総ありがとう数 累計4,308万(2014年11月23日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
saku3939

かなり前から、足の付け根(パンツの端が当たる部分)と脇の下が腫れて膿がでるという状態が続いています(腫れてくるのはたいがい同じ場所です)。医者にもかかったのですが、抗生物質と塗り薬を出してくれるだけで、その時は良くなるのですがまたしばらくすると再発してしまいます。
腫れてくるとガーゼか何かをして、直接擦れないようにしないと痛くて動かせない状態です。だいたい一週間くらいは痛みが続きます(ひどい時は二週間くらい)。再発してくる時期は、ほぼ生理前です。
なにか治すのにいい方法があったら教えてください。また、皮膚科のいい病院があったら教えてください。
よろしくお願いします。
  • 回答数5
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全5件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2001-07-02 13:03:24
  • 回答No.4
私も同じ症状にかつて悩みました!10年間飼った後、外科で切除しましたよ。
正式名称は何だか難しい名前でした。忘れてしまいました。ごめんなさい。

中学生の時に出来てしまいまして、(足の付け根です。しかも両方・・・。)数々の皮膚科を廻りました。その度に抗生物質等で散らしてくれはしましたが、根本的な解決にはなりませんでしたね。

後で知ったのですが、皮膚科と外科では治療の考え方が違うんですね。それを知るまで実に長い10年間でしたよ。

基本的には切除しか無いと私の経験では思います。傷跡は、残ります。しかし、多分、今の患部は腐った刺身色してると思いますが、それよりマシだとは思えるでしょう。
 
術後に、あるステロイド剤を塗ると傷跡の回復に効果あるって聞きましたが、ステロイド剤はちょっと怖いかなー。(確証が無いことなので、ここは噂程度に聞き流して下さい。)

手術した病院は、今は無いので、紹介出来ないのが残念です。ただ、その時のお医者さん(いい人でしたー。)の説明によると、一言で言うと体質的なものだそうです。

初診、事前の血液検査、手術(局麻)、経過観察3回で治療は終わりました。saku3939さんも決心がついたたら、是非外科に行って下さい。成功をお祈りしています。
お礼コメント
外科ですか~ なるほど。全然頭にありませんでした。
実は1回手術してるんです。確かに傷痕はほとんど残りませんでしたし
その場所から再発する事もありませんので結果的には良かったんですが
私の場合何個所もあるんですよ。(両脇、脚の付け根(リンパ腺?のところ))
なので何個所も手術するのはどうかなぁって考えてて踏み切れないんです。
腐った刺し身色!これは全く云い得て妙ですね(笑)
確かに抗生物質はきかないですね。その時はいいんですが・・・
同じ病院の違う先生にみてもらった時には、ホルモン剤の注射を薦められました。
ちゃんとした説明もしないでいうので信用できず、以来その病院には行かなくなりました。
今もまた出てきているのでいい病院を探して行ってこようと思います。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-07-03 10:48:08
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全4件)

  • 2001-06-12 11:00:53
  • 回答No.1
病院に行かれたということですが、そのときは何の説明も
なかったのですか?
なぜ再発をするのか、どうすれば完治するのか、しっかりと
説明してもらわないと、いつまでたってもそのままでしょう。

素人が判断するのは危険なのですが、粉瘤(ふんりゅう)の
可能性もあります。
詳しくは、参考URLをご覧ください。
どちらにしろ、ちゃんと説明してくれる別の病院に
行かれることをお勧めします。
お礼コメント
ありがとうございます。ちゃんとした病院を探していってこようと思います。
投稿日時 - 2001-06-13 09:38:34
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2001-06-12 12:37:15
  • 回答No.2
saku3939さんの書かれているのを読んだ限りでは
この皮膚科のお医者様は抗生物質と塗り薬を出してくれるだけ
というのではおあまり信用が出来ません

皮膚科ではなく外科か内科に行かれてみてはいかがですか
何科に係るのが一番良いか総合病院で尋ねてみるのも良いかも知れません
お礼コメント
確かにあまり信用できる所ではありませんね(笑)。
一応、大きな総合病院に行っているんですが、大きい病院がいいとは限らないので
いい病院を探してみます。ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-06-13 09:41:18
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2001-06-12 13:03:53
  • 回答No.3
参考URLに写真があるんですが、こんな感じではないですか?
もしそうなら「粉瘤」かもしれません。
皮膚の下に袋が出来て、そこに黄白色の膿のようなものがたまり、ふくれてきます。膿はとっても臭いそうです。

友人は皮膚科で抗生物質を貰っていましたが、何度も出来るのと(袋が残っていると何度でも出来るらしい)すごく大きくなってきたので、紹介してもらった形成外科で切開して膿?を出してもらっていますが、完治する為に袋ごととってもらう手術?を受けることにしたそうです。
お礼コメント
そうですね。確かに写真と似たような感じです。jj3desuさんのお友達と症状はまったく同じですね。ただ切ってもらうのはいいんですけど、何個所もあるのでどうかなとは思ってるんです・・・
ただ、どんなものかは分かったのでいい病院を探して聞いてみます。
とっても参考になりました。どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-13 09:48:59
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2001-07-03 12:57:08
  • 回答No.5
再登場させていただきます。

すでに一度手術は受けられているのですね。

先日の回答をした後、一晩唸って、術後に受けた先生の説明を、おぼろげですが思いだして来ました。

それによると、私たちは、胎児の時に細胞分裂をたくさん繰り返して肉体を作ったのですが、その時に完全な組織になりきれなかった未完成の細胞が、身体のあちこちに散らばっているそうです。

それらは、何事も無ければ死ぬまで沈黙したままですが、頻繁な刺激を受けると、身体が異物と判断し、何らかの拒否反応を始めることがあるそうです。

排出が一番でしょうが、それが難しい場合は、細胞を増殖させるなりして障壁を築くと言うのも、身体の作戦の内なのでしょう。

私たちは、これに悩んじゃっている訳ですね。はー。

さて、その刺激ですが、日常生活においては、身体を動かす上で必然的に起こる摩擦と、衣服による摩擦が考えられると思います。

私は、どうやら脇の下には、出来損ない君がいなくて助かったようなのですが、saku3939さんは、ちょっと残念な結果になってしまったようです。

そして、強引に結論に持ち込みますと、これまで生活してきて、出るべきところに粉瘤は出尽くした頃だと思われます。(私は、切除後はもう発生してません。)

だから、今こんにちわしているところを取ってしまえば、一応の決着はつくと思うのです。

飼っておいても、自然治癒はあり得ないし、膿がでる毎に大きくなって行くコイツラの性質を考慮すると、妥当な線だと思うのですが・・・。その分傷も大きくなりますしね。

ところで、手術方法ですが。
普通の総合病院だと、審美的にかなう手術を求めるのは難しいですよね。私は足の付け根だけだったから妥協しましたが、問題は脇の下ですよねー。

脇の下は、美容外科のわきが治療の術式を応用できるんじゃないですか?あれは、切開しても傷跡が残らないって宣伝してますし。(完全な回復には数年を要するのでしょうが。)

ただ、保険が効かないですよね。わきがの症状じゃないのに受けてもらえるかも不明ですし。でも、相談してみたらいかがでしょう。皮下組織を切除すると言う点では、似たようなものだと思うので。

長い長い回答文になりまして失礼しました。
お礼コメント
再度ありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ございませんでした。
色々とURLを参照してみましたが、1件、形成外科でメールで相談できるという所がありましたので、ご相談したところ、やはり粉瘤で完治させるなら手術しかないとのご返事を頂きました。1回につき2個所位づつ手術すればいいとの事でした。
今は暑い時期のため、涼しくなったら一度そこに行って見ようと思っています。
色々とありがとうございました。
投稿日時 - 2001-07-17 13:24:23
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数5
  • 気になる数0
  • ありがとう数10
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ