-PR-
解決
済み

内航海運の船員問題について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.88536
  • 閲覧数754
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1/1)

内航海運では船員法と内航海運事業の許可等で日本人しか雇うことができなく
なっているそうなのですが、具体的にどの条項がそれにあたるのか教えて下さい。
もし、外国人を乗せるとしたらどの法律がネックになるのでしょうか。
また、内航の船員問題に詳しい方いらっしゃいましたら、何かアドバイスを頂けたら幸いです。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 外国人を日本船籍の船に乗船させるのは、船舶職員法がネックになりますので、便宜船籍国に船籍を移したり、マルシップ制により、競争力を高めたりしています。しかし、数次の船舶職員法の改正により、外国人にも乗船させる道が開かれました(法20条)。

(用語)
http://www.jsu.or.jp/jsu/yougoe.htm
(船舶職員法)
http://www.blsa.co.jp/marinelife/MarineLifeHeadline.files/iroiro/houki/senpakusyokuin_hou.html
お礼コメント
1979-yuji

お礼率 100% (1/1)

ありがとうございました。卒研のテーマで内航海運の船員問題について研究しようと考えていますが、大変参考になりました。インターネット上では、船舶関係のページが少ないためとてもありがたいです。また解らないことがあると思いますのでよろしくお願いします。。
投稿日時 - 2001-06-12 16:12:00
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ