-PR-
解決
済み

イオン結晶中の欠陥濃度

  • すぐに回答を!
  • 質問No.80101
  • 閲覧数540
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1/1)

金属の高温酸化を最近学びはじめました。
酸化物の欠陥濃度を求める際の、電気的中性条件式について
どうしても理解できなくて困っています。
例として、金属イオン不足型のNiOを考えるとします。
Niイオン空孔が-1価に解離したときの電気的中性条件が
[V'Ni]=[p](V'Ni=Niサイト上にある負に帯電した空孔 p=正孔)
であることはわかるのですが、-2価に解離した時の電気的中性条件
2[V''Ni]=[p]
が理解できません。
pは+1価なのだから、[V''Ni]=2[p]でなければ納得いかないのですが、
どの本を見ても、2[V''Ni]=[p]と書かれています。
どうしてこうなるのでしょうか?
教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

素人で間違っているかも知れませんが,マイナス電荷とプラス電荷が等しいという事ですよね。

それだと,-2価に帯電した空孔全体は -2[V''Ni] 価の電荷を持っているはずで,これに対応する電荷を1価の正孔 [p] で賄うなら,お書きの式(2[V''Ni]=[p])になると思いますが。

いかがでしょうか。
お礼コメント
creep

お礼率 100% (1/1)

あっ!なるほど!!
ようやく式の意味がわかりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-05-23 20:15:53
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ