-PR-
解決
済み

COD試験に必要な試薬

  • 暇なときにでも
  • 質問No.84226
  • 閲覧数753
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 94% (117/124)

COD・BOD測定をするのに必要な試薬がしりたいのですが。
(必要な試験器具もわかれば… まだ器具が全部
 そろっていないような気がしまして。)

準備しておけと言われたのですが
衛生実験指導書が今手元にないのです。

簡単に試薬一覧を教えていただけたら うれしいです。
サイトでもかまいません
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 34% (88/257)

とりあえず、CODはすぐみつかりました。↓
お礼コメント
nejiji

お礼率 94% (117/124)

素早い回答ありがとうございます。
私は探すの下手ですね~
見つけられませんでした…
またよろしくお願いいたします
投稿日時 - 2001-06-01 17:35:34
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 27% (10/37)

基本的には、日本工業規格(JIS)のK0102番の規格書(工業排水試験方法)を読むべし!です。この中にはCODの測定方法として4つほど載っていますが、inorganicchemistさんの示されたのは、その中でも(国内では)一般的な「100℃加熱 過マンガン酸カリウム参加法」です。 BODは、「5日間にどれだけ微生物によって酸素が消費されるか」を調べますが、微生物の入った溶液の調製方法はひとつですが、1 ...続きを読む
基本的には、日本工業規格(JIS)のK0102番の規格書(工業排水試験方法)を読むべし!です。この中にはCODの測定方法として4つほど載っていますが、inorganicchemistさんの示されたのは、その中でも(国内では)一般的な「100℃加熱 過マンガン酸カリウム参加法」です。
BODは、「5日間にどれだけ微生物によって酸素が消費されるか」を調べますが、微生物の入った溶液の調製方法はひとつですが、1日目と5日目の溶存酸素濃度を調べる方法には幾つか有ります。
溶液の調製には塩化カルシウムや塩化鉄等4つの物質のそれぞれの希薄溶液が必要になります。(済みませんが、資料は職場にあるため物質名は不明です)
次に溶存酸素濃度を調べるための方法ですが、最も一般的なのは隔膜電極を使用した「溶存酸素計」による方法です。この場合には試薬は不要です。化学的な分析法で一般的なのは「ウィンクラー アジ化ナトリウム変法」です。これに必要な試薬は、硫酸マンガン、水酸化カリウム、ヨウ化カリウム、アジ化ナトリウム、硫酸、チオ硫酸ナトリウム、デンプンです。
お礼コメント
nejiji

お礼率 94% (117/124)

丁寧な回答ありがとうございます。
参考にさせていただきました

またよろしくお願いします
投稿日時 - 2001-06-14 12:42:36


  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 31% (44/139)

まず、COD・BODの試験器具から・・  1.三角フラスコ(共用)  2.ビュレット(共用)  3.定温機能があるウォーターバス(共用)  4.ふらん瓶(BOD)  5.インキュベーター等の恒温器(BOD)  6.エアレーション装置(BOD、金魚水槽のブクブ    クするやつ、正式名称は?)  7.温度計、駒込ピペット(BOD)  8.分注器(あれば便利) 次に試薬ですが、COD ...続きを読む
まず、COD・BODの試験器具から・・

 1.三角フラスコ(共用)
 2.ビュレット(共用)
 3.定温機能があるウォーターバス(共用)
 4.ふらん瓶(BOD)
 5.インキュベーター等の恒温器(BOD)
 6.エアレーション装置(BOD、金魚水槽のブクブ    クするやつ、正式名称は?)
 7.温度計、駒込ピペット(BOD)
 8.分注器(あれば便利)

次に試薬ですが、CODについては

 1.硫酸
 2.硝酸銀
 3.シュウ酸ナトリウム
 4.過マンガン酸カリウム

BODについては、

 1.リン酸一水素カリウム・リン酸二水素カリウム・リ   ン酸一水素ナトリウム(緩衝液A)
 2.硫酸マグネシウム七水和物(緩衝液B)
 3.塩化カルシウム六水和物(緩衝液C)
 4.塩化第二鉄六水和物(緩衝液D)

 以上については、通常の河川水など清澄でpHが7程度 であれば不要です。

 5.硫酸第一マンガン
 6.水酸化カリウム・ヨウ化カリウム・アジ化ナトリウ   ム
 7.デンプン
 8.チオ硫酸ナトリウム・炭酸ナトリウム・イソアミル   アルコール

 要は、溶存酸素と同じです。

濃度や調製法については、扱う検水により違いますし、干渉物質により、上記試薬に追加がありますが基本的なところは、間に合うと思います。
お礼コメント
nejiji

お礼率 94% (117/124)

丁寧な回答ありがとうございます
参考にさせていただきました

またよろしくお願いいたします。。
投稿日時 - 2001-06-14 12:44:27
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ