-PR-
締切り
済み

会計システムについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.95861
  • 閲覧数313
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 25% (1/4)

会計記録のペーパーレス化に伴う問題点を教えて下さい。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 44% (93/207)

こんにちは。 会計のペーパーレス化で一番問題になってくるのは、やはり承認の問題ではないでしょうか。 例えば伝票等は、紙で出している場合には承認者が捺印していますが、ペーパーレス化となると電子決済が必要になってきます。 うちの会社では、伝票等は電子メールでデータを送り、承認者に承認してもらうのですが、そのときにパスワード管理を強化し、他人が勝手に承認できないようにしました。 そして、承認者と承認 ...続きを読む
こんにちは。

会計のペーパーレス化で一番問題になってくるのは、やはり承認の問題ではないでしょうか。
例えば伝票等は、紙で出している場合には承認者が捺印していますが、ペーパーレス化となると電子決済が必要になってきます。
うちの会社では、伝票等は電子メールでデータを送り、承認者に承認してもらうのですが、そのときにパスワード管理を強化し、他人が勝手に承認できないようにしました。
そして、承認者と承認日が明確に分かるように表示できるよう工夫しました。

他には、財務諸表のペーパーレス管理ということで、電子帳票ソフトを活用し、パソコンで担当者がいつでも見れるようにしましたが、そのときに問題になるのは、データーを改ざんされないように管理するということです。
この点については、改ざんされないプログラムになっている電子帳票対応ソフトを使用することにより対応できます。
ただし、電子帳票化するには、税務署に必要書類を提出し承認されないと、完全な電子帳票化はできません。
この書類ですが、パッケージソフトを使用すればその添付書類をコピーし提出すればよいのですが、自分の会社でプログラムを作って独自に行っている場合は、かなり膨大な書類作成が必要になってくるのが重大なポイントです。

うちの会社も、独自にプログラムを組んで会計処理を行っているものがあり、今、その書類作りに追われているところです。(^^;


  • 回答No.2

まず、「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存法の特例に関する法律」(「電子帳簿保存法」)が施行されています。 この法律で、真実性の確保と可視性の確保が求められていますから、これに対応したシステムにする必要があります。 また、税務署の認定を受ける必要があります。 下記のURLを参考にしてください。 「電子帳簿保存法」とその対応 http://www.smbc-consul ...続きを読む
まず、「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存法の特例に関する法律」(「電子帳簿保存法」)が施行されています。
この法律で、真実性の確保と可視性の確保が求められていますから、これに対応したシステムにする必要があります。
また、税務署の認定を受ける必要があります。

下記のURLを参考にしてください。


「電子帳簿保存法」とその対応
http://www.smbc-consulting.co.jp/consul/r_consul/19990201.htm

帳簿書類の電子化保存
http://www.nsg.co.jp/nbb/ss/nbbspecial/densihozon.html
  • 回答No.3

税務当局サイドの問題として 1.税務調査の資料が用意されない (画面は紙と比べて見にくい) 2.デジタルデータ解析のための機器とその操作要員が必要 (特殊なツールを使って解析するんですがコストがかかる事) 実務サイドの問題として 1.実際には証憑の保管義務があり、完全なパーパレス化などできない。 2.ドリルダウン分析等従業員(特に管理者層)のITスキルのアップが必要 3.システム開発の ...続きを読む
税務当局サイドの問題として
1.税務調査の資料が用意されない
(画面は紙と比べて見にくい)
2.デジタルデータ解析のための機器とその操作要員が必要
(特殊なツールを使って解析するんですがコストがかかる事)

実務サイドの問題として
1.実際には証憑の保管義務があり、完全なパーパレス化などできない。
2.ドリルダウン分析等従業員(特に管理者層)のITスキルのアップが必要
3.システム開発のコストが大きい
(大企業では会計パッケージは導入しずらい)
4.現場サイドでの仕分けミスの発見が遅れる
5.電子帳簿保存の届出を税務署に行う必要がある。
(切り替えのタイミングは年度始めのみのため、開発スケジュールの遅れがゆるされない)
6.税務調査ではデータを根こそぎ持っていかれる(笑)

といったところですね。
したがって、まず経営上層部が参画して導入の目的を明確にした上で、これらのデメリットを補って余りある経営上の効果目標を明確にし、システムの設計を行う必要があります。

ものが会計だけに経営層が「他社がやっているからうちも」という程度の意識では致命的な結果を招く恐れがありますよ。
お礼コメント
hi-

お礼率 25% (1/4)

会計記録のペーパーレス化に伴う問題点のレポート作成をしている
途中だったのですが良い資料が集まらなくて困っていました。
fuyukiさんのおかげで助かりました。どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-27 13:29:51
  • 回答No.4
レベル6

ベストアンサー率 57% (4/7)

大分、時間が経ってしまいましたが、未だ質問は締め切られていないようですので、参考サイトをお知らせします。 無料レポートがダウンロード出来ます。 【なるべく伝票レス経理】のススメ! ...続きを読む
大分、時間が経ってしまいましたが、未だ質問は締め切られていないようですので、参考サイトをお知らせします。

無料レポートがダウンロード出来ます。
【なるべく伝票レス経理】のススメ!
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ