-PR-
0725na

私は今、ビアンキのミニベロ8 2010年式に乗っています。
最近一番重いギアでも物足りなくなり、チェーンリングの交換を考えています。
フロントはシングルになってもかまわないので、60Tや62T等のチェーンリングに交換したいです。
まずは交換することが可能でしょうか?
また、チェーンリング以外に必要なパーツはあるのでしょうか?
チェーンはどんな物と交換したら良いのでしょうか?
他に不具合等おこるでしょうか?

質問ばかりで申し訳ありません。
詳しい方、ぜひ教えて下さい。

自転車は全然改造していなくて、全パーツ純正のままです。
  • 回答数1
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全1件)

    回答 (全1件)

    • 2012-02-08 18:14:08
    • 回答No.1
    もちろん60tや62tも存在しますが・・・ ミニベロ8はリアギアに12-25・フロントにノーマル(130PCD)の52tが着く車両です。 しかもミニベロの定番である 短めのクランク採用車。(165) これを60tなど着けるのはかなり無茶です。 乗り方を変えてください。 普通にミニベロを使う場合 このギア比であれば 最大52÷12=4.1位で、 クランク80rpmで回すと・・・およそ時速30kmで走れ ...続きを読む
    もちろん60tや62tも存在しますが・・・
    ミニベロ8はリアギアに12-25・フロントにノーマル(130PCD)の52tが着く車両です。

    しかもミニベロの定番である
    短めのクランク採用車。(165)

    これを60tなど着けるのはかなり無茶です。

    乗り方を変えてください。
    普通にミニベロを使う場合
    このギア比であれば
    最大52÷12=4.1位で、
    クランク80rpmで回すと・・・およそ時速30kmで走れるギア比。

    普段30km/h以上で走る!
    いや、40km/h巡航で走りたいんだ!!!ということでしたら
    55t位が適切になるかも知れません。
    =ロード同等。
    60tではギア比が60÷12=5倍のギア比。
    80ケイデンスで・・・
    35km/hとなります。
    常用域が35km/h前後なのであれば、
    是非60tを採用して
    ロードバイクより速く走ってください。

    実際の交換は、驚くほど簡単ですが
    =ギアを止めてある6角5個のボルトを外すだけ。

    で、必要になる交換部品ですが、
    まず。
    フロントギアチェンジを行うことができなくなります。
    60tなどFDの適用範囲を超えた大きさです。

    そして、チェーン長も足りません
    =いまより確実に6リンク3駒は継ぎ足す必要があり。
    FDはしかし、チェーン脱落防止のため必要になるレベルです。
    =本来は、クランクおよびBBを交換して
    フロントシングルに適切なチェーンラインにするとFDは要りませんが
    そのままギアだけ換えるのであれば
    ぎゃくに外すことはできません=チェーンが落ちる恐れが強い。

    もっとペダルをたくさんくるくる回して乗るようにしてください。
    最低でも1分間に70回転。
    できれば80回転
    時速30km巡航する人は90rpm
    レースする人は120rpm。

    シティサイクルのようにぎっこんばったん低速で回して乗る乗り物ではありません。
    お礼コメント
    ありがとうございました。
    丁寧な説明でとても参考になりました。
    投稿日時 - 2012-02-08 18:33:54
    • ありがとう数0
    • 回答数1
    • 気になる数0
    • ありがとう数1
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ