-PR-
解決
済み

SOS

  • 困ってます
  • 質問No.98622
  • 閲覧数74
  • ありがとう数16
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 8% (3/37)

SOSとはどういう意味なんですか?ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ以外の答えを教えてください。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル14

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

SOSといえば、万国共通の救助を求める遭難信号です。
この、SOSとは、何かの頭文字のように考えられがちですが、
実は何の意味も無いそうです。
たんに、モールス符号の中で最も単純で分かり易い、SとOをつないだものだそうです。
Sは・・・、Oはーーーです。ですから。
パニック状態でも打電できるように簡単で分かりやすいものにしたんです。

因みに、最初にSOSを打電したのは、1912年に北大西洋上で氷山と衝突して
沈没した豪華客船タイタニック号といわれているそうです。

また、同じように
航空機が発する無線電話による救難信号では Mayday(メーデー)を用いています。
フランス語の m'aider (メデ=我を助けよ) を語源としたのは短く、明確だったから何ですね。


Save Our Soulsというのは後からSOSに意味を持たせようとして付けたこじつけなんです。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 33% (48/142)

「Save Our Ship」の略です。
「Save Our Ship」の略です。


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 20% (63/308)

モールス符号では、・・・ --- ・・・ です。 メーデー メーデー といったところでしょうか。 国際救難信号のひとつですが、今はそんなに使うことはないと思います。 昔、ピンクレディーの曲にSOS、SOSという樫がありましたが、バックの音で800hzで、このモールス符号が流れていて、クレームが付いて急遽、取り直しになったことがあると思います。紛らわしい、滅多に打つものではない、との理由からです。
モールス符号では、・・・ --- ・・・ です。
メーデー メーデー といったところでしょうか。
国際救難信号のひとつですが、今はそんなに使うことはないと思います。
昔、ピンクレディーの曲にSOS、SOSという樫がありましたが、バックの音で800hzで、このモールス符号が流れていて、クレームが付いて急遽、取り直しになったことがあると思います。紛らわしい、滅多に打つものではない、との理由からです。
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 38% (130/334)

Save our Ships Save our Souls などと言われる事もありますが、 実際はパニック時でも打電 しやすいモールス符号を国際会議で 決めたら、たまたま「SOS」の文字に あてはまった、ということのようです。
Save our Ships
Save our Souls
などと言われる事もありますが、
実際はパニック時でも打電
しやすいモールス符号を国際会議で
決めたら、たまたま「SOS」の文字に
あてはまった、ということのようです。
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 27% (23/84)

SOSって、いわゆる救難信号ですが…………(^^;;; ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ…… …………知らない(^^;;;; なんだろう?
SOSって、いわゆる救難信号ですが…………(^^;;;

ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ……

…………知らない(^^;;;;

なんだろう?
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 26% (69/258)

 全くの当てずっぽうですが、    SAVE OUR SHIP では?  違ってたらすみません。
 全くの当てずっぽうですが、
   SAVE OUR SHIP
では?

 違ってたらすみません。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ