-PR-
解決
済み

既婚未婚で表記を変える訳

  • 暇なときにでも
  • 質問No.87688
  • 閲覧数510
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 97% (40/41)

以前から疑問に思っていたのですが、英語の“ミス”“ミセス”だけ
でなく、スペイン語やフランス語でも既婚未婚で表記を変えていますよ
ね。個人的には今の時代にそぐわない表現だと思うのですが、何故まだ
こういう言葉が残っているんでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

社会生活を営む上で女性の既婚未婚は大きな意味があったため、呼び方の区別が生まれ、やがて書き方に取り入れられた結果だと思います。たしかに世の中は区別しない方向に動いています(英語のMs.への統一の動き)が、これまでの習慣から完全に抜け出すには、まだ50年や百年はかかると思います。あるいは米国の動きに追随する国(民族)はほとんどないかもしれません。日本は便利な「様」の存在で米国以上に男女も既婚未婚も関係ないので、この文化を輸出すべきかも・・・

仮に習慣が変り呼称が統一されても、既婚未婚を区別する新しい習慣が生まれる可能性があります。どの民族でも既婚未婚の区別は、髪型、衣服、化粧の仕方などで区別してきました。現在でも、結婚指輪、姓の変更などで既婚を表す一方、古い習慣を残す地域もあります。

こうして見ると、呼称の変更にはほとんど意味がなく、米国で男女同権運動の中で女性が勝ち取った象徴にすぎないような気もします。世界的にみればMs.は少数派ですね。
お礼コメント
Qcafe

お礼率 97% (40/41)

 ご回答ありがとうございます。私も年齢・性別・既婚未婚の区別のな
い“さん”“様”は今の時代にふさわしい表記だと思います。

>仮に習慣が変り呼称が統一されても、既婚未婚を区別する新しい習慣
>が生まれる可能性があります。

 質問した時はここまで考えなかったのですが、確かにmartinbuhoさん
がおっしゃるように「社会生活を営む上で女性の既婚未婚は大きな意味
がある」という発想がなくならない限り、呼称が変わるだけでは意味が
ないですよね。
投稿日時 - 2001-06-10 16:50:06
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

それに代わる表記がない、もしくは普及していないからではないでしょうか。 英語では「ミス」「ミセス」ではないく「ミズ」を使おうという運動?がありました。 一部で(大学等)「ミズ」は普及したという言葉も聞きます。 が、私は実際を知らないので正確なことはいえません。 男女平等と言われて久しいですが、実際はまだまだなのかもしれませんね。 ...続きを読む
それに代わる表記がない、もしくは普及していないからではないでしょうか。

英語では「ミス」「ミセス」ではないく「ミズ」を使おうという運動?がありました。
一部で(大学等)「ミズ」は普及したという言葉も聞きます。
が、私は実際を知らないので正確なことはいえません。
男女平等と言われて久しいですが、実際はまだまだなのかもしれませんね。
お礼コメント
Qcafe

お礼率 97% (40/41)

 早速のご回答ありがとうございます。

>代わる表記がない、もしくは普及していないからではないでしょうか。

 北米やヨーロッパ諸国の方が同棲カップルが多い&男女平等意識が強
いイメージがあるものの、日本語でいう“さん”“様”にあたる表現が
普及しないのか、不思議に思って質問した次第です。martinbuhoさんが
おっしゃるように“ミズ”まだ少数派ですし…。
投稿日時 - 2001-06-10 16:49:28


  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 38% (7/18)

これは私の勝手な推測にすぎないのですが。  男性が結婚相手の女性を選び、女性が男性に選ばれることが当然だった社会や時代では、男性の未婚・既婚は区別する必要はなく、逆に女性の場合は一目瞭然でなければならなかったということもあるのではないでしょうか。呼称で未婚かどうかわかればそれを知るまでの手間が省けて効率的ですよね。    それから参考までにドイツ語について。  元々ドイツ語では未婚女性を Fr ...続きを読む
これは私の勝手な推測にすぎないのですが。

 男性が結婚相手の女性を選び、女性が男性に選ばれることが当然だった社会や時代では、男性の未婚・既婚は区別する必要はなく、逆に女性の場合は一目瞭然でなければならなかったということもあるのではないでしょうか。呼称で未婚かどうかわかればそれを知るまでの手間が省けて効率的ですよね。
 
 それから参考までにドイツ語について。
 元々ドイツ語では未婚女性を Fraeulein(フロイライン)、既婚女性がを Frau(フラウ)で呼んでいました。
しかし最近では、自立した大人の女性に対して Frau を使うことが多く、Fraeulein と呼ばれるのだいたい高校生くらいまでのようです。
未婚だからといって Fraeulein を使うと相手を一人前と見ていないということにもなり、失礼に当たるとききました。
15~16年前、私も周囲の友人も(ほとんと20代・未婚)、当時習っていたドイツ語の先生から Frau と呼ばれてました。
 とは言っても、それが全てに行き渡っているところまではいってないようで、未婚女性に対しては年齢に関係なく、Fraeulein を使う人もいます。
現に私が30代になってドイツ語を教わった先生からは、私が Frau と呼んでほしいと言っても、「未婚だから」ということで、Fraeulein と呼ばれ続けましたし。
 ただ私の少ない経験に限って言えば、自分が Frau で呼ばれることが圧倒的でした。私も全ての大人の女性に対して Frau を使ってます。

 個人的には、各言語での表記上の未婚・既婚の区別はなくなってほしいなあ、と思ってます。

 
 
お礼コメント
Qcafe

お礼率 97% (40/41)

 ご回答ありがとうございます。ドイツ語の表記については知らなかっ
たのでとても参考になりました。

>しかし最近では、自立した大人の女性に対して Frau を使うことが多く、
>Fraeulein と呼ばれるのだいたい高校生くらいまでのようです。

 確かに女性の表記に関しては人によって使い分ける判断が違うな~と
感じることがあります。実は私も20代後半という年齢もあってか(?)実際
は未婚ですが、外国では既婚の表記で呼ばれることが多くなりましたし
…。(^^;) “自立した大人の女性”と良い意味で使われている分にはい
いんですけどね。
投稿日時 - 2001-06-10 16:50:46
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ