• すぐに回答を!
  • 2013-12-20 18:37:41
  • 質問No.8394279
解決
済み

ガスコンロの安全装置の解除方法

  • 閲覧数2192
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0
gaitu

お礼率 41% (2230/5375)

リンナイのガスコンロを使っているのですがヤカンを空焚きしてしまいました

それから押し回すスイッチを回す所までは普段同様火がつくのですが、そこから手を離すと火が消えてしまいます

押している間だけしか火が着いててくれないのです勝手にこれは安全装置が一旦降りてしまって復旧しないままの状態なのだなと判断したのですが、復旧の仕方が分かりません

どなたか詳しい方教えてください
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • みんなの回答(全3件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2013-12-23 07:48:11
    • 回答No.3
    Aki6220 レベル7

    ベストアンサー率 53% (8/15)

    町の電気屋です。
    6750-saさんのおっしゃるようにパイロットバーナーが原因かと思われます。
    バーナーのそばに先端が丸くなった棒状のセンサーがあります。
    (センサー状の物は2つありますが、土台が白色の方は違います。)
    そのセンサーをサンドペーパーのような物で磨いてください。
    その際にバーナー部分を分解すると便利です。
    注意点としてはバーナー部分を分解するときは道具は使わないでください。
    素手で分解出来る範囲のみにしてください。
    それでも駄目でしたら購入店にご相談した方が安心です。
    ご参考までに下記サイトも参考にしてください。
    http://rinnai.jp/rinnai_life/aftercare/care_02
    • ありがとう数0

    その他の回答 (全2件)

    • 2013-12-20 18:56:15
    • 回答No.1
    barusu0126 レベル11

    ベストアンサー率 23% (66/285)

    下手にいじるよりメーカーに聞いた方がいいと思います。 http://www.rinnai.co.jp/contact/index.html
    下手にいじるよりメーカーに聞いた方がいいと思います。

    http://www.rinnai.co.jp/contact/index.html
    • ありがとう数0
    • 2013-12-20 20:22:15
    • 回答No.2
    6750-sa レベル13

    ベストアンサー率 25% (375/1491)

    電気のブレーカーのように復帰するものはありません 空焚きの際、過熱センサが破壊(ヒューズのような作用)したか パイロットバーナー(炎検知器)が変形した可能性があります 模擬パーツで特定することは出来ますが、重要安全機能なので素人作業は禁物です(パロマ湯沸かし器事故の例があります) もしバーナー付近が焼けてセンサー付近が汚れていたら清掃して直る可能性はありますが、無理っぽかったならメーカーか販売店に依頼し ...続きを読む
    電気のブレーカーのように復帰するものはありません
    空焚きの際、過熱センサが破壊(ヒューズのような作用)したか
    パイロットバーナー(炎検知器)が変形した可能性があります
    模擬パーツで特定することは出来ますが、重要安全機能なので素人作業は禁物です(パロマ湯沸かし器事故の例があります)

    もしバーナー付近が焼けてセンサー付近が汚れていたら清掃して直る可能性はありますが、無理っぽかったならメーカーか販売店に依頼してください。
    • ありがとう数0
    • 回答数3
    • 気になる数0
    • ありがとう数5
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 専門家・企業を含めた、
      多くの人々が答えてくれます
    壊れた!動かない!あなたはどう解決した?体験や経験を教えて!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ