-PR-
締切り
済み

シャープ H5-01 エラー解除について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7289836
  • 閲覧数5648
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 5% (3/55)

シャープMX2600FN H5-01 エラー解除について教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 71% (1969/2770)

プリンタの修理屋です。 まず、大きな前提として、どこのメーカーでも、こういう英数字の並んだエラーコードが表示される場合は修理が必要という意味である場合がほとんどです。 なぜか「解除」と言う言葉を使われる人が多いのですけど、故障の原因を取り除けば勝手に直るのがほとんどです。 インクジェットプリンタの廃インクの問題と勘違いしている人が多いのかも知れません。 シャープは専門外のメーカーですけど、エラーコー ...続きを読む
プリンタの修理屋です。

まず、大きな前提として、どこのメーカーでも、こういう英数字の並んだエラーコードが表示される場合は修理が必要という意味である場合がほとんどです。

なぜか「解除」と言う言葉を使われる人が多いのですけど、故障の原因を取り除けば勝手に直るのがほとんどです。
インクジェットプリンタの廃インクの問題と勘違いしている人が多いのかも知れません。

シャープは専門外のメーカーですけど、エラーコードで「H」なんていう文字が入っているのでしたら、定着器関係の故障と考えて良いでしょうね。
定着器は印刷の最終工程で、静電気でトナーが付着している紙を加熱、プレスしてトナーを溶かして紙に定着させます。
ヒーターを使って200~220度くらいまで温度を上げるはずですから、ヒーターが切れて温度が上がらない、あるいは何かの加減でヒーターがオーバーヒートするなどの現象が起こりえます。
前者であればヒーターユニットか、サーモスイッチを交換しなければなりませんし、後者であれば温度船さ課ヒーターを交換するのが普通。
出張修理で、現場で修理する場合は細かい部品交換をしていると時間がかかってしまいますので、定着器ごと交換すると思います。

この手の機械は保守契約に入っていることが多く、どれだけ、どんな部品を交換してもユーザーの負担は変わらないわけですから、確実で時間のかからない方法になっていくわけです。

このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ