-PR-
締切り
済み

He may found the book.って正しいの?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.681
  • 閲覧数218
  • ありがとう数39
  • 気になる数1
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 81% (525/641)

助動詞の次に過去形がくるなんて、考えられなかったのですが、
ほんとうにこんなこと英語でできるのですか。
TOEIC対策の本に書いてあったのですが。
この訳は、彼は、本を見つけたにちがいない。
本当なら
He might have been found the book.でもいいではないのですか。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

その本の単なる間違いではないでしょうか。「本を見つけたにちがいない」という訳なら、 He must have found the book. が正解だと思います。 He might have been found the book.は、been foundの部分が「受け身」になってしまいますので、「彼」が誰かに「見つけられたかもしれない」、のような感じになります。
その本の単なる間違いではないでしょうか。「本を見つけたにちがいない」という訳なら、
He must have found the book. が正解だと思います。
He might have been found the book.は、been foundの部分が「受け身」になってしまいますので、「彼」が誰かに「見つけられたかもしれない」、のような感じになります。

  • 回答No.2
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

どう考えても助動詞の後に過去形が来るはずがありません。 「彼は、本を見つけたに違いない」とするならば、He must have found the book.だと思います。007さんの考え(He might have been found the book.)では「彼は本に見つけられたかもしれない」になってしまいます。mayには「~に違いない」という意味はなく、have beenにしている為に受身になっ ...続きを読む
どう考えても助動詞の後に過去形が来るはずがありません。
「彼は、本を見つけたに違いない」とするならば、He must have found the book.だと思います。007さんの考え(He might have been found the book.)では「彼は本に見つけられたかもしれない」になってしまいます。mayには「~に違いない」という意味はなく、have beenにしている為に受身になってしまっています。
因みに先の文を否定形にした時合は、He cannot have been found the book.になります。「違いない」のmustの否定の場合はcannotを使いますので注意してください。007さん、TOEICがんばって下さいね。
  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

これは最近の口語表現で現れるhaveの省略ですね。したがってこの文中のfoundは当然過去分詞ということになります。
これは最近の口語表現で現れるhaveの省略ですね。したがってこの文中のfoundは当然過去分詞ということになります。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ