-PR-
締切り
済み

空気のような存在って??

  • 暇なときにでも
  • 質問No.90223
  • 閲覧数3667
  • ありがとう数6
  • 気になる数1
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 40% (31/76)

男の人にとって結婚もする前から、彼女が一緒にいてあたりまえ、空気のような存在ってどうなんでしょう?
つき合いが長くなると、そういうもんなんでしょうか?
通報する
  • 回答数7
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全7件)

  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 18% (163/876)

いなくなったら酸欠で苦しくなる必要不可欠な存在です。私も今その状態(空気側)です。そして、そういうもんだと思っています。付き合いはじめの熱心さとかは見られないんですが、大切にされてるのはわかるのでよしとしています。
いなくなったら酸欠で苦しくなる必要不可欠な存在です。私も今その状態(空気側)です。そして、そういうもんだと思っています。付き合いはじめの熱心さとかは見られないんですが、大切にされてるのはわかるのでよしとしています。
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

こんにちは。 >空気のような存在 って、意味が二通りあると思うんですが・・・ 1,全然存在を感じない。 2,ないと死ぬ。 私は2的に思うので、それは大切な人という意味になります。(^^ゞ
こんにちは。

>空気のような存在

って、意味が二通りあると思うんですが・・・

1,全然存在を感じない。
2,ないと死ぬ。

私は2的に思うので、それは大切な人という意味になります。(^^ゞ
  • 回答No.7
レベル5

ベストアンサー率 20% (1/5)

 自分と他人との距離の分け方の一つとして「身内(家族)」か「そうでない」かで分けることが出来ると思います。一番の「身内」はやはり両親ではないでしょうか?(兄弟でもいいですけど)  あなたは家族に対して「居て当たり前」と感じませんか?「家族だから大目に見てよ」と思いながら友人には出来ないような事をしたりした経験はありませんか?反抗期の頃の自分を思い出してもいいでしょう。連絡も無しにいつもよりも遅く帰っ ...続きを読む
 自分と他人との距離の分け方の一つとして「身内(家族)」か「そうでない」かで分けることが出来ると思います。一番の「身内」はやはり両親ではないでしょうか?(兄弟でもいいですけど)

 あなたは家族に対して「居て当たり前」と感じませんか?「家族だから大目に見てよ」と思いながら友人には出来ないような事をしたりした経験はありませんか?反抗期の頃の自分を思い出してもいいでしょう。連絡も無しにいつもよりも遅く帰ってきた自分に対して、「どこで何やってたんだ!心配したんだぞ!」と怒る両親に「親なんだから自分の子供ぐらい信じろよ!」と思った事があるのではないでしょうか?簡単に言うと「血がつながってるんだからこのぐらい言わなくても分かってよ」ぐらいの気持ちです。

 付き合いが長い二人から「彼(女)が冷たくなった。」という話をよく聞きますが、これに対して「相手は自分の事を家族のように思ってくれている」と+に捉えてみませんか?こんな時はあなたが望む望まないは別として、ひとまず彼との距離がこんなに縮まったのだと喜ぶべきなのかもしれませんね。まぁあなたが望んでないのであれば「身近に思ってくれてるのはうれしいけど・・・」と改善を迫るといいのでは?

 長々と書いてしまいましたが・・・成功を祈ります。
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 28% (21/75)

空気のような存在とは、居る時は、そんなに気にならないんだけど(悪い意味じゃなく)居なくなれば死んでしまうような、必要不可欠な存在じゃないかと思っています。 「お前は俺に取ったら、空気みたいな存在」そう言われて、大概の女性は(わたしもそうだったんですけど)むっ、としますよね。どういう意味?と思いますよね。 でも、結婚した今は、それがベストな関係かな?と思います。同じ部屋で違うことをしていても、ほとん ...続きを読む
空気のような存在とは、居る時は、そんなに気にならないんだけど(悪い意味じゃなく)居なくなれば死んでしまうような、必要不可欠な存在じゃないかと思っています。

「お前は俺に取ったら、空気みたいな存在」そう言われて、大概の女性は(わたしもそうだったんですけど)むっ、としますよね。どういう意味?と思いますよね。
でも、結婚した今は、それがベストな関係かな?と思います。同じ部屋で違うことをしていても、ほとんど気にならないんです。夫は夫の趣味を、わたしはわたしの趣味を、心行くまで楽しめるんです。一緒に何かをする時はする時で、別々に何かをする時はする時で、ちゃんと楽しめる。相手に合わせたり、相手に合わせて貰ったり、気を使いあっているようじゃ、疲れますから。そのうち、無理が祟って、一緒にいられなくなりますから。付き合いが長くなり、恋愛感情が落ち着いてきた頃に、もう必要ない!と思われるか、以前のような燃え上がるような感情はなくても、一緒にいたい!と思われるか、結局、どちらかでしょう。結婚する前でも、結婚してからでもそう、そうなる(空気のような存在になる)ことこそ、長続きの秘訣では、と思います。いつまでも、ドキドキではいられないと思います。

その状態で浮気をする男性もたまにおられますが、その男性には、落ち着くのはまだ早かったというだけの話で・・・恋愛の行き着く場所は、そこ(空気のような存在になる)なのではないでしょうか。
  • 回答No.6
レベル7

ベストアンサー率 17% (3/17)

イイ意味で言うと、 「君といることが、自然」 とか 「いないと困る」 とか 「気を使わない、リラックスしたような感じで  いられる」 とかかな....。 でも、それは付き合いの長ければそう思うって 訳じゃないと思います。 しかし、「空気のような存在」と言う事で、 当たり前すぎて、相手がいることを感謝しなくなる のは問題.....。自分も気を付けよう...と、 時々反省する ...続きを読む
イイ意味で言うと、
「君といることが、自然」
とか
「いないと困る」
とか
「気を使わない、リラックスしたような感じで
 いられる」
とかかな....。

でも、それは付き合いの長ければそう思うって
訳じゃないと思います。

しかし、「空気のような存在」と言う事で、
当たり前すぎて、相手がいることを感謝しなくなる
のは問題.....。自分も気を付けよう...と、
時々反省するのです。
「一緒にいてくれて、ありがとう」って。
  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 22% (214/970)

困った彼ですね。 結婚前から彼女が空気のような存在なんて。 空気って普段は全然気にしない。だけど無くては生きて行けない。ということなんですが、前者が曲者。浮気しようが何しようが勝手次第という意味が込められています。 衣・食・住のごとく常に必要との認識が欲しいものです。 付き合いの長さなんて関係ありません。 彼女を空気みたいな存在なんていう男は同性ながら許せない。
困った彼ですね。
結婚前から彼女が空気のような存在なんて。
空気って普段は全然気にしない。だけど無くては生きて行けない。ということなんですが、前者が曲者。浮気しようが何しようが勝手次第という意味が込められています。
衣・食・住のごとく常に必要との認識が欲しいものです。
付き合いの長さなんて関係ありません。
彼女を空気みたいな存在なんていう男は同性ながら許せない。
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 21% (74/339)

普通付き合いの長さで当たり前という感覚はないかと思いますが、付き合いをしていて鬱陶しく付きまとわれるのが嫌だという男性はいますね。 そう言う人にとっては、結婚する女性は空気のような存在であるかもしれません。 まあ、二通りの考え方はあるようですが、まさにその二通りです。 必要なんだけど感じられないくらいの方が付き合いやすい、大体仕事がハードな人にこのタイプが多いようですね。 疲れているときに鬱陶しく ...続きを読む
普通付き合いの長さで当たり前という感覚はないかと思いますが、付き合いをしていて鬱陶しく付きまとわれるのが嫌だという男性はいますね。
そう言う人にとっては、結婚する女性は空気のような存在であるかもしれません。
まあ、二通りの考え方はあるようですが、まさにその二通りです。
必要なんだけど感じられないくらいの方が付き合いやすい、大体仕事がハードな人にこのタイプが多いようですね。
疲れているときに鬱陶しく構われたくないよ、と言う感じでしょうか。
かつて企業戦士と言われていた人々はこうして地位を築いてきたのではなかったでしょうか。
極端な人の例では周囲の見合いの勧めに乗ってそのまま結婚と言う話も聞いたことがあります。
彼のどこに惚れたかもう一度洗い直すのも貴方のとるべき方法ではないでしょうか。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
辛かった!うまくいった!自分ならこうする。体験や感想を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ