-PR-
解決
済み

映画「シャイニング」でのセリフについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.91238
  • 閲覧数2701
  • ありがとう数16
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 64% (135/209)

ジャック・ニコルソン主演の「シャイニング」を観たのはかなり前ですが、その中のセリフで、「Who’s Johnny?」(そう聞こえました)というのがありました。ニコルソンがドアを斧か何かでやぶって割れ目から覗く有名なシーンです。字幕は「オコンニチハ」となってました。これは英語では、きまり文句なのですか?又、どういう場面で使うのか、ルーツ等、何でもいいので教えて下さい。
(ただ単に男の子の名前がジョニーだったりして)
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 36% (9/25)

私の聞き取りが間違いなければHere's Johnnyかと。
これは、米国の長寿番組(1992年5月に終わってしまいましたが)ジョニー・カーソン・ショー("The Tonight Show starring Johnny Carson")のオープニングの台詞のはずです。Johnnyが登場するところで音楽とともに
Here's Johnny!
ってやるわけですね。ですから日本流に言えばmicrovoltageさんの「いいともー」とかが該当するのでしょうか。
ちなみに私はシャイニングを通しでは見ていないのですが、あのシーンだけが頭にやきついていて、ジャック・ニコルソンがでてくる映画を見るといつ
Here's Johnny
とやりだすかと思って不安になります。
お礼コメント
bailbonds

お礼率 64% (135/209)

ありがとうございます。昔、「Who’s Johnny」という歌があったせいか、そう思っていました。
投稿日時 - 2001-06-19 10:50:08
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 23% (36/154)

何かで聞いた話ですが、あれは向こうで有名なテレビ番組のセリフだそうです。日本で言うと割れ目から覗きながら『いいとも~~!』って言うような感じがするので、あのシーンだけなんだか滑稽な感じがすると言っていたように思います。 ...続きを読む
何かで聞いた話ですが、あれは向こうで有名なテレビ番組のセリフだそうです。日本で言うと割れ目から覗きながら『いいとも~~!』って言うような感じがするので、あのシーンだけなんだか滑稽な感じがすると言っていたように思います。
お礼コメント
bailbonds

お礼率 64% (135/209)

滑稽ですね。あの映画の中で、「オコンニチハ」の部分だけちょっと笑ってしまって、その後私の中での、流行語になりました。
投稿日時 - 2001-06-17 11:25:37


  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 23% (441/1845)

原作読んで確認しましたが それらしいセリフはありませんでした。 日本語訳の時になくなったのかもしれません。 シャイニングの監督スタンリー・キューブリックは芸術家肌の監督で時事ネタ、テレビネタを織り込むことはあまり考えられません。 (時計仕掛けのオレンジ等のように造語を作ってしまって言わせたりはする) ですが原作者スティーヴン・キングはテレビ等からの引用が大好きで、それは有名です。 なので原 ...続きを読む
原作読んで確認しましたが
それらしいセリフはありませんでした。
日本語訳の時になくなったのかもしれません。
シャイニングの監督スタンリー・キューブリックは芸術家肌の監督で時事ネタ、テレビネタを織り込むことはあまり考えられません。
(時計仕掛けのオレンジ等のように造語を作ってしまって言わせたりはする)

ですが原作者スティーヴン・キングはテレビ等からの引用が大好きで、それは有名です。
なので原作にもある(日本語訳にはない。確認済)可能性はかなりあります。

参考意見程度に。
お礼コメント
bailbonds

お礼率 64% (135/209)

ありがとうございます。日本語訳の原作にはないという事ですが、訳しようがないでしょうから。スティーヴン・キングはテレビ等からの引用が大好きという事でしたら、私もその可能性が大だと思います。今、訳を付けるとすると「おっはー」とか。
投稿日時 - 2001-06-17 11:40:21
  • 回答No.4
レベル6

ベストアンサー率 71% (5/7)

"The Internet Movie Database"の「シャイニング」の記事によれば、「"Here's Johnny!"はニコルソンのアドリブだった」と書いてあります。 残念ながら「ジョニー・カーソン・ショー」については触れられていませんでしたが、ニコルソンのアドリブであったとすれば、PEPSIさんの「キューブリックがTVネタを織り込むだろうか?」 ...続きを読む
"The Internet Movie Database"の「シャイニング」の記事によれば、「"Here's Johnny!"はニコルソンのアドリブだった」と書いてあります。
残念ながら「ジョニー・カーソン・ショー」については触れられていませんでしたが、ニコルソンのアドリブであったとすれば、PEPSIさんの「キューブリックがTVネタを織り込むだろうか?」という疑問に対する回答になるかもしれません。
お礼コメント
bailbonds

お礼率 64% (135/209)

詳しい所調べていただいてありがとうございます。あのセリフがインタビューの対象になるという事は、あの場面であのセリフというのがとてもインパクトがあったという事でしょうか。(私だけでなく)キューブリックがTVネタだと知ったとしたらどうなっていたのでしょう。
投稿日時 - 2001-06-19 10:59:20
  • 回答No.5
レベル6

ベストアンサー率 71% (5/7)

再度の書き込みになりますが、ニコルソン自身がインタビューで答えているそうです。引用します。 "In interviews, Nicholson claims that the "Here's Johnny!" line was his suggestion, and that Kubrick had been out of the country for so l ...続きを読む
再度の書き込みになりますが、ニコルソン自身がインタビューで答えているそうです。引用します。
"In interviews, Nicholson claims that the "Here's Johnny!" line was his suggestion, and that Kubrick had been out of the country for so long he didn't know that it came from Johnny Carson."

つまりあの台詞はやはりニコルソンからの提案であって、当時母国を長いこと離れていたキューブリックは、それが「ジョニー・カーソン・ショー」の台詞であることを知らなかった、ということです。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ