OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

西暦&1日の長さについての素朴な質問

  • 暇なときにでも
  • 質問No.843
  • 閲覧数100
  • ありがとう数22
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 0% (0/7)

いとこの子供に”西暦”ってだれがきめたの??”と聞かれ、言葉に詰まりました。
そしてさらに追い討ちをかけるかのように”一日24時間って誰がどういう風に決めたの?”との質問を…
誰か答えを知ってたら教えてください。
お願いします!
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 32% (51/156)

むむぅ、さすがはお子様ですね。本質的にして鋭いことを訊いてきやがる(笑) こういうのがあるから、子供と話をするのは面白いんですよね。 って、感心している場合ではなく、私なりの解釈を以下に。 >西暦 これはつまり、西暦という言葉のいわれのことでしょうか? それとも、誰が「D.C.0001」を規定したのか、ということでしょうか? 言葉のいわれについてまでは分かりませんが、これって単純 ...続きを読む
むむぅ、さすがはお子様ですね。本質的にして鋭いことを訊いてきやがる(笑)
こういうのがあるから、子供と話をするのは面白いんですよね。

って、感心している場合ではなく、私なりの解釈を以下に。

>西暦
これはつまり、西暦という言葉のいわれのことでしょうか?
それとも、誰が「D.C.0001」を規定したのか、ということでしょうか?
言葉のいわれについてまでは分かりませんが、これって単純に
西洋の暦
ということですよね。
言いだしっぺはいるのでしょうが、自然発生的な言葉のような気が…
…やはり、歴史とかの専門家の回答が必要ですね、コリャ(爆)
D.C.0001の規定については、政治的な要因が合ったとか、
このサイトでも取り上げられていましたよ。
こちら↓がヒントになるかもしれません。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru_reply.php3?question_id=612

>24時間
こっちは、「誰が、一日を24分割したのか?」ということですよね?
これって実は、かなり興味深いのでは?
確かに24分割する方法は西洋からの輸入文化なのでしょうけど、
日本にしたっても、古来から12分割していたわけで、
(昔の言葉での「一時(いっとき)」「半時(はんとき)」は、「二時間」「一時間」ですから)
さらに言うと、一年も12分割されいてるのですよね。
まあ、日本の12分割は、大陸からの輸入なのかも知れませんが、
んでは、なぜ大陸でも12分割? ということになりますし。

…ひょっとして、人類の共通深層意識なのか?

申し訳ありませんが、私ももっと詳しく知りたくなりました。
専門家の方、見てましたら助けてください。


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 50% (10/20)

かなり細かくなりますがお答えします。しかし、お子様への回答には使えないのでは・・・ “西暦”は、530年ごろ、シリアのディオニュシウス・エクシグウスがキリストの生年を推算し、A.D.1年とした。しかし、この推算は誤りで、実際の生年は、前4年~前7年とされる。とあります。  ちなみに、紀元とは“西暦”以外にも、イスラムのヒジュラ暦、フランスの革命暦、日本の紀元節(神武紀元)等あり、歴史年代学の紀 ...続きを読む
かなり細かくなりますがお答えします。しかし、お子様への回答には使えないのでは・・・

“西暦”は、530年ごろ、シリアのディオニュシウス・エクシグウスがキリストの生年を推算し、A.D.1年とした。しかし、この推算は誤りで、実際の生年は、前4年~前7年とされる。とあります。

 ちなみに、紀元とは“西暦”以外にも、イスラムのヒジュラ暦、フランスの革命暦、日本の紀元節(神武紀元)等あり、歴史年代学の紀年法の基準となる年のことです。

また、“一日24時間・・・”については、
一日の分割法は古代文明の時代(紀元前2000年ころ)から、バビロニアでは12、エジプトでは24、中国では96分割が行われていた。現行の60進法による時分秒の体系はバビロニアに由来する。とあります。

ここからは私の推察ですが、最古の科学である天文学もこのころからあり、天文学=黄道十二宮や角度の考え方(360度・60分・60秒)からの影響によるのではないかと思われます。

現代の時刻も、平均太陽時や恒星時が用いられており、今も昔も時刻と天文学とは切っても切り離せない関係なのでしょう。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

1日24時間については yuji69 さんの説のとおりと思います。西暦については、本来はキリスト教歴というべきものであって、ヒンドゥ、イスラム、ユダヤなど宗教によって異なる暦が使われています。今年を2000年といって大騒ぎしていたのは基本的にキリスト教の国だけで、その証拠にエルサレムを訪問したパウロ氏はまったく相手にされていませんでした(イスラムでもユダヤでも今年は何の節目でもない年なので)。日本でも太平 ...続きを読む
1日24時間については yuji69 さんの説のとおりと思います。西暦については、本来はキリスト教歴というべきものであって、ヒンドゥ、イスラム、ユダヤなど宗教によって異なる暦が使われています。今年を2000年といって大騒ぎしていたのは基本的にキリスト教の国だけで、その証拠にエルサレムを訪問したパウロ氏はまったく相手にされていませんでした(イスラムでもユダヤでも今年は何の節目でもない年なので)。日本でも太平洋戦争終結までは独自の暦を用いていました。零戦、九七艦攻、九九艦爆等のように暦の下2桁をネーミングに利用していることからもわかると思います。
現在、世界の中心となっているのがキリスト教を信仰する西洋諸国であるため、西暦が日本でも採用されているわけです。
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 52% (57/109)

 私は、24時間について少し。 ギリシア哲学には、ハルモニアという概念があります。英語ではハーモニーです。これは、存在は数理的であるとするピタゴラス派によって音響数理的な理論として考えられました。これは12との比によって音階・音楽を把握します。これがギリシア思想に浸透し、音楽の理論を超えて、数学、幾何学、天体運動をつかさどり、美しい建築物や美術品に使われる比率などにも応用され、万物に共通する比率がハルモ ...続きを読む
 私は、24時間について少し。
ギリシア哲学には、ハルモニアという概念があります。英語ではハーモニーです。これは、存在は数理的であるとするピタゴラス派によって音響数理的な理論として考えられました。これは12との比によって音階・音楽を把握します。これがギリシア思想に浸透し、音楽の理論を超えて、数学、幾何学、天体運動をつかさどり、美しい建築物や美術品に使われる比率などにも応用され、万物に共通する比率がハルモニアであると考えらてゆきました。プラトンなどは、ハルモニアをイデアの存在形式であるとしています。古代の天文学や建築学や数学に影響を与え、また時代が移って、ルネッサンスの建築物などにも如実に影響を与えています。
 ヨーロッパ近辺では、ここから来ていると考えても、まあ、良いとしても、他の文化圏では? 本当に不可知な真実であるイデアが元にあるのでしょうか?
 ここから、私の推測です。大もとは、月の周期ではないでしょうか? 自然界では、概月周期に従って行動する動物がたくさんいます。人間でも、女性の月経などはそうです。
これを、季節が一巡する1年で見た場合、自然的に12進法的な発想が生まれたのでは、ないでしょうか? まあ、大雑把な説ですが…。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ