解決
済み

MDウォークマン、MP3ウォークマン、MP3再生CDウォークマン

  • 暇なときにでも
  • 質問No.71484
  • 閲覧数425
  • ありがとう数22
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (5/5)

手持ちのCDウォークマンが壊れてしまったので、新しいものを買おうと考えています。
ですが、最近いろいろな種類のポータブルプレーヤーがあって、何を買ってよいのやらさっぱりわかりません。
MDウォークマンはMDLPという機能があるし、MP3ウォークマン(ソリッドオーディオプレーヤー?というんでしょうか)とMP3再生CDウォークマン(RioVoltなど)はどこが便利なのかイマイチよくわからないし…、といった具合で決めあぐねています。
実際に使ってみた、という方がいらっしゃいましたら、「これはこんなところが良くて、こんなところは良くない」といったご意見をいただけませんでしょうか?
ちなみに僕が重要視しているのは「携帯性」と「録音可能な時間の長さ」です。
音の良さはある程度は犠牲にしてもいいかなと思っています。

よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 38% (26/68)

まず「携帯性」について考えてみましょう。
携帯型MP3プレイヤーは、まず音とびを絶対に起こさないというところがあります。メモリーからデータを読み出しているわけですから駆動系のハードウェアがありません。
MDウォークマンは駆動系があるのでMP3プレイヤーに比べると壊れやすいです。
MP3再生CDウォークマンにも駆動系があります。
音とびの観点から見るとMP3プレイヤーです。
サイズではどれが一番小さくできるかというと、メディアのサイズにとらわれないMP3プレイヤーが一番小さくできます次にMD、最後にCDとなります。
以上の二つから「携帯性」ではMP3プレイヤーに軍配が上がります。

次に、「録音可能な時間の長さ」で考えます。MP3プレーヤーだと64MBメモリーで80分程度、MDLPだと4倍モードで320分、MP3再生CDウォークマンだと650MB÷1MB(一分あたりの容量)で650分となります。
以上の結果からここで軍配が上がるのはMP3再生CDウォークマンです。

MP3プレイヤーには記録メディアがメモリーなので値段が高いという欠点もあります。
MDやCD-Rだとメディアの値段が安いので、コレクションみたいに保存しておけます。メモリーだと聴きたい曲をパソコンからいちいち転送しなければなりません。
こんなところでしょうか。
お礼コメント
sakurahills

お礼率 100% (5/5)

ははぁ、僕がCDウォークマンを買い換えようと思ったのはあまりにも音飛びがひどいからなので、絶対に音飛びしない、というのは魅力的ですね。
でも録音時間が短いということを考えると、MP3ウォークマンの値段の高さは痛いです。やはりまだまだこれからの製品というような気がします。
それにメディアはやっぱり安いにこしたことはないですよね。MP3ウォークマンは消えた!
ありがとうございました!
投稿日時 - 2001-05-07 15:25:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

こんにちは。 私はRio Voltを使ってるので、それについて説明したいと思います。 まず、私から見れば、これは申し分ない製品です。 良い点を紹介していきたいと思います。 あなたが重視している、録音時間の長さですが、二十数時間録音できるので、MDLPなんて目じゃありません。そして音質なんですが、録音するときに、自分で調整できます。つまり、CDの音質と同じモードで録音した場合(もちろん音質はCD ...続きを読む
こんにちは。
私はRio Voltを使ってるので、それについて説明したいと思います。
まず、私から見れば、これは申し分ない製品です。
良い点を紹介していきたいと思います。

あなたが重視している、録音時間の長さですが、二十数時間録音できるので、MDLPなんて目じゃありません。そして音質なんですが、録音するときに、自分で調整できます。つまり、CDの音質と同じモードで録音した場合(もちろん音質はCD並)録音時間は先に書いた通り。少し音質を下げれば、もっと録音時間は上がります。

録音できる曲数も200曲ぐらいになってしまうので、好きな(聞きたい)曲を見つけるのに大変なんじゃないか、と思われるかもしれませんが、記録するときあらかじめフォルダごとに分けておけば、すぐに曲を探し出すことができます。また、再生モードもプログラム再生、シャッフル再生(フォルダ内でのシャッフル再生、CD全体のシャッフル再生がある。)、その他いろいろで多彩です。

音とびについてですが、私が使っている限り、まったくといっていいほどありません。それは、その曲のデータを先読みしているからです。そのデータがメモリーに残っている間は、CDの回転が止まるので、電池が長持ち(15時間前後)します。

対応している音楽ファイルフォーマットですが、MP3とWMAです。圧縮率の高いWMAで記録しますと、さらに長時間録音できます。

メディアはCD-R、CD-RWなのでMDよりもはるかに安いです。

(一曲あたりの)録音する時間も、MDよりも短いです。

またこれのすごいところは、買った後でも、性能をアップできることです。つまり、メーカーのホームページから、新しいバージョンアップ用のプログラムファイルをダウンロードして、それをCD-Rに焼き、それをRio Voltによませれば新たな機能などを追加できたりします。

いいことはだいたい書いたつもりなので、これから欠点を書きたいと思います。

まず、CD-R/RWドライブがないと話にならない。録音するときにパソコンがなければできない。エンコーダソフトが必要である(もっともこれはインターネット上からただでダウンロードできるが・・・)。MP3なので他の製品(MD等)などの互換性がないと思う。MDにくらべ本体がでかい(今までCDウオークマンを使っていたあなたなら、苦にならないと思うが・・・)。リモコンに液晶がない。充電電池が付属ではない(単三乾電池2本自分で用意する)。
などがあげられると思います。

まあ、これらを含めて、Rio Voltはすばらしい製品だと思うので、私はこれをお勧めしたいと思います。
お礼コメント
sakurahills

お礼率 100% (5/5)

なんと! 200曲も入れられるのですか!?
でもCD-Rの容量が通常640MBだとして、MP3の1曲を5MBとすれば、単純に128曲入る、ってことですよね…。これはすごい。
自宅のPCにはCD-Rドライブがついているので、かなり有力な選択肢といえそうです。
ありがとうございました!
投稿日時 - 2001-05-07 15:33:14
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ