-PR-
解決
済み

バラ売りして買いやすくする

  • 困ってます
  • 質問No.91810
  • 閲覧数302
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 2% (7/263)

例えばタバコが230円だとして
一本30円で売ったとします。
当然ヒトハコ売るより儲かりますが、
買う人もちょっと3本欲しかったんだみたいに
買う人も、売る人も喜ばれて
なおかつ、ケースは高いけどバラだと買いやすい
という商品はありませんか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 50% (97/191)

んー、なんか小売とか卸売りとかの話題になってますが、質問者が欲しい回答はそのものということで思いついたものを。

電池

ですかね。大型電気店や大型カメラ店などで20本単位で安く売ってますが、たまたまウォークマン等の電池が切れた時は2本もあれば良いってのがありますよね。
一本単位の単価も束になってる方が安いですし。
ビデオテープやCDRなどの記録メディアもそうですね。

10本で買うより1本で買った方が高くつきます。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1

通販やテレビショッピングなどで、2ヶで5000円とか 3本付いて10000円などというものがあります。 始めて買うには、そんなに要らないよ、試しに1本だけ買いたいと思う人は、かなり居ると思います。 こういう商品なら、セットで買ってバラ売りしたら喜ばれるでしょう。 つまり、セットになっているものをバラ売りするわけです。 ただ、宣伝の方法が難しいですね。
通販やテレビショッピングなどで、2ヶで5000円とか
3本付いて10000円などというものがあります。
始めて買うには、そんなに要らないよ、試しに1本だけ買いたいと思う人は、かなり居ると思います。

こういう商品なら、セットで買ってバラ売りしたら喜ばれるでしょう。

つまり、セットになっているものをバラ売りするわけです。

ただ、宣伝の方法が難しいですね。


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 48% (106/217)

ororereさん、こんにちは。 「バラ売りして買いやすくする」ことを「小売り」といいます。 小売業で扱う商品がご質問の回答になりますので、私達が手にする商品のほとんどが該当します。 期待する回答じゃありませんでした?
ororereさん、こんにちは。

「バラ売りして買いやすくする」ことを「小売り」といいます。
小売業で扱う商品がご質問の回答になりますので、私達が手にする商品のほとんどが該当します。
期待する回答じゃありませんでした?
  • 回答No.3

>「バラ売りして買いやすくする」ことを「小売り」といいます。(osafune さん) ?? 私はエンドユーザー(消費者)に売る事を言うのだと思ってましたが・・。卸売りの対義語だと思います。問屋さんが「小売りも致します」と言う場合には小さい単位で売るという意味ではなく、一般消費者にも販売します、というのが一般的でしょう。問屋がエンドユーザーに直売で大きなロットで商品を売った場合も小売りだと思います。 ...続きを読む
>「バラ売りして買いやすくする」ことを「小売り」といいます。(osafune さん)

?? 私はエンドユーザー(消費者)に売る事を言うのだと思ってましたが・・。卸売りの対義語だと思います。問屋さんが「小売りも致します」と言う場合には小さい単位で売るという意味ではなく、一般消費者にも販売します、というのが一般的でしょう。問屋がエンドユーザーに直売で大きなロットで商品を売った場合も小売りだと思います。

ともかく、メーカーが商品の最小単位としているパッケージを開梱して、独自に商品化するというのは問題が多いのではないでしょうか。PL法などで製品に対するメーカーの責任というのが厳しくなっていますので、例示のたばこの例でも品質管理の問題から認められないのではないかという気がします。特に 菓子、食料品のパッケージをひらく事には神経質ではないでしょうか。

また、小さい単位で売った方が利益率が高いのは常識ですよね。しかしながら同時に利益高は稼ぎにくい。1個づつ売るより10個まとめて売る方が効率がよい。10個まとめて買ってくれるならいくらか値引きサービスしても手間を考えれば損ではない、というのが値引きのメカニズムですね。
御質問はこれの逆を責めてみよう、ということですね。どういう商品があるか、といえばまとめ売り商品の定番を探せば見つかると思います。ポケットティッシュ、BOXティッシュ、トイレットペーパー、台所用スポンジなど、とりあえず頭に浮かびました。
ユーザーもごく少量しかいらず、今後もたぶん必要無い、というものであれば、いくぶん高くても小さい単位を有り難がるでしょうが、これはそのまま需要が少ないという意味です。
少ない需要のものをたくさん売る為には広範囲にPRする必要がありコストがかかります。
利益率と利益高のバランスを考えてみて、まとめ売りの方にメリットがある、と判断された商品がそういう売り方をされているのだ、と考えるべきでしょう。
また、仕入れが5円のものを10円で売れば1000円儲けるのに200個の販売が必要です。単価の安い商品ではまともな商売にはならないと思いますが如何でしょうか。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ