-PR-
moonsideup

1月30日に富士山こどもの国に行こうと計画中です。

ルートは富士IC→r72→R469ですが、積雪や路面凍結など、どんな感じでしょうか?

私は冬に出かけることがないのでタイヤはノーマルです。
一応チェーンは持っています。FRの4ドアセダンです。

アドバイスを頂ければうれしいです。

参考までに、富士駅からタクシーで行くと片道どれくらい料金がかかるかもわかればありがたいです。
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全3件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2012-01-13 11:29:45
    • 回答No.3
    通常なら積雪も凍結もなくノーマルタイヤで大丈夫です。
    こどもの国あたりではたまに雪が降ることがあり(1冬2~3回位)、この時はこどもの国の前の道(R469)はチェーン規制になりますので念のためチェーンは持って行った方がいいでしょう。一昨日の夜雪が降りましたが現在はもうノーマルタイヤで大丈夫です。

    富士駅からこどもの国までのタクシー料金ですが調べてみたら
    \5,630~\7,240 約40分
    と出ました。
    お礼コメント
    大変参考になりました。私は静岡市の人間なので、最悪戻って出直すことにします。
    投稿日時 - 2012-01-14 15:24:31
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全2件)

    • 2012-01-13 09:52:05
    • 回答No.1
    こちらはごらんになったと思いますが http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1220729.html
    こちらはごらんになったと思いますが
    http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1220729.html
    • ありがとう数0
    • 2012-01-13 10:59:45
    • 回答No.2
    子供の国は、ご存知太平洋気候なので、都内の雨が雪に なるかに関係してくると思います。雨が降ることなく、このまま 立春とは言いがたく、太平洋沿岸を低気圧が通過することは、十分 考えられます。ただ園は標高900なのですが、南麓なので雨のケース もあります。雨の後の凍結のことですが、朝と昼では異なります。 今日現在は路面も乾燥していてノーマルOKでしょう。 国道の管理者ではないですが、富士市付近の道路は以下に問 ...続きを読む
    子供の国は、ご存知太平洋気候なので、都内の雨が雪に
    なるかに関係してくると思います。雨が降ることなく、このまま
    立春とは言いがたく、太平洋沿岸を低気圧が通過することは、十分
    考えられます。ただ園は標高900なのですが、南麓なので雨のケース
    もあります。雨の後の凍結のことですが、朝と昼では異なります。
    今日現在は路面も乾燥していてノーマルOKでしょう。
    国道の管理者ではないですが、富士市付近の道路は以下に問い合わせ
    てください。県富士土木事務所

    http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-840/

    あまり推奨できませんが、標高の高い部分の、凍結はほんの一部。大雨
    が首都圏でない限り、5~10センチの積雪もない場合はノロノロ運転で
    OKですよ。積雪があればR469管理の国が当日除雪します。解凍剤をまいたり
    しますが。その直後の日にちだと、途中からのタクシーも提案ですが。。
    お礼コメント
    県富士土木事務所問い合わせすればというのは盲点でした。ありがとうございました!
    投稿日時 - 2012-01-14 15:23:27
    • ありがとう数1
    • 回答数3
    • 気になる数0
    • ありがとう数2
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    自宅でもできるシンプルケアを教えます!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ