-PR-
keri0410

W不倫を長きにわたり続けていらっしゃるかたに質問です
お互い温度差がでたり飽きたりしたら、THE end でしょうが、今までそうなっていない秘訣はなんですか?

こうすればお互い飽きなくて、お互いの気持ちも安定する秘訣をどうか教えてくださいm(__)m

よろしくお願いいたしますm(__)m
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全3件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2011-05-03 10:39:48
    • 回答No.2
    noname#160116

    夫婦と一緒で、不倫もマンネリ化してきますから
    例えば、デートの方法を変えてみてはどうでしょうか?
    食事、遊びに行く場所など、普段とは違ったことをするとか。
    2人で新しい共通の趣味を持つ…なども良いかも。

    ただ、一緒に居て飽きないから わざわざ不倫していることを考えれば、
    お互い温度差がでたり飽きたりしない為の努力は必要ないと思いますけどね。
    本気で愛しているのなら「飽きる気がしない」と言い切って欲しいものですw
    お礼コメント
    確かにマンネリ化しない努力は必要ですね

    仕事場以外では会えないので色々模作したいと思います。
    ありがとうございましたm(__)m
    投稿日時 - 2011-05-04 13:28:45
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全2件)

    • 2011-05-03 09:56:40
    • 回答No.1
    退屈なW不倫に最も刺激を与える感情、それはズバリ嫉妬です。 自分のパートナーに新たな異性が近づいていると聞いた。 そんなパートナーもまんざらでもなさそう・・・ メールをしてもすぐに返信が来ない。 もしかしたら今、その相手と・・・ 嫉妬に由来するそんな危機感が、忘れかけていたトキメキとかパートナーの大切さを 思い出させ、飽きを忘れさせてくれるものと思います。 またその後に互いの大切さを再認識することで、 ...続きを読む
    退屈なW不倫に最も刺激を与える感情、それはズバリ嫉妬です。

    自分のパートナーに新たな異性が近づいていると聞いた。
    そんなパートナーもまんざらでもなさそう・・・
    メールをしてもすぐに返信が来ない。
    もしかしたら今、その相手と・・・

    嫉妬に由来するそんな危機感が、忘れかけていたトキメキとかパートナーの大切さを
    思い出させ、飽きを忘れさせてくれるものと思います。
    またその後に互いの大切さを再認識することで、気持ちも安定致します。

    ただし新たなパートナーと恋仲になり、今の退屈なW不倫がTHE endとなるリスクも忘れずに。
    お礼コメント
    私はそういった駆け引きが苦手で、できそうにありませんが、色々努力はしていきたいと思います。ありがとうございましたm(__)m
    投稿日時 - 2011-05-04 13:30:29
    • ありがとう数0
    • 2011-05-03 10:54:42
    • 回答No.3
    相手の気持ちに気づくのは、偏差値だと思う。バカは相手の気持ちを測れない。言葉の裏を読み取れない。 ...続きを読む
    相手の気持ちに気づくのは、偏差値だと思う。バカは相手の気持ちを測れない。言葉の裏を読み取れない。
    お礼コメント
    頭と心の偏差値が必要なんですね

    分かりました。
    ありがとうございました
    投稿日時 - 2011-05-04 13:26:53
    • ありがとう数0
    • 回答数3
    • 気になる数0
    • ありがとう数5
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    辛かった!うまくいった!自分ならこうする。体験や感想を教えて!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    自宅でもできるシンプルケアを教えます!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ