-PR-
  • 暇なときにでも
  • 質問No.7413121
解決
済み

テストサーバーの構築方法について

  • 閲覧数255
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 69% (25/36)

現在HTMLのファイルとCGIが同じディレクトリにあり問題なく動作しております。

レンタルサーバーによってはCGIとHTMLを別々にアップロードすることがあると思います。
単にディレクトリが分けられているのではないです。

cgiの設置場所 ← (1)http://hpcgi▲.nifty.com/■■■■■■ が参照URLアドレス

htmlの設置場所 ← (2)http://homepage▲.nifty.com/■■■■■■ が参照URLアドレス 

上記のような構成を想定しており、テスト環境を構築したいのですがどのようにすれば宜しいでしょうか?

現在はAN HTTPDを使用しております。

どうぞ宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 67% (259/386)

他カテゴリのカテゴリマスター
CGIとHTMLでサーバーが同じで、ディレクトリが違うというだけなら
CGIやHTMLのaction=やhref=を相対パスで書いてしまえば、
テストサーバーでも本番サーバーでも同じファイルがそのまま使えるので
テストもそのぶん簡単になります。

しかし、今例のように、HTMLとCGIでサーバー自身が異なるという場合は、
テスト環境を作るのは少々厄介そうですね。


案1)
プライベートLAN内に、本番と同じURLになるWebサーバーを2台を立ち上げる。
(実際にはバーチャルドメインで1台のマシンで可能)

(テスト時は、クライアント機のhostsファイルに、プライベートLAN内のIPアドレスを記述し、
本番環境をみるときはhostsファイルから削除する)

案2)
HTMLやCGI中のURL記述部は、決め打ちにしないで
HTMLはSSI、CGIはrequreで 別の設定ファイルを読み込んでURL部を確定させる。
本番機とテスト機で設定ファイルだけは内容が異なり、他のファイルは共通とできる。


案3)
HTMLやCGI中のURLはテスト機のURLの決め打ちにして、
本番環境にアップするときに、手動で 書き換える。
(更新時の修正漏れや、CGI用/HTML用のURLの取り違えなど、トラブルは多いでしょう)

という方法が考えられると思われます。
お礼コメント
newly777

お礼率 69% (25/36)

superside0 様

早々にご明瞭なご回答を頂きまして本当にどうもありがとうございました。
早速、ご教授頂いた方法で構築してみます。
投稿日時 - 2012-04-10 11:08:52
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
こんな書き方もあるよ!この情報は知ってる?あなたの知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ