-PR-
締切り
済み

ブラウザのシェアについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.68453
  • 閲覧数102
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 16% (3/18)

今、ホームページを製作しているのですが、環境などによって、
表示のされ方がかなり違ってきますよね?
そこで一番シェアの高い環境にあわせて作っていきたいのですが、
ブラウザのシェアの割合について教えて下さい。
やはり、WINのIEが主流でしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 28% (67/237)

シェアの細かい数字は知りませんけど支流はIEですよね。 もし個人ベースではなくて、企業向け(つーか、個人も含むけど) ホームページを作っているのなら、NNにも対応してください。 自社の推奨ブラウザは、NNです。 自社だけでなく、グループ企業、関連下請企業も含めて、全てにNNを 推奨としています。ですから、多くの人に見てもらいページの場合は、 両方に対応すべきだと思います。
シェアの細かい数字は知りませんけど支流はIEですよね。
もし個人ベースではなくて、企業向け(つーか、個人も含むけど)
ホームページを作っているのなら、NNにも対応してください。
自社の推奨ブラウザは、NNです。
自社だけでなく、グループ企業、関連下請企業も含めて、全てにNNを
推奨としています。ですから、多くの人に見てもらいページの場合は、
両方に対応すべきだと思います。


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 45% (207/457)

一番良いのはIE、NN(NC)特有のタグを使わない。(異なる表示になるようなタグは避ける)。 ある程度は我慢してもらう。 ブラウザの種類を判定してタグを変える等の対策をとる。 やはり最低でもIEとNN(NC)で見れるページが望ましいと思います。 IE、NN(NC)この2つで殆どのシェアを獲得してますから
一番良いのはIE、NN(NC)特有のタグを使わない。(異なる表示になるようなタグは避ける)。
ある程度は我慢してもらう。
ブラウザの種類を判定してタグを変える等の対策をとる。
やはり最低でもIEとNN(NC)で見れるページが望ましいと思います。
IE、NN(NC)この2つで殆どのシェアを獲得してますから
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 38% (48/124)

以前、7:3でIEと言う話を聞きましたが、現在は解りません。 (たぶんその頃より、IE,NN以外もだいぶ増えたんじゃないかと思います。) 市場占有率は水物で変動しやすい上、 IE,NN双方とも無料ソフトなので測定しにくいと思います。 (シェアの数字は信憑性が低いと言うこと) 適材適所で必要に応じて両方を使い分ける人も珍しくありませんし、 IEしか使えないWinユーザー(=初心者?)や、 ...続きを読む
以前、7:3でIEと言う話を聞きましたが、現在は解りません。
(たぶんその頃より、IE,NN以外もだいぶ増えたんじゃないかと思います。)
市場占有率は水物で変動しやすい上、
IE,NN双方とも無料ソフトなので測定しにくいと思います。
(シェアの数字は信憑性が低いと言うこと)

適材適所で必要に応じて両方を使い分ける人も珍しくありませんし、
IEしか使えないWinユーザー(=初心者?)や、
IEがまともに動かないWin以外のユーザーも多いことでしょう。
(Windows以外のマシンでもIEはリリースされていますが、まともに動きません。)
Windowsユーザーが思っているよりもWindows以外のOSを使う人は多いんですよ(^^;

「初心者限定」ならばWinのIEだけ対応していれば良いと思います。
しかし、一般に公開するならばそれではマズイですね。
IEはかなり間違ったHTMLでも無理矢理表示します。
ですから初心者さんが作ると「IEでしか見れない」サイトになってしまうことも多いです。
より多くの人に見て貰いたいならばNNも意識して運営することをお薦めします。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ