-PR-

解決済みの質問

質問No.6687690
困ってます
困ってます
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数3
閲覧数4184
Norton Ghost でシステムを復元できない
Norton Ghost Ver9を使用してシステムを復元するとハード
ディスクから起動出来ない

ノートンGOHST バージョン9を使っています。

・HDDを交換したく、外付けのUSB_HDDにイメージを
 作成して
 現在のHDDを新しいHDDとに交換(換装)しリカバリーを
 実行して新しいハードディスクへイメージを移植。

 実行ステップ:拡張リカバリータスク → システムリストア

・換装HDDに外付けUSBハードディスクに作成したバック
 アップイメージを復元させましたが、起動時に下記のエラー
 が表示されました。

Boot from CD:
DISK BOOT FAILURE,INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER

「電源を落として再度電源を入れても同じメッセージです。」

 
・上手くいっていた時
 使用中のハードディクスから起動できなくなった時、外付け
 USB_HDDに作成しておいたバックアップイメージから
 復元は何度も成功していました。

 しかし、新しいハードディスクへの移植は初めてですが何度
 やっても駄目みたいです。

 以上、宜しくお願いします。
投稿日時 - 2011-04-23 09:11:20

質問者が選んだベストアンサー

回答No.3
:>Boot from CD:
:>DISK BOOT FAILURE,INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER
BIOS設定でCD起動が優先になっていて、Norton Ghostの起動CDをセットしない状態で起動したのではありませんか?
アクティブ・パーティションの設定やマスター・ブートレコード(MBR)の修復はSymantec Recovery Disk(CD)の機能でできます。

 なお、Windowsの種類が記載されていませんが、Windows VISTA/7には対応できません。
投稿日時 - 2011-04-23 22:17:42
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ありがとうございました。

復元に使用するオプションを選択できます。

「元ディスク署名の復元」にチェックを入れた事が
ありませんでした。又、メニューのユーティリテ
ィでは、ネットワークドライブ関係とパーティシ
ョン関係の設定などを行えます。等もしりません
でした。使いきれるか不安はありますが、やって
見たいと思います。

とりあえず、今回は先に回答をいただきました方
の記述の中に、Windowsがインストールされた状態
のディスクであれば問題ないと書かれていたので、
二度手間でしたが、やって見たら起動しました。
但し、現実的ではないので困っていたところで、ご
返答「回答」を貴殿からいただきました。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-04-24 04:12:53

ベストアンサー以外の回答 (2)

回答No.2
推測ですが、
起動ディスクのイメージを移植した新しいハードディスクのパーティションがActiveになっていない
ため、あるいはMBR(Master Boot Record)がないため、
それを起動ディスクとしようとしてもBIOSが起動すべきパーティションを見つけられない
ので、
Disk Boot Failure
となるのでしょう。

使用中の起動ディスクであれば、イメージを戻しても、MBRはありますし、そのパーティションがActiveであるという情報は変更されていませんから、問題は発生しません。

先の方の回答にもありますように、一旦新しいディスクに新規インストールをすれば、MBRとActiveなBootパーティションが出来上がるでしょうから、そこに起動ディスクのイメージを戻せば、問題は生じないでしょう。

私はWindows98をFDDで起動して、FDISKでMBRとパーティション設定をしますが、Windows98で対応していないディスクでは対応できないでしょう。
(実はこれを忘れてはて?という事があります…、たまにしかGhostでイメージを移植するなんてことはしませんからね。)
GhostをCDからDOSモードで起動して、Ghostを終了してコマンドプロンプト操作することができるかも知れません。
あるいは一旦Windowsのデータディスクとして接続して、WindowsでActiveパーティションを設定できるでしょう。
投稿日時 - 2011-04-23 13:23:01
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ありがとうございました。

一旦新しいディスクに新規インストールをすれば、
MBRとActiveなBootパーティションが出来上がる
でしょうから・・・・・・。

やってみたらできました。
投稿日時 - 2011-04-24 04:14:48
回答No.1
当方、Norton Ghost V15.0 使用しています。

たぶん、リストアは問題ないでしょう。

・換装HDDに外付けUSBハードディスクに作成したバック
 アップイメージを復元させましたが、起動時に下記のエラー
 が表示されました。

と、ありましたが、どのようにして復元されたのでしようか?。
説明をして頂ければ助かります。

一番良い方法は、新しいハードディスクに装着後、マシンのリカバリー
ディスクで、一端購入時に戻す。
再度リストアしたデータを復元する。

上記の方法は、XPなどは特に有効です。
一端新規ハードディスクをマシンに認識させることにより、起動ハード
ディスクが確実に作動する為。

復元時には、必ずマスターのNorton Ghost CDよりマシンをブートして
起動していますか?。

上記お返事頂ければと思います。

----------***----------

参考に、以前記述した内容を貼り付けしますので、参考にして下さい。

当方、ノートンゴースト 15.0 使用しております。
Windows Vista / 7 は、C:とシステムエリアもバックアップの
必要があります。

ノートンゴースト12 を、CD起動する必要があります。
CD起動が出来れば、画面の指示に従って進めて行くだけです。

CD起動する場合。Windows PE を使用するため、ある程度の
メモリを積んでいる必要があります。

もちろん、Cドライブの情報は全て入れ替わります。

以下の説明は、WindowsXP 以降、CD起動の方法は全て同じ作業です。

----------***----------

製品CD-ROMから起動して利用する方法。

パソコンが、CD-ROMからの起動をサポートしている必要があります。

サポートしている場合でも、パソコン起動時に、メーカーロゴ画面で特定の
キーを押すと起動出来る機種や、BIOSでシステムを読み込むデバイスの
優先順位を変更しなければならない機種もあります。

CD作動のサポートの有無、CD起動指定キー、BIOSの設定方法などは、
使用パソコンのマニュアルを参照するか、製造元にご確認する必要があります。

起動CDからの起動方法。

パソコンを起動し、起動用CDをCDドライブにセットして終了します。
ここでは、ノートンゴースト12 のマスターCDです。
バックアップイメージを復元する場合は、起動する前に接続して置きます。
ハードディスクの場合は、接続する。USBでも可能です。

20秒後、再びパソコンの電源を入れます。

電源を入れて数秒後、(Windowsの立ち上がる前の画面で、)

通常は、『 Press any Key to boot from CD 』の文字が画面表示中に

特定のキー又は任意のキーを押すと、CDドライブにセットした起動CDを
読み込み、CD起動が始まります。


ここで、起動CDが立ち上がらない場合は、何度か繰り返します。

何度か繰り返しても出来ない場合は、
パソコンが、CD-ROMからの起動をサポートしていないか、
第1起動が、CDドライブに設定されていない状態になっていると考えられます。
設定を今一度確認します。

BIOS設定で、起動優先順位をCDドライブに設定します。
(第1優先起動が、ハードディスクになっている可能性があります。)

通常は、第1優先は、CDドライブ、第2優先は、ハードディスクになるように
設定して置きます。

CD起動により、立ち上がったメニュー画面の指示に従って、
作業を進めて行きます。

作業の途中で、バックアップイメージの場所を指定する画面が出ます。
画面に従って進んで下さい。

バックアップイメージを復元する場合は、起動する前に接続して置きます。
投稿日時 - 2011-04-23 12:44:55
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
この質問は役に立ちましたか?
1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

回答募集中

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

-PR-
-PR-

特集

誰かに自慢したくなる生物学の問題集!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

発見や気づきのある調査結果をお届け!

OKDreamsにあなたの「夢」を投稿して!
抽選で30組60名様に試写会ご招待!

このQ&Aの関連キーワード

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

-PR-

ピックアップ

-PR-