解決
済み

デフラグ処理のスピード

  • 暇なときにでも
  • 質問No.94672
  • 閲覧数34
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 95% (135/141)

 同僚からメモリを64から192MBにしたけど体感できる変化
が無いと言われました。OSはMeです。
私も、メモリを64から256に増設してますが あまり感じません。
ただ、デフラグの動きが速くなったような気がするのですが気のせいでしょうか。
デフラグはハードディスクからメモリに吸い上げて、再度HDDに戻してるのではと思っています。
したがって、メモリ容量が大きければ大きいほど一回での動かすデータ量も多くなるので処理が速くなる。
と、勝手に思ってます。
ほんとのとこ、どうなんでしょう。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 62% (6255/9973)

若干は違うでしょうね。デフラグではHDD→メインメモリ→仮想メモリ(ハードディスク上)→メインメモリ→HDDという順番で読みとりと書き込みが行われます。
そのため、メモリの容量が大きいとメモリアクセス速度が上がりちょっと違うでしょう。あとは、HDD情報の保持率が変わるかな。でも、HDDの速度自体が変わらなければ(結局は仮想メモリを使うので)劇的な変化はないでしょう。
また、Win9x(Me含む)ではメモリ管理の効率が悪くNT・2000に比べるとロスが大きく、128MB以上のメモリの増設はあまり速さに寄与しません。(ただ大きなデータ処理<画像・動画・高度3Dゲームとか>では効果大です)
お礼コメント
betocon

お礼率 95% (135/141)

 ありがとうございます。私にも良くわかりました。
投稿日時 - 2001-06-24 08:59:02
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 40% (71/176)

FAT情報を全てRAM上に展開できる分だけ早くなりますが、実際にはCPUの速度、HDDの読み込み/書き込み速度、データバス速度に依存しますから、メモリを増やしたからといって動作が速くなるものではありません。 ...続きを読む
FAT情報を全てRAM上に展開できる分だけ早くなりますが、実際にはCPUの速度、HDDの読み込み/書き込み速度、データバス速度に依存しますから、メモリを増やしたからといって動作が速くなるものではありません。
お礼コメント
betocon

お礼率 95% (135/141)

 ありがとうございます。
デフラグに対してメモリ増設もちょっとは効果があるということですね。
投稿日時 - 2001-06-24 08:48:23


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 24% (612/2465)

Windows9X系(Meも含んで)では、128MB以上のメモリーを搭載してもあまり意味がありません。 グラフィックツール(フォトショップ等)で大量の画像データを一度に開いたりすると、プログラムがデータ領域として利用するエリアが広がり、未増設の時と比べて速くなる事は体感できます。 Wordなどでも、スワップが発生するような大量文書なら体感できるでしょう。 個人ユーザーでは、64MB~128MBあれば ...続きを読む
Windows9X系(Meも含んで)では、128MB以上のメモリーを搭載してもあまり意味がありません。
グラフィックツール(フォトショップ等)で大量の画像データを一度に開いたりすると、プログラムがデータ領域として利用するエリアが広がり、未増設の時と比べて速くなる事は体感できます。
Wordなどでも、スワップが発生するような大量文書なら体感できるでしょう。
個人ユーザーでは、64MB~128MBあれば十分ですよ。
お礼コメント
betocon

お礼率 95% (135/141)

 ありがとうございます。
個人では、極端にメモリを大きくしても通常使用においては、あまり意味がないんですね。
投稿日時 - 2001-06-24 08:54:53
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ