-PR-
解決
済み

和文フォントの平仮名を変換する時、文字が少し浮き上がってしまいます・・

  • 困ってます
  • 質問No.75359
  • 閲覧数137
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

先日、シェアウェアの和文フォントを手に入れたので、
早速インストールしたのですが、不都合が出て困っています。

例えば秀丸で、そのフォントを選択し、文章を書いていくとき、
キーを打って、それをスペースキーで反転させ、変換するのですが、
反転している時、その言葉だけが、数ミリくらい、上に浮かび上がってしまうのです。
変換して、漢字を選び、確定すると、浮かび上がった文字が、また元にもどります。
MSゴシックや、MSP明朝だと、こういうことはなかったので、
何だかとても使いづらいです。

何か、対処法はありますでしょうか・・?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル4

ベストアンサー率 33% (1/3)

変換候補の表示と確定文字の表示がずれるのは秀丸エディタのみなのでしょうか?
テキストエディタの場合は表示のみの問題(印刷は別途フォントを指定する)ですので、Terminalフォントなどの固定ピッチのフォントを利用するのが、一番の解決策です。
 
お礼コメント
noname#1258

moro-aさん、ご回答いただきありがとうございます。
試しにワードパッドで、TT-堀明朝などを使ってみると、変換候補と、確定文字との表示に、
ずれは生じませんでした。
秀丸で、これらの明朝体などを使うとき、ずれてしまうのは、どうしようもないみたいですね。

うー、残念です。
投稿日時 - 2001-05-20 18:52:21
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
あなたが体験したトラブルや解決方法を共有しませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ