-PR-

解決済みの質問

質問No.7287044
困ってます
困ってます
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数4
閲覧数11579
バイクの中で一番死亡率、事故率が高いのは?
バイクの中で一番死亡率、事故率が高いのは
原付と聞いた事があるのですが
原付はたいしてスピードがでないので
そこまで危険な乗り物には見えないのですが
バイクの中で原付の事故率・死亡率は高いのでしょうか?
投稿日時 - 2012-02-05 17:13:30

質問者が選んだベストアンサー

回答No.3
古いデータですが、下記リンンクに詳しい分析がなされています。
http://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info07/info07_1.html

当時の車両1万台あたりの死亡事故発生率では125~400ccクラスが最も多く
原付は約4分の1です。

原付の死亡事故には高齢者の割合が多いのも特徴です。
投稿日時 - 2012-02-05 18:03:53
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
参考になりました。ありがとうございます。
投稿日時 - 2012-02-05 21:46:14

ベストアンサー以外の回答 (3)

回答No.4
自滅では確かに30km/h守っていれば中々死ねないかもしれません(それでも真正面から壁にぶつかれば三階から飛び降りたと同じ衝撃ですが・・・・)が、道路は色んなモノが走ってますからそうはいきません。
30km/hを守っていれば一般車制限時速60km/h道路では相対速度は30km/hですから物凄い数の自動車が追い抜いていきますから、接触の可能性は原付は凄いです。
あと決定的な事は四輪に乗っているドライバーから見れば、原付は邪魔以外の何ものでも無いので少しいたぶったれ って考えるアホがいて、そんなアホに限って下手なんで始末におえません。轢いた後避けない原付が悪い なんて言うアホまでいます。
あとぶつかった時にデカイ車体だと体の代わりに車体がクッションになりますが、原付にそれはあまり求められないと思います。
命と人生が大事なら最低でも原付二種を乗られる事を強くお勧めします。

ちなみに私の話で恐縮ですが、バイクを修理に預けたときに代車が原付 とくにスクーターの時は幾らバス代電車代が掛かろうが原付の代車は断ります 大型バイクに慣れた体で原付なんぞには恐くて乗れません マジですw
投稿日時 - 2012-02-05 18:07:10
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
お礼
大型になれてる方は原付は怖いのですね。参考になりました。ありがとうございます。
投稿日時 - 2012-02-05 21:46:54
回答No.2
バイクの中で最も乗っている人が多いのが原付だからでしょう。
それと、原付の方は安全運転をしていても事故ります…
私も原付で車に轢かれた事があります。幸い死にませんでしたが。
轢かれそうになったことは両手の数では足りません。
一度停止せずに曲がり角を曲がってくる車、速度を落とさず急カーブを曲がってくる車、はみ出しどころではなく対向車線のド真ん中を走ってまで追い越しをかける車、注意力散漫な高齢者の運転する車、内輪差を理解できていない大型トラックなどです。

車同士であれば外装の修理代を払えばすむような事故で原付の乗り手は死んだりします。
バイクに何か恨みでもあるのか、走っていると急に車体をピッタリ寄せてくる車もいます。
危険運転の車がいなくならない限り、原付の事故死亡率は高いでしょう。
歩道を走れなくなった自転車もこれから同じ運命をたどると思いますが…

危険度は他の二輪も同じですが、乗っている人が少ないと思います。
投稿日時 - 2012-02-05 17:38:28
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
乗ってる人が多いからですね。ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-02-05 21:44:00
回答No.1
数が多いですからね。
投稿日時 - 2012-02-05 17:26:21
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
そういうことですね。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-02-05 21:42:43
この質問は役に立ちましたか?
5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
バイク
-PR-

-PR-

特集

正しい方法で健康的な綺麗を手に入れよう!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

患者さんやご家族、それぞれに合ったゴールと道筋を。

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
バイク
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-