を目にするのですが... このときの光速のXX%とは多分素粒子の出 発点からの相対速度だろうと推測します。 一方、不確定性原理によれば素粒子の位置 と速度(運動量)は同時に確定できませんよね。 出発点(位置)を正確に確定しようとすればする ほど運動量が不確定となって初速との比較が出 来ず何時の運動量に対する速度なのかわからな くなり、初速を確定しようとすれば、出発点(位置) が確定できないのではないでしょうか? であるなら光速のXXパーセントとはどのように測 定するのですか?