-PR-
解決
済み

t「んぜん、うまかった・・」 おかしくないですか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.91299
  • 閲覧数58
  • ありがとう数20
  • 気になる数0
  • 回答数17
  • コメント数0

お礼率 70% (43/61)

テレビのインタビューの場面で、

「ぜんぜん旨かった・・・」  と発言してるのを、時々
耳にします。 

私は、ちょっと 不自然に感じています。
もう老人なのでしょうか?

この質問で、誤字、脱字があったらすいません。

ご指導よろしく、お願いいたします。

  
通報する
  • 回答数17
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.8
レベル11

ベストアンサー率 21% (74/339)

矢張りおかしいですよ。
全然という言葉は否定の言葉に繋がらないと身震いがします。
老人という言葉も出ましたので、私も手を挙げておきます。
誤用は誤用、正して行かねばなりません。
でも、言葉は進化するものでしょうから、大きな流れの中では仕方ないのかもしれませんね。
お礼コメント
t-u

お礼率 70% (43/61)

回答いただき、有り難うございます。

今も、まだhiro1001さんと同じ考えなのですが、

沢山のご回答いただいて、判らなくなって、しまいました。

(沢山の御回答は、うれしいです。)

文法てきにもおかしいと思いつつも 「言葉は進化する」で
納得するしかないのでしょうか。

ご回答有り難うございました。
投稿日時 - 2001-06-16 23:54:03
-PR-
-PR-

その他の回答 (全16件)

  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 23% (36/154)

老人と言うことはないでしょう(笑)。 私も確かに最初の頃は結構違和感ありましたけどもう慣れました。 『とても』という言葉も最初は否定にしか使わなかったのが今では「とても美しい」とか言いますよね。むしろ「全然」もこの先当たり前の言葉として使われていく気がします。 ...続きを読む
老人と言うことはないでしょう(笑)。
私も確かに最初の頃は結構違和感ありましたけどもう慣れました。
『とても』という言葉も最初は否定にしか使わなかったのが今では「とても美しい」とか言いますよね。むしろ「全然」もこの先当たり前の言葉として使われていく気がします。
お礼コメント
t-u

お礼率 70% (43/61)

ご回答、有り難うございます。

言葉は、時代とともに変化してるんですね。

違和感があっても、やはり慣れていくしか無いんでしょうね  ・・(笑)。

有り難うございました。
投稿日時 - 2001-06-16 23:33:15


  • 回答No.6
レベル13

ベストアンサー率 23% (256/1092)

芥川竜之介も「全然」に否定語を呼応させてないというケースがあるので、一概には言えないのですが、それは誤用として言われるものであって、用例として定着しているものではありません。ただ、口語にはありがちな間違いなので、言葉のゆれとして考えるしかないと思います。 ...続きを読む
芥川竜之介も「全然」に否定語を呼応させてないというケースがあるので、一概には言えないのですが、それは誤用として言われるものであって、用例として定着しているものではありません。ただ、口語にはありがちな間違いなので、言葉のゆれとして考えるしかないと思います。
お礼コメント
t-u

お礼率 70% (43/61)

お礼のお返事が遅くなりまして、すいませんでした。

sesameさんの回答をいただき、読んでいるうちに、お礼のお返事を
とばしてしまいました。

やはりそうなんですね、やっと理解できました。
本当に、有り難うございました。
投稿日時 - 2001-06-17 00:34:23
  • 回答No.7
レベル10

ベストアンサー率 64% (73/113)

まあ元は打ち消しを伴う係り言葉ですけど、誤用は多いですね。 もう無視できないくらい。 そこで「大辞林」にも肯定的な意味に使う例があげられているように なったのでしょう。 ちなみに、私がずいぶん小さいころすでにこのような使い方はされているので、 軽く数十年は歴史がある間違いだと思います。一過性ではないと思いますよ。 また、似た言葉で「断然」というのがあるのも、誤用が進む原因かも しれま ...続きを読む
まあ元は打ち消しを伴う係り言葉ですけど、誤用は多いですね。
もう無視できないくらい。
そこで「大辞林」にも肯定的な意味に使う例があげられているように
なったのでしょう。

ちなみに、私がずいぶん小さいころすでにこのような使い方はされているので、
軽く数十年は歴史がある間違いだと思います。一過性ではないと思いますよ。

また、似た言葉で「断然」というのがあるのも、誤用が進む原因かも
しれませんね。「だんぜん、こっちのほうが旨いよ!」これは問題なし、なので。
お礼コメント
t-u

お礼率 70% (43/61)

「大辞林」にも肯定的な意味に使う例に載ってるとの事

もうすでに、この言葉は、世の中に、認められつつあるか、
認められてるのでしょうね・・・

言葉は、やはり生きているんですね・・・

時代の波に乗り遅れそうです。

がんばって、頑固な老人から、早く脱皮しなければ、と思います。

有り難うございました。
投稿日時 - 2001-06-16 23:44:12
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 28% (140/483)

「全然」は「全然~無かった」のように否定を強める言葉ですので、「ぜんぜん旨かった・・・」という使い方は間違っています。 t-uさんは「老人」というより「常識のある人」だと僕は思いますよ。 ...続きを読む
「全然」は「全然~無かった」のように否定を強める言葉ですので、「ぜんぜん旨かった・・・」という使い方は間違っています。

t-uさんは「老人」というより「常識のある人」だと僕は思いますよ。
お礼コメント
t-u

お礼率 70% (43/61)

有り難うございます。

ご回答いただいて、お返事を書いてるうちに、
次々と回答いただいてるようです。

kohjiさんと同じ考えで、私もいたものです。

広辞苑で、調べて、ご回答いただいたのを、見て
少々、自信喪失です。

有り難うございました。 ます゛は、 お礼申しあげます。

有り難うございました。
投稿日時 - 2001-06-16 23:27:50
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 29% (114/390)

ぜんぜん(全然)という言葉自体の意味は大辞林によると、 ・(打ち消し、または「だめ」のような否定的な語を下に伴って)一つ残らず。  あらゆる点で。まるきり。全く。 ・あますところなく。ことごとく。全く。 ・〔話し言葉での俗な言い方〕非常に。とても。「―いい」 とあります。 この3つ目にあるような用法もあるみたいですから、間違いではないのではない でしょうか。 ...続きを読む
ぜんぜん(全然)という言葉自体の意味は大辞林によると、
・(打ち消し、または「だめ」のような否定的な語を下に伴って)一つ残らず。
 あらゆる点で。まるきり。全く。
・あますところなく。ことごとく。全く。
・〔話し言葉での俗な言い方〕非常に。とても。「―いい」
とあります。

この3つ目にあるような用法もあるみたいですから、間違いではないのではない
でしょうか。
お礼コメント
t-u

お礼率 70% (43/61)

ご回答 有り難うございます。

俗世間では、「ぜんぜん 良い」 は、
間違いではないのですか・・・ 

自信喪失してしまいました。

俗世間(若者のあいだ)では、「ちょー かっこいい」とか
は、私自身、 「あー 若者のことばだなー」 とききながしていますが
この言葉には、あまり、ていこうないのですが、

言葉は、いきているんですね、

ご指導有り難うございました。
投稿日時 - 2001-06-16 23:21:00
  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 23% (441/1845)

もちろん、言語道断の間違いです。 が、 間違いとわかっていて響きが面白くて使っていると思います。 僕もよく使いますよ。 一過性の「若者言葉」と言うことで。 3年後にはこの使い方はきっとすたれていますから。 ...続きを読む
もちろん、言語道断の間違いです。
が、
間違いとわかっていて響きが面白くて使っていると思います。
僕もよく使いますよ。
一過性の「若者言葉」と言うことで。
3年後にはこの使い方はきっとすたれていますから。
お礼コメント
t-u

お礼率 70% (43/61)

早速の、ご指導 有り難うございます。

PEPSIさん御回答をいただき、
若い方のはやり言葉 とのこと、 
老人でなくて良かったです。 安心いたしました。
投稿日時 - 2001-06-16 23:01:12
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 29% (42/143)

そうですよね。「全然」は本来 打ち消しの意味で使われます。 ...続きを読む
そうですよね。「全然」は本来
打ち消しの意味で使われます。
お礼コメント
t-u

お礼率 70% (43/61)

そうですね、 
落ち着いて、考えてみれば、

「ぜんぜん、+ 否定 」 が正解ですね。


お恥ずかしい質問してしまいました。
続々と、ご回答が殺到しています。まずはご回答いただいた方に、
お返事を書きまして、から

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=%C1%B4%C1%B3&sw=2

を、のぞいて見る予定です。 有り難うございました。
 
投稿日時 - 2001-06-16 23:09:50
  • 回答No.9
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

No.6のnabayoshさんのご回答にある、芥川龍之介が「全然」に否定語を呼応させてない例ですが、有名なものとしては「羅生門」の次のくだりです。 これを見ると、下人は始めて明白にこの老婆の生死が、全然、自分の意志に支配されてゐると云ふ事を意識した。 この用例からもわかるように、ここでの「全然」は、100%、完全に、という意味で、現在はあまり用いられなくなりましたが「全然」の原義に照らして正し ...続きを読む
No.6のnabayoshさんのご回答にある、芥川龍之介が「全然」に否定語を呼応させてない例ですが、有名なものとしては「羅生門」の次のくだりです。

これを見ると、下人は始めて明白にこの老婆の生死が、全然、自分の意志に支配されてゐると云ふ事を意識した。

この用例からもわかるように、ここでの「全然」は、100%、完全に、という意味で、現在はあまり用いられなくなりましたが「全然」の原義に照らして正しい用法です。
(「全然」は必ず否定表現につながらなければいけない、という議論がよくなされますが、これは誤りです)

ただ、t-uさんが耳にされた「ぜんぜん旨かった」という発言が上記の芥川の用法と異なるのは明白です。
ここには「完全に」という意味を汲み取ることはできませんよね。

したがって結論としては、

・「全然」は否定で受けなければいけない、という説は、間違い。
・ただし「全然」を肯定で受ける場合には、「まったく、完全に」という意味に限定して用いられなければならない。

ということです。
お礼コメント
t-u

お礼率 70% (43/61)

ご回答有り難うございます。

理解の仕方が、二通りあるということですね。

肯定で受け取ると、 「全く旨かった」と、受け止め
否定で受け止める時は、「ぜんぜん、旨く無かった」と
良いとゆうふうに、私自信が理解すれば、良いのでしょうか・・・

もし私の理解の仕方が、間違っていましたら、再度御提言いただきたいのですが、
よろしくお願いいたします。
投稿日時 - 2001-06-17 00:01:56
  • 回答No.10
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

>>肯定で受け取ると、 「全く旨かった」と、受け止め >>否定で受け止める時は、「ぜんぜん、旨く無かった」と すみません、説明が不十分で誤解を生んでしまったかもしれません。 私が言いたかったのは 「『全然』は条件付きで肯定の意味に使うこともできる。しかし『全然旨かった』はその条件を満たしていないので誤用」 ということです。 前記の芥川に代表される用法(芥川以外にも ...続きを読む
>>肯定で受け取ると、 「全く旨かった」と、受け止め
>>否定で受け止める時は、「ぜんぜん、旨く無かった」と
すみません、説明が不十分で誤解を生んでしまったかもしれません。
私が言いたかったのは
「『全然』は条件付きで肯定の意味に使うこともできる。しかし『全然旨かった』はその条件を満たしていないので誤用」
ということです。

前記の芥川に代表される用法(芥川以外にも戦前の作品や文章で、この用法は非常に多いです)では、「老婆の生死を支配する要因」という、論理的に割合で測れるものに対して「全然」の語が用いられています。
これに対して「旨い」という主観的な評価の尺度には、ある全体を定義してその中の割合を言いあらわすといったことはできません。
だから「誤用だ」という判断をしたのでした。

言葉が至らず混乱させてしまいました。すみませんでした。
お礼コメント
t-u

お礼率 70% (43/61)

お返事の催促してしまい、すいませんでした。

理解できました。

私の愚問に、遅くまでお付き合いいただきまして
本当に有り難うございました。

御礼申しあげます。
投稿日時 - 2001-06-17 00:19:11
  • 回答No.15

「全然+肯定」という用法は ・森鴎外 ・夏目漱石 ・芥川龍之介 ・志賀直哉 ・石川啄木 らの作品中に多数見られるそうですから、頭ごなしに誤りだと決めつけるのはどうかと思います。 歴史的には昭和時代になってから、次第に否定語になってきました。そのいきさつを知らない人々が「最近、日本語が乱れている」と言うのでしょう。 ちなみに、「全然旨かった」の他に「とても旨かった」は正しいでしょ ...続きを読む
「全然+肯定」という用法は

・森鴎外
・夏目漱石
・芥川龍之介
・志賀直哉
・石川啄木

らの作品中に多数見られるそうですから、頭ごなしに誤りだと決めつけるのはどうかと思います。
歴史的には昭和時代になってから、次第に否定語になってきました。そのいきさつを知らない人々が「最近、日本語が乱れている」と言うのでしょう。

ちなみに、「全然旨かった」の他に「とても旨かった」は正しいでしょうか、おかしいでしょうか。
芥川は大正の終わりに、「とても」は必ず否定を伴うはずなのに最近は肯定の意味で使われるようになった、と指摘しています。
また、柳田国男は「とても寒い」という言い方に驚いた、という記録もあります。
お礼コメント
t-u

お礼率 70% (43/61)

御回答有り難うございます。

私は、昭和生まれの為なのか
私なりには、『全然』を否定語の接頭語として使い

『全く問題ありません、大丈夫』という風に、使います。

時と場合によって、『全然』と『まったく』を無意識に使い分けて来たような
気がします。

【芥川は大正の終わりに、「とても」は必ず否定を伴うはずなのに】と御指摘
にありましたが
私は、『とてもおいしい から食べてごらん』などと言います。
大正時代で、私が生きていたら滑稽な使い方をしていたわけですね・・・。

勉強になりました。有り難うございました。
投稿日時 - 2001-06-17 15:56:10
16件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ