-PR-
解決
済み

助産婦さんについて。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.66434
  • 閲覧数159
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 8% (3/34)

助産婦は、なぜ女性しかなれないのでしょうか。助産士というものが無い理由を、教えてください。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 47% (80/168)

 近い将来助産士というのが出来るかもしれませんが、実質的に非常に問題になることがあります。医師特に男性の医師の場合、決して一人で妊婦さんを診察(特に内診や手術)をおこないません。なぜなら、妊婦さんが暴行された、あるいは何か診療に必要にない行為をされた、という訴えがあった場合、反論の余地がないからです。必ず看護婦立会いのもとで診察を行います。では助産士の場合どうでしょう?やはり男性であればそういった問題が生じますから、やはり看護婦立会いで診察することになりますが、病院経営からすれば非常に無駄ではないでしょうか?したがって経営的なことを考えればきっと資格があっても現状では雇用してもらえない可能性が高いと思います。
 産科領域は当然夜勤がありますし、訴訟の多い診療科ですから産科を希望する医師の数は減少しています。そうした科ですから人材確保の意味では助産士誕生の可能性は高いかと思います。仕事はどう思っておられるかしりませんがかなりハードですよ。
お礼コメント
matsuyamajin

お礼率 8% (3/34)

貴重なご意見ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-22 23:50:05
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.4

 先月の朝日新聞でも紙面で討論がありましたね。  なかなか難しい問題だとは思いますが、もうそろそろ導入されてもおかしくないと思います。男性助産士の就職には大変な困難が伴うでしょうし、女性の側の理解を得られるためには相当の努力が必要と思われます。しかし「それでも助産士になりたい!!」という男性の方がおられたらエールを送りたいですね。
 先月の朝日新聞でも紙面で討論がありましたね。

 なかなか難しい問題だとは思いますが、もうそろそろ導入されてもおかしくないと思います。男性助産士の就職には大変な困難が伴うでしょうし、女性の側の理解を得られるためには相当の努力が必要と思われます。しかし「それでも助産士になりたい!!」という男性の方がおられたらエールを送りたいですね。


  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 17% (23/131)

助産婦さんは妊婦の体を触ることが多いので、男性の助産婦さんを妊婦さんが嫌がるのです。 精神面でも女性同士ということで安心できるようです。 男性の医者さえも嫌がる女性は多いようです。
助産婦さんは妊婦の体を触ることが多いので、男性の助産婦さんを妊婦さんが嫌がるのです。
精神面でも女性同士ということで安心できるようです。
男性の医者さえも嫌がる女性は多いようです。
  • 回答No.2

男性助産師導入問題が実際に検討されている経過があるのです。 参考URLをご覧ください。 「男性助産師導入問題」について、みなさんは御存知ですか? 「男性助産師」賛成ですか?それとも反対ですか?   ...続きを読む
男性助産師導入問題が実際に検討されている経過があるのです。
参考URLをご覧ください。

「男性助産師導入問題」について、みなさんは御存知ですか?
「男性助産師」賛成ですか?それとも反対ですか?


 
  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 38% (7/18)

 現在男性助産士導入の是非について、議論されてます。昨年、法案が国会に提出されました。現在の国会にも提出されてるかも。 >助産婦さんは妊婦の体を触ることが多いので、男性の助産婦さんを妊婦さんが嫌がるのです。  全てのではありませんが、やはり抵抗を感じる女性は多いでしょうね。その点からの反対は根強いようです。  一方導入を推進している側は、助産士の仕事は出産に限らず妊娠・不妊・出産・性教育などを ...続きを読む
 現在男性助産士導入の是非について、議論されてます。昨年、法案が国会に提出されました。現在の国会にも提出されてるかも。

>助産婦さんは妊婦の体を触ることが多いので、男性の助産婦さんを妊婦さんが嫌がるのです。
 全てのではありませんが、やはり抵抗を感じる女性は多いでしょうね。その点からの反対は根強いようです。
 一方導入を推進している側は、助産士の仕事は出産に限らず妊娠・不妊・出産・性教育などを扱うので、男性不妊や男の子への性教育・性感染症対策など活躍の場はあるということです。また男性助産士を認めないのは逆差別になるとしています。認めるとしても妊婦の選択権(男性助産士がいやな人は絶対に女性助産士に担当してもらうことができる)は絶対必要でしょう。
 アメリカなどでは男性助産士が既に活躍しているようです。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ