総ありがとう数 累計4,289万(2014年10月30日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
lilylilylily

今、流行の「ロングブレスダイエット」についてお伺いさせて頂きます。

俳優の美木良介さんが御自身の腰痛の解消の為に試行錯誤の上、考案した「ロングブレス」。
その副産物として「痩せる」ということで、御自身は2ヶ月で13.5キロ痩せられたそうで、TV,雑誌、本、DVDなどで話題になって取り上げられています。

私は40才の時に「子宮内膜症」で、両卵巣を取り、その後ホルモンバランスが崩れたのか、それまでは食べても食べても太らず160センチ、48キロ(具合の悪い時は38キロまで痩せたこともあります)だったのが、どんどんどんどん太り、80.5キロまで太ってしまいました。

それで所謂「メタボリックシンドローム」になり、「これではいかん!!」と1日1100キロカロリーの食事で、65キロまではグングン痩せたのですが、そこで「停滞期」を迎えてしまって、その後全く痩せません。
もうその停滞期が3年が続いている情け無い状態です。


複数の持病を持っているので、激しい運動は出来ません。
通院が週3日あってその日は1日取られてしまい、週1回は買い出しに行き、自由になる日は週3日位です。
それも通院で疲れ切って、午後まで寝込んでしまっています。

そんな時、TV番組で美木さんの「ロングブレスダイエット」を見ました。
「これなら、私にも出来るかもしれない」と思い、美木さんの本とDVDを購入し、9月になってから間毎日「45分応用コース」を行っています。
(もちろん食事にも気を遣っています。)

それでも痩せたのは1キロ位で、「誤差の範囲」です。

最初から「本当にこの程度の運動で痩せるのだろうか・・・???」と思いながら、それでも信じて行って来たのですが、美木さんの実績と余りに違うので、「本当にこの方法で痩せた方、おられるのかなあ・・・???」と不安になって来ました。

そこで皆様にお伺いしたいのですが、この「ロングブレスダイエット」でダイエットに成功なさった方はおられますか?

又、この方法について皆様の「御意見」はいかがなものですか?
「肯定」「否定」、両方の御意見を伺いたいです。

皆様の御意見で「否定」の御意見が多い場合は、別の方法を探りたいと思います。
お勧めの方法を教えて下さい。
(今、候補に挙げているのは「ザ・トレーシー・メソッド」です。体重は余り変わらないけれどスタイルが良くなるそうです。又、痩せた方もおられる様です。)

広く皆様の御意見、体験談を求めます。


お手数をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
  • 回答数3
  • 気になる数2

Aみんなの回答(全3件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2011-10-02 11:45:58
  • 回答No.3
ダイエット全盛のこの時代、必ず裏には『お金儲け』と言う事が表裏一体で存在することをお忘れなく。

確かにあの呼吸法は身体にとって悪いことではありませんし、体幹を鍛えるという点ではある程度効果があるとは思います。

ただし、あのトレーニングだけで2ヶ月で13kgの減量…。
どう考えても無理だと思います。

恐らく、食事の見直し、ライフスタイルの改善、他の運動など、複合的に組み合わせた結果がマイナス13kgでしょう。

これまでにも『簡単に、しかも楽に痩せられる』と言った様々な宣伝文句のダイエット法が世に出ては知らないうちに消えています。
その殆どが有名人を宣伝塔に担ぎ上げて、さも効果があるように…。
そのうちのどれか一つでも、間違いなく宣伝通りの効果が出て、世に残ったものがありますでしょうか?

ここは逆説的に考えましょう。
楽に痩せられる方法があるなら、1年後も2年後も、必ず世に残っているはずです。

ダイエットの大前提は『摂取カロリー<消費カロリー』を保つことです。
消費カロリーを上げるにはやはり運動が必要になるわけですが、
ホルモンバランスが崩れ、体調がすぐれないとのことですので、無理のない程度のウォーキングなどから、徐々に身体を慣らしていく事をお勧めします。

大変キツい言い方になりますが、ダイエットを目指す全ての皆さんを含め、『簡単に楽をして、しかも短時間で…』と言う幻想はそろそろ捨てるべきです。
お礼コメント
御回答、有難うございます。

全くの「正論」だと思います。
確かに、今迄、色々な有名人を使って、様々なダイエット方法が世の中に広められて来ました。
しかし、未だに残っている・・・と言われる様なものは見当たりませんね。

やはり、「地道に、論理的に考える」ことが大切なのだと、改めて貴方様の御回答で気付かされました。

スポーツ科学、医学、栄養学・・・それらを改めて踏まえた上で、今後の方針を改めて立てたいと思います。


本当に有難うございました。
投稿日時 - 2011-10-02 20:32:50
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全2件)

  • 2011-10-02 11:43:45
  • 回答No.2
noname#175206

 疾病克服のためとはいえ、両卵巣切除手術。女性として、それだけも辛いことでしょう。その後も食べても太れないという、人間としては憂慮すべき状態だったとのこと。心身とも、不調や不快感に悩まされてお出でだったのはないでしょうか。拝読していて、こちらも辛いものを感じます。

 体重増加は確かにお嫌でしょうが、食べ過ぎた分だけ太るのは、人間、いや生物として正常な状態です。その部分は素直に良くなったこととして受け取られてはいかがかと思います。

 それでは、ご質問のYes/Noについて。ロングブレスダイエットも、ザ・トレーシー・メソッドも、効果を否定します。少なくとも、宣伝文句とは程遠い結果しか得られないと、強く推測します(宣伝または偽装宣伝の「個人的経験談」を含む)。

 これから、ダイエットに取り組まれるということで、ダイエットだけではないかもしれませんが、重要な原則から、個人的な意見を申し上げてみます。

 まず、大事なことは「信じる」「信じない」という立場を取らないことです。それは、まずは宗教に対する態度、どうしても分からないけど決断しなければならない状況に追い込まれた時のみ、使ってください。
 それに代えて、「分かる」「分からない」基準を使ってください。ご自身で分かることだけ実行してください。

 もちろん、これ以前に「知っている」基準があることは言うまでもありません。みんながやっていて、そのやり方も結果も知っている。中身を知らなくても、大丈夫なことは知っている。そういうことは大丈夫です。パソコンだって携帯だって、中身を知らなくても、使い方だけ知っていれば充分すぎるほどです。みんな、そうして使ってますしね。

 問題は、未経験のことを始めるときなんです。それが机上でいいので、知識も蓄えられていて、各々の知識がきちんと関連付けられた充分な理解があれば、大丈夫です。
 ご自身の判断で、どうするか決めていいわけです。もちろん、成功が保証されているわけではないですが、進退について判断することができ、無駄や無理をさけることはできます。成功確率は高く、もし予想に反してきても人生の無駄遣いは最小限です。

 猛勉強して、頭痛がするほど考察して、それでもうまく行かないことはたくさんあります。代表的なのが、お金儲け。たとえば株式投資を勉強して考察して研究すれば、確実にもうかるのであれば、世の中億万長者だらけです。

 これについてちょっと余談。確実に1%の利益が得られるやり方があるとします。たった1%です。100円を元手に、1日1%儲けるとします。次の日には100円が101円になっています。その101円を元手にまた儲けます。小数点以下も含めて利益確保とします。
 うるう年1回を含めたちょうど5年後、幾らになっていると思いますか。実は、ゆうに77億円を超えているのです。たった1%すらおぼつかない、それがお金儲けです。

 私も会社で企画に関わったりしましたが、10に1、そこそこ当たれば凄い成功率です。分かっているけどうまく行かない、そんなことのほうが多いことは、実は質問者様も、よくよくご理解なのでは、と思います。

 分かっていることでもなかなかうまく行かない。ましてや、分かってないことをやったら、もうこれは確実に失敗すると思った方がいいわけです。しかし、その物自体は分からなくても、状況から信頼するに足るかどうか、知ることができることも多くあります。

 ダイエットについては、今は肥満外来という診療科目があります。肥満を解消しないと、健康に重大な影響が予想される、あるいは現実にそうなっている肥満者が対象です(そうでない人を受け入れる、エステまがいの肥満外来は考慮に値しません)。

 肥満外来では、健康に、ひいては命にかかわることとして真剣に肥満解消に取り組んでいます。医師も「患者」も必死です。お示しのダイエット法以外にも、同様な効果を謳うダイエット法は星の数ほどあります。でも、どれも肥満外来では採用されていません。
 さらに、エステで謳うダイエット。エステも金儲けという意味で必死です。でも、どこもネットやチラシにあるようなダイエット法は、「ほとんど」採用していない。まあ、エステ独自にダイエット法を謳う場合はありますが。

 質問者様が、お示しのダイエット法について、お尋ねですので、よく分からないというところですよね。そして、こんなところで経験者の談話を募っても、判断できるだけの数は揃いません。業者さんのサクラは来るかもしれませんが(^^;。

 質問者様のここまでのダイエット経験について、具体的に考えてみましょう。BMIという実績のある判断基準を使います。これは健康に関する身長・体重から割り出す数値で、18.5~25であれば、健康上の問題は最小限になるという、膨大な数の人間データに基づく、信頼できる指標です(さらに体脂肪率を加えるべきではありますが)。ちなみに、22が最上とされています。

 最初、質問者様のBMIは18.8で正常範囲のかなり軽めでした。
 体重が増えて行き、BMIは最大で31.6となり、肥満度は2度というかなりの肥満となりました。
 そして食事を工夫したダイエットで、BMIを25.4という、肥満度としては1度、しかも25未満なら正常ですから、ほぼ正常まで行けたわけです。

 そういうことですから、激しい運動などしなくても、食事を工夫すればダイエットできることは、確実に分かっているわけです。食べ過ぎれば太る、食べなければ痩せるという常識にも合っています。

 しかし、なぜか減らなくなった。ここで何を考えるべきでしょうか。よく分からないものを次々に試したらいいのでしょうか。そうではないと思います。まず「停滞期」とは何かについて考えるべきでしょう。
 停滞期というものについて、どのくらい調べられたでしょうか。ネットには、これについてまことしやかな嘘が満載状態です。多いのが、「体が飢餓状態と判断して基礎代謝を下げる」でしょうかね。
 基礎代謝については、まったくの嘘というわけではないです。
 高レベルのマラソン選手などでは、毎日長時間の有酸素運動の結果、最大で40%も基礎代謝が下がったという報告もあります。まあ、そこまで行くと、日常生活では体温低下、除脈、その他に悩まされますが。
 極端な、そして間違った食事制限でも起こり得ます。確かに飢餓状態が数か月続くと、基礎代謝は下がることがあります。トータルカロリー不足もありますし、脂質よりエネルギー源として重要な糖質の不足、代謝を支えるタンパク質の不足などが原因です。

 しかし、それを考慮しても1日1100kcalで体重65kgを維持するのは不可能だと断言しておきます。そんな低カロリーで3年も65kg維持できるなら、とっくにそのメカニズムが研究され解明されて、深刻な飢餓に悩む世界の人々を救っています。飢餓は世界的に非常に深刻な問題なのですから。しかし、そんな事実はありません。そういう方法を編み出そうとする研究すらありません。できないことが、とっくの昔に分かっているからです。

 事実は二つしかあり得ません。
 一つ目は、1日1100kcalというのが、どこかで計算を間違っていること。
 二つ目は、体内水分量が、塩分過剰などで多すぎること。
 これだけです。

 実験としてやれることはあります。たとえばカロリーメイトのように確実にカロリーが分かっている物で、そうですね、あれは1箱400kcalですから、それで1日1200kcalにし、かつ、塩分を摂取しないということですね。生活強度(つまり行動面での生活習慣)は変えません。
 それで1か月しても減らないなら、たとえば甲状腺異常などを疑う必要も出てきますので、まずはここではなく、内科か婦人科(できればかかりつけから)で、診察を受ける必要があるでしょう。
お礼コメント
理論立った長文の御回答、有難うございます。
そのお気持ちを大変有難く思います。

「肥満外来」について述べておられましたが、私は「脳下垂体機能低下症」という国の「特定疾患(難病)」に指定されている病気を持病として持っており、大学病院の代謝・内分泌内科に通院して、その為の薬を飲んでいます。
この科の中に「肥満外来」もあります。
私が太った理由の中に、両卵巣を取って、ホルモンバランスが崩れたことの他に、その脳下垂体機能低下症」の為に甲状腺ホルモンと副腎皮質ホルモンが出ていない、ということもあります。
甲状腺ホルモンが減ると人は太るのです。(その逆でバセドー病で甲状腺機能更新症になるとどんどん痩せて行きます。)
今は薬を飲んで甲状腺ホルモンを補充しているので、正常値ですが、そのホルモンが足りなかった為に太った・・・ということも理由の一つです。

病院では私位の肥満は「肥満の中に入らない」のか(100キロ以上の人が肥満外来に来ますので)、余り詳しい指導はしてくれません。
ただ、栄養士と面談して食事の問題について話をしたことはあります。

食事の内容としては、栄養士のお墨付きの食事をしています。
ただ、今は1100キロカロリーよりはオーバーしていると思います。
病気の為に「生活強度が低い」のも影響していると思います。

病気持ちなので、食事はこれ以上落とすことは体力的に無理ですので、やはり「運動」をもっと取り入れるしか無いと思います。

方法についてはもう少し模索してみようと思っています。

御回答、有難うございました。
投稿日時 - 2011-10-02 18:12:28
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2011-10-02 09:50:20
  • 回答No.1
呼吸法には、確かに効果があります。

私自身も、「呼吸法」の本を出版させていただいています。

ロングブレスダイエットの効果に関しては、美木良介さんが御自身が

呼吸法だけで、あれだけやせられたのか、

他のトレーニングを組み合わせたのか、その辺りが良くわかりません。

たぶん、他の筋トレなどのトレーニングも取り入れているのではないでしょうか?

あまりにも、劇的な効果を狙うよりも、

穏やかな方法を、長く続ける方がいいと思っています。
お礼コメント
早々の御回答、有難うございます。
呼吸法は確かに効果はあるのですね。
美木さんは呼吸法を取り入れたウォーキングもなさっていたそうなので、呼吸法だけでは劇的には痩せないのかもしれませんね。

私は持病があるので、毎日ウォーキングするのは無理なので、自宅での美木さんの45分の呼吸法エクササイズだけです。
なので、劇的には痩せないのかもしれません。

御回答、有難うございました。
投稿日時 - 2011-10-02 11:46:45
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数3
  • 気になる数2
  • ありがとう数305
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ