-PR-
締切り
済み

疲労回復

  • すぐに回答を!
  • 質問No.73881
  • 閲覧数48
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

友達のことです。月~金まで学校の為、毎日5時起きで2時間かけてがんばっています。(学校が遠方の為)”自分で決めた道だから”と言ってくじけずに当たり前のごとく生活してますが、やっぱり体力的につらいと思うんです。バイトなどのある日は深夜0時まで働いているし、睡眠時間もまともにとれていないようで、何か
私にしてあげられることはないかな・・・と思うんですけど、具体的に疲れを
取り除いてあげられるようなことはおもいつかないし・・・。 そこで、
皆さんに意見をお聞きしたいとおもいます。 疲れが取れる料理や、その作り方
でも、疲れが取れるマッサージでも、なんでも聞かせてください。
参考にさせていただきます。(@^-^@)
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1

疲れを取るのは「睡眠」が一番だと思いますが、それが無理となれば、寝る時間を調整しましょう。人間は90分単位でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているので、寝付いてから90分・180分・270分の時に起こすのが一番スッキリ目を覚ますことが出来ます。(実際何時間くらい睡眠を取っているのでしょうか? あまりにも少ないと体に変調を来しますよ) 風呂は温めにゆっくりと・・・と言いたいところですが、そんな時間も無いの ...続きを読む
疲れを取るのは「睡眠」が一番だと思いますが、それが無理となれば、寝る時間を調整しましょう。人間は90分単位でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているので、寝付いてから90分・180分・270分の時に起こすのが一番スッキリ目を覚ますことが出来ます。(実際何時間くらい睡眠を取っているのでしょうか? あまりにも少ないと体に変調を来しますよ)
風呂は温めにゆっくりと・・・と言いたいところですが、そんな時間も無いのでしょうか? 血行を良くすれば疲れも取れると思いますが・・・シャワーだけでは駄目ですよしっかり湯船に浸かった方がいいと思います。炭酸入浴剤もいいかも知れません。
お礼コメント
noname#5156

炭酸入浴剤って、バブとかでも同じですよね? 参考になりました。(^-^)
あろがとうございました。
投稿日時 - 2001-05-10 11:59:44


  • 回答No.5
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/1)

サプリメントで疲労回復が改善されます。 結論から申し上げますと、体の中にある、ミネラル、ビタミン その他たくさんの体に必要な成分なとどが何かが欠乏したり、 不足したりして、疲労がおこるのです。ファーストふーど、炭酸コーラ 欧米の食べ物に染まっている若いものたちは必ず、疲れがとれるというのは、昭和30年~50年までの生まれた人がぎりぎり食物から 栄養成分が摂取されたとの見聞もあります。よって、補助 ...続きを読む
サプリメントで疲労回復が改善されます。
結論から申し上げますと、体の中にある、ミネラル、ビタミン
その他たくさんの体に必要な成分なとどが何かが欠乏したり、
不足したりして、疲労がおこるのです。ファーストふーど、炭酸コーラ
欧米の食べ物に染まっている若いものたちは必ず、疲れがとれるというのは、昭和30年~50年までの生まれた人がぎりぎり食物から
栄養成分が摂取されたとの見聞もあります。よって、補助食品、サプリメントから、摂取するしか現在はないかとおもわれます。
このドクターズサプリメント アスタマニアーナは博士が監修して
製造されていますので安心、安全なサプリメントです。
是非、お試しサンプルでも請求してみてのませてやってください。
必ず効果があると信じております。
私の息子は、先日東京都内述べトータル40キロちかく歩いていました。
全くつかれてはいないとのことでした。年齢は近いですよ。
マッサージと、低周波治療器はその時だけです。私もためしました。
やはり、朝昼晩、お坊さんが食べるような食事を半年すれば、疲れがてない体にはなりますが、現在では、不可能です。また、断食を1週間して、おかゆからはじめ、1か月かけて、普通食に戻すことをすれば、デトックスされるので疲れにくい体を構築するのに最良なシステムだと思いますが。
  • 回答No.3

疲れの回復には豚肉を使ったお料理が効きます。 豚肉には「疲労回復の薬」なんかにもたくさん含まれるビタミンB群がたくさん入っています。 料理する時に油を使うとさらにそのビタミンの吸収が良くなりますし、脂肪はパワーの源にもなります。 豚肉料理には簡単で食の進むおかずがたくさんあります。 とんかつ用やしょうが焼き用のロース切り身に塩こしょうしてフライパンで焼くだけでもおいしいですし、 薄切り肩ロー ...続きを読む
疲れの回復には豚肉を使ったお料理が効きます。
豚肉には「疲労回復の薬」なんかにもたくさん含まれるビタミンB群がたくさん入っています。
料理する時に油を使うとさらにそのビタミンの吸収が良くなりますし、脂肪はパワーの源にもなります。

豚肉料理には簡単で食の進むおかずがたくさんあります。
とんかつ用やしょうが焼き用のロース切り身に塩こしょうしてフライパンで焼くだけでもおいしいですし、
薄切り肩ロース肉をしょうがじょうゆにつけて焼くと生姜焼き。(マヨネーズをつけたせんキャベツを巻いて食べるとおいしいです)
チンジャオロースーも牛肉のイメージがありますが、豚肉の細切りで作ってもおいしいですよ。(作り方はレトルトのたれの裏側をどうぞ)
冷やしトマトやひややっこなど、植物性の付け合せをそえてどうぞ。

豚肉は充分に火を通して食べないと、中が赤い「ミディアム焼き」では
下痢・腹痛の原因になります。
とんかつ用の厚切り肉を使う場合には注意してください。
お礼コメント
noname#5156

豚肉ですか?!本人、肉大好きみたいなんでちょうどよいですね(^◇^)
monchan1209さんの生姜焼きにマヨをつけたキャベツを・・っての、
すごくおいしそうです。やってみます。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-05-10 12:06:46
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 17% (78/445)

低周波治療器をプレゼントしてあげれば良いと思います 値段も4000円くらいなので、高くなくて良いと思います この位の値段は、マッサージをしてもらいに行くと1回でこのくらいになるので、経済的にも良いと思います 私も疲れがたまった時に、肩と腰をマッサージするのですが、すごく疲れが解消します 特に腰に疲れがたまると、いつまでも疲れが取れないので、定期的にマッサージをしています 器械 ...続きを読む
低周波治療器をプレゼントしてあげれば良いと思います

値段も4000円くらいなので、高くなくて良いと思います

この位の値段は、マッサージをしてもらいに行くと1回でこのくらいになるので、経済的にも良いと思います

私も疲れがたまった時に、肩と腰をマッサージするのですが、すごく疲れが解消します

特に腰に疲れがたまると、いつまでも疲れが取れないので、定期的にマッサージをしています

器械があれば一人でもマッサージが出来るし、かなり体が楽になると思います

それほどお金はかからないけど、効果はすごくあるので是非試してください
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 25% (10/39)

うーん、その人大変ですねよっぽど自分のしたいことがあるんでしょうね。素晴らしいと思います。 疲れをとるには睡眠とかお風呂もありますが、チョコレートとか甘い物ってのもありますね。 でも、料理とかもいいでしょうけど、その人のちょっとでもいいから暇をみつけてあげて、ちょっと息抜きに誘ってあげたらどうでしょう? 友達なら、皆でちょっとした息抜きパーティだとかね。 普段学校、バイトでマンネリ化し ...続きを読む
うーん、その人大変ですねよっぽど自分のしたいことがあるんでしょうね。素晴らしいと思います。

疲れをとるには睡眠とかお風呂もありますが、チョコレートとか甘い物ってのもありますね。

でも、料理とかもいいでしょうけど、その人のちょっとでもいいから暇をみつけてあげて、ちょっと息抜きに誘ってあげたらどうでしょう?

友達なら、皆でちょっとした息抜きパーティだとかね。
普段学校、バイトでマンネリ化した生活が続いてるのでしょうから、普段とは違う何か違う環境での生きぬきも
大事なように思います。そうするとまた心機一転して
さて、がんばろか!ってことにもなると思いますしね。

料理やマッサージもいいですけど、ちょっとインパクトある方がその人にとっても疲れもかなりとれるように思います。

どうでしょうか。
お礼コメント
noname#5156

甘いものとは気づかなかった!!普段とは違う環境・・・?う~ん(-_-:何かあるかな???かんがえてみます。(^-^)ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-05-10 12:03:38
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ