-PR-

解決済みの質問

質問No.6906989
すぐに回答を!
すぐに回答を!
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数3
閲覧数7918
LED電球の消費電力と発熱
今まで、白熱電球を使用していた照明器具に
使用できる消費電力は、「60Wまで」と書いたシールが貼られてます。
節電の為、このたび、LED電球を購入。
明るさは、100W相当と書かれてありますが、消費電力は、9W

消費電力から問題ないと判断し購入して使用を始めたのですが、、、

LED電球がかなり発熱するようで、本体は相当熱を持ってます。

電球の傘は、ビニール製では無いので、大丈夫かと思いながらも
少し不安になっています。

電気的、熱的に、大丈夫なものでしょうか

ちなみにLED電球はアイリスオオヤマ社製で
 エコルクスLED電球(100W相当) 一般電球タイプ E26(26mm 26口金)9W 昼白色 LDA9NH
です

よろしくお願いします。
投稿日時 - 2011-07-29 10:20:34

質問者が選んだベストアンサー

回答No.1
LED電球9Wですから、白熱電球60Wに比べれば、白熱電球より発熱しないはずですので、熱的に大丈夫でしょう。

照明器具に使用できる消費電力は、「60Wまで」と書いたシールが貼られていれば、なおさら、熱的に大丈夫でしょう。

ちなみに、LEDの発する放射自体にはほとんど熱線が含まれていませんが、LED自身、照明器具、または電源ユニットからは発熱しています。これを効率よく放熱することはLEDの寿命に大きく影響します。そのために取り付けの際に、密閉した空間や断熱処理された箇所、熱源のそばや器具同士を近接して設置する場合など制約が生じることがありますので、事前に商品仕様書などでご確認ください。
投稿日時 - 2011-07-29 10:36:59
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
回答いただきありがとうございます
すぐに回答をいただけた上に、使用方法の考え方まで
教えていただき、助かりました。
まだ、何箇所か白熱電球→LED電球の交換が
残っているので、今後の交換するときも、参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2011-07-30 09:54:22

ベストアンサー以外の回答 (2)

回答No.3
器具が大丈夫なのかと言う事と、LEDランプが大丈夫かと言う所は全く違います。
この辺は理解されて居ない方が多いです。

器具に書かれているワット数は、電球換算でのワット数の器具が耐えられる最大ワット数になります。

そして、裸電球の内部は数千度にもなる物で、LEDはそもそもそんな熱には耐えられません。
基本的にLEDランプの消費電力から見れば6倍ありますので、問題は無いかと思いますが、LEDランプ自体、熱が逃げないと、80度位でも寿命が大幅に短くなってしまいますので、寿命は短くなってしまうかもしれません。

その辺を納得の上で使用されれば良いかと思いますよ。
投稿日時 - 2011-07-29 11:58:28
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
回答いただきありがとうございます
熱に関しては、LED電球個体の発熱差もあるようですね。
白熱電球の内部が数千度と言うのはびっくりしました。
寿命という点を考慮して使用方法を検討してみます
投稿日時 - 2011-07-30 09:49:56
回答No.2
結論 問題ありません。基本LEDの発熱量は白熱に比べ格段に少ないです。

私の場合門柱への門燈の取り付け位置が悪く足元を照らす事に難ありましたので、100W相当のLED電球2個 を12センチ四角、長さ40センチの四角柱で囲まれたアクリルの密閉型門燈内に相互に対向させ2個取り付けて使用中です。かれこれ半年経過しますが問題は無く使用出来ています。
投稿日時 - 2011-07-29 11:06:12
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
回答いただきありがとうございます
机上の計算ではなく、実際の経験からいただく回答で
裏づけになるので参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2011-07-30 09:46:30
この質問は役に立ちましたか?
5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
照明
-PR-

【マネー特集】 お得なクレジットカードで、今こそ節約!

-PR-

特集

正しい方法で健康的な綺麗を手に入れよう!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

患者さんやご家族、それぞれに合ったゴールと道筋を。

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
照明
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-