-PR-
解決
済み

つかんでいいの?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9240
  • 閲覧数653
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 56% (41/73)

私たちの子供の頃は腕を抱えてタックルしたものですが
最近はつかむ、引っ張る、押し倒すと過激になっています。
サッカーのルールが変わったのでしょうか?
見ていていい気持ちはしません。
どうなんでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル4

ベストアンサー率 25% (1/4)

ずばり,反則です。競技規則に反しているのです。プロ選手が,審判に見えなければという理由で反則を犯しているならば,大きな問題です。私は,小学生のサッカーチームの監督をしています。技術も指導力もありませんが,これだけは,徹底しています。
①ナイスファールは,絶対にない。
②ファールする人は,ファールしなければ相手をとめられ ない下手な人。ファールされる人は,逆に上手な人。
勝てばすべてよいというのを小学生の一番スキルが伸びる時期に感じさせるというのは,日本のサッカー界に将来を求めないのと同じことです。真のスーパースターを育てるためにもお互いに頑張りましょう。
お礼コメント
mizushi

お礼率 56% (41/73)

気持ちのいい回答をいただき感謝しております。
スポーツの世界だけでも穢れないものであって欲しいという望みを持っています。
昨年のプロ野球でもホームランキング争いや盗塁王などで、見ていて腹が立つプレイが多々ありました。
サッカーについても納得いかないプレイが多く見られ、「勝つために・・・」と言われてもしっくりきません。
反則は反則であるとキッパリと言い切れるようにしたいと思います。
例え、理想といわれても追いつづけていきます。
こちらも頑張りますのでittyokuさんも日本サッカー界のために頑張ってください。

とっても嬉しいです!
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 43% (235/542)

「プッシング」 → 相手を腕や手で押す。 「ホールディング」 →相手を押さえ込んだりユニフォームをつかむ 「トリッピング」 →相手をつまずかせる  などは反則です。 >つかむ、引っ張る、押し倒すと過激になっています  指導者の問題かもしれませんね。子供の頃からルールはきちんと教えるべきでしょう。小さな子供の場合でも、 難しい話は別にして、具体的にこういうことはダメだよ・・ ...続きを読む
「プッシング」
→ 相手を腕や手で押す。
「ホールディング」
→相手を押さえ込んだりユニフォームをつかむ
「トリッピング」
→相手をつまずかせる

 などは反則です。

>つかむ、引っ張る、押し倒すと過激になっています

 指導者の問題かもしれませんね。子供の頃からルールはきちんと教えるべきでしょう。小さな子供の場合でも、
難しい話は別にして、具体的にこういうことはダメだよ・・・と教えるべきだと思います。スポーツは、ルールの中で戦うものですから・・・。それを教えないと勝つためには何をしても良いということになりかねませんよね。

以下のページではイラスト入りでわかりやすく解説しています。

直接フリーキックになるファール
http://www.asahi-net.or.jp/~zq8y-ynt/soccerrule/faul-d.html

間接フリーキックになるファール
http://www.asahi-net.or.jp/~zq8y-ynt/soccerrule/faul-k.html

警告になるファール
http://www.asahi-net.or.jp/~zq8y-ynt/soccerrule/keikoku.html

退場になるファール
http://www.asahi-net.or.jp/~zq8y-ynt/soccerrule/taijyou.html
お礼コメント
mizushi

お礼率 56% (41/73)

ありがとうございます。
うちの子(小学校2年生)に聞かれ、どのように答えればいいかがわからなっかたのです。
例えプロがやっていても「反則はいけない!」と自身をもって教えたいと思います。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 50% (17/34)

率直に思う事は、まずルールが変わったわけではないと思います。ただ、前に比べて子供たちがTVを通して様々なサッカーの試合を見たり情報を得る事が容易になったのが原因だと思います。良くも悪くも。言ってみれば、彼らにとって世界のサッカーを実感する環境がより多くなっているのです。その事によって一部の子達は、”あの選手もやってたからこのくらい押してもいいだろう”とか”ブラジルじゃシャツを引っ張るなんて当たり前なんだか ...続きを読む
率直に思う事は、まずルールが変わったわけではないと思います。ただ、前に比べて子供たちがTVを通して様々なサッカーの試合を見たり情報を得る事が容易になったのが原因だと思います。良くも悪くも。言ってみれば、彼らにとって世界のサッカーを実感する環境がより多くなっているのです。その事によって一部の子達は、”あの選手もやってたからこのくらい押してもいいだろう”とか”ブラジルじゃシャツを引っ張るなんて当たり前なんだから、少し引っ張ってもいいかな”など思ってるんだと思います。

確かに、”つかむ、引っ張る、押し倒す”といった行為は現在にサッカーではほぼ当然と化してます。テレビには明らかにファウルのように見えても、審判には見えてないときがたくさんあると思います。そして、審判も人間なので間違いはあります。

しかし、故意によるファウルを肯定する気はありませんが、うまい選手はファウルをしてもいかにファウルに見せないかを考えていますし、また、それはサッカーの醍醐味である駆け引きのひとつだとも思います。ファウルをして相手を挑発させることによって相手の調子を悪くさせるといった駆け引きだけに限らず、様々な理由でわざとファウルのようなプレーを仕掛けてきます。上のレベルに行けば行くほどです。ただ、子供にそのようなプレーをさせる事が必要かといえばそうでもないと思います。個人的な考えですが、小学生の間は、どのスポーツにおいても教育の一環だあるとしか思わないからです。しかし、このような駆け引きがサッカーにはあることを子供たちには理解させる必要があると思います。将来的にはこのような駆け引きをやらなきゃいけないという事と、いかにしてファウルをせずにディフェンスをするかという事をコーチが教えなければいけないのではないでしょうか。
お礼コメント
mizushi

お礼率 56% (41/73)

ありがとうございます。
審判には見えないというのは納得です。
しかし、サッカーでは野球などに比べて審判の威厳が強いので、数を増やすなどして神聖にプレイしてほしいというのは無理な注文なのでしょうか?
せめてオリンピックやワールドカップなどの世界大会は、サッカー好き以外も見ているので教育の場と同じようにとらえて欲しいものです。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 36% (291/804)

∇ こんちは! ルールがあれば、それを守るのが基本です。 しかし、勝負は勝たねばなりません。 northcurlcurlさんの仰るように、レベルが高くなればなるほど、 綺麗事では太刀打ち出来ない事を経験します。 勝利至上主義のサッカーの世界では、「マリーシア(ずる賢い)」は当然の行為と言って良いでしょう。 ばれなければ、何でもありの世界です。 別に人を殺す訳ではないのですから、 しかし、 ...続きを読む

こんちは!
ルールがあれば、それを守るのが基本です。
しかし、勝負は勝たねばなりません。
northcurlcurlさんの仰るように、レベルが高くなればなるほど、
綺麗事では太刀打ち出来ない事を経験します。
勝利至上主義のサッカーの世界では、「マリーシア(ずる賢い)」は当然の行為と言って良いでしょう。
ばれなければ、何でもありの世界です。
別に人を殺す訳ではないのですから、
しかし、国によっては奇麗事でゲームをして負けてしまうと
殺されてしまう事もあるスポーツなのも確かです。
答えになっていそうもないなぁ。
northcurlcurlさんの回答のおまけとして扱って頂けたら幸いです。
じじいのお願い!
お礼コメント
mizushi

お礼率 56% (41/73)

こんにちは!
yoda様いかがお過ごしでしょうか?
せめて、スポーツの世界では奇麗事で押し通して欲しいものです。
大人の醜い世界は「スポーツマンシップ」にのっとっていないので残念です。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ