総ありがとう数 累計4,329万(2014年12月19日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
kurousagi123

塾の先生とも話してみましたが、
帰国には詳しくないそうでこちらで相談させていただきます。
宜しくお願いします。

子供は一般受験をする帰国子女です。
渋幕の帰国枠、市川の一般入試が重なる1月20日。
この2校でどちらを受験するかとても迷っています。
子供は渋幕が第一希望です。

ちなみに今の併願スケジュールの一部です。

17日 江戸取1
20日 市川1 or 渋幕帰国枠
21日 東邦
22日 渋幕1
2月1日 開成

5年間の現地校生活で帰国時はそれなりの英語力でしたが、
現在は英語に関しては週に1度の英会話のみです。
英検は5年生のはじめに2級を取って以来受けておらず、
公文英語も5年生の終わりに高校3年生まで終えた段階でやめています。

レベルの高い渋幕の帰国枠で子供がどの程度なのかわかりません。
準1級、1級などとも聞いており、おそらく無謀なチャレンジだと思います。

私としては受けることで、「英語も少し出来るというアピール」との気持ちが大きいです。
その上で一般でもいい成績であればもしかしたら試験で、
もしくは入学後に英語を考慮してもらえるのでは・・・という気持ちがあるのです。
でも、帰国で受けたとしても一般入試の合格点で考慮されるといったものは渋幕側にはないのでしょうか。
(こういうことを学校に聞いてみてもいいと思いますか?)

同じように考えた方いらっしゃいますか?
もしくは迷って帰国枠で受験したりしなかったりの経験のある方はいらっしゃいますか?
  • 回答数4
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全4件)

回答 (全4件)

  • 2011-09-26 23:56:41
  • 回答No.2
どうせ受かっても市川に行く気がないなら、

渋幕を2回受験しましょう。
秀英もいいところですがな・・・

しかし千葉は、私立中学の貧困県ですね。

偏差値上位校ばかりの受験で若干不安ですが
かといって芝柏、専松じゃ高校からで十分ですし。

まあ、渋幕志望なら2回受験しましょうよ。
お礼コメント
ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2011-09-27 13:24:15
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2012-06-27 18:00:21
  • 回答No.4
貴方の 受験スケジュールを観ると、無論、渋幕を お勧め。

この場合、当然、開成が 第一志望。
第二志望が 渋幕。 
東邦が 完全 すべり止め校。
江戸取手は 単なる 試験慣らし受験。
 
渋幕の内実は、大量に合格している塾に 聞いてみることです。
今や、千葉県で 最高レベルの受験校になったので、優遇措置は 期待しない方が良いです。

努力あるのみ。
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2011-09-26 22:13:33
  • 回答No.1
昔の卒業生です。
別に職員でもないので内部事情についてはわからないのですが・・・

単純に質問文をお読みして思ったのは、お子さんと質問者様の第一希望が
渋幕のようですので、普通に考えて帰国枠と一般とチャンスが2回あった方が
良いのではないでしょうか?
もし一般でダメだった場合、帰国も受けとけば良かった・・・と後悔されるのでは。

それと私立の学校なので、合否はいくらでも操作できると思います。
面倒くさそうな保護者は敬遠されるかもしれません。
あんまり学校側が外に出したくなさそうな情報を、聞きだすような問い合わせは
控えた方が良いように感じます。

お子さんの合格を心よりお祈りしております。
お礼コメント
どうもありがとうございます。
参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2011-09-27 13:20:45
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2011-11-24 21:59:43
  • 回答No.3
渋幕の方が英語さえ強ければ楽に入れる
そこまで英語に自信がなく、且つ基礎学力がそこそこ計られても良ければ市川
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数4
  • 気になる数0
  • ありがとう数2
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集


年賀状のマナーや作り方を学べるQ&A特集!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ