解決済みの質問

質問No.6539195
暇なときにでも
暇なときにでも
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数14
閲覧数364
消費税は本当に上げる必要があるのですか?
消費税は本当に上げる必要があるのですか?このまま消費税をあげなっかたら日本は崩壊してしまうのですか?素人の考えですが仮に消費税をあげたら消費が減ってさらの景気が悪くなりそうな気がするのですが…。
投稿日時 - 2011-02-21 10:50:50

質問者が選んだベストアンサー

回答No.11
消費税を何の為に値上げしなければならないのか、また、どのタイミングで値上げするのか。
現在消費税がどのような分野に使われているのか。

これらをきちんと把握していないと、問題の本質は見えてこないと思います。

他の回答者の方がおっしゃっているように、今現在、この経済状況の中で消費税の値上げなどに踏み込め
ば、あっという間に国内の消費が冷え込み、悪夢のような大不況が押し寄せることは、すでに過去の実績
が指し示しています。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/28/14/3ff6fc4ad59c3de5c4d1c18ba927b9c3.png
↑こちらは、財務相が発表した資料です。

バブルが崩壊して以降、税収は継続して落ち込んでいるのですが、その中で注目してもらいたいのは、平
成9年から平成10年にかけて。極端に税収が落ち込んでいるのを見て頂く事ができると思います。

平成9年。橋本龍太郎の手で消費税が3%から5%に増額された年です。平成10年。その消費税増税の
翌年から、山一證券や北海道拓殖銀行、三洋証券など、数多くの「金融機関」が倒産しました。その結
果、税収が大幅に落ち込んだだけでなく、歳出の総額が大幅に増大し、そして公債の発行額も、倍近くま
で増大していることが見て取れると思います。

ちなみに、自殺者の数が二万人台から三万人台に大幅に増加したのもこのタイミングです。

つまり、国の政策が1万人近くもの人を殺したのだ、と、そういっても過言ではないような政策ですよ
ね。

ですが、にも関わらず、なぜ今消費税増税の問題がここまで叫ばれているのか。
これは、取りも直さず、「少子高齢化」という人口構造の問題による、「介護」「医療」の2分野におけ
る、社会保障費の増大を、現実問題として避けることができないことが確実視と言うより、確定している
からなのです。

福田内閣において、「社会保障国民会議」が開催されました。数多くの知識人を集め、具体的な数字に基
づいた話し合いを進めて行った結果、「年金問題」は現行制度のまま維持していくことが最も最良の方法
であることがわかりました。(社会保障国民会議でググってみてください。具体的な資料が提示されてい
ます。)

ところが、医療費と介護費の分野に関しては、団塊の世代が後期高齢者の世代に入る頃(2025年頃)
を目安に、その財源が圧倒的に不足することが数値上明らかにされたのです。

社会保障費は、景気の善し悪しに関係なく、常に、普遍的に支給し続けなければならないものです。

景気の影響を受けにくく、常に一定額以上の税収が見込める財源として着目されているのが消費税。
現在でも、消費税はその用途・目的として、「年金・医療・介護」の分野以外に利用することが認められ
ていない税金です。(国会予算総則第4条)

では、一体どのタイミングで増税すれば良いのか。

その目安となるのが、国民が景気回復を身を持って実感できる状態にあるのかどうか。
このことで、麻生元総理が、景気回復の目安を、「名目GDP成長率が安定して3%を達成するようになっ
たら」と発言していましたね。

経済問題を短期的に見るのか、長期的に見るのかで考え方は変わってくると思います。

短期的には、何よりも景気経済回復優先。長期的にみると社会保障問題が国内の経済に対して深刻な影響
を及ぼす可能性を否定できません。将来といっても、もう10年後、15年後の話ですから、すでにその
話題が議題に上がらないのはおかしい話。

ちなみに、民主党の皆さんは、誰ひとりとして社会保障国民会議に参加していません。
ですから、自民党が与党にいる時代、彼らは、「財政再建のため、消費税増税をするのはおかしい」と
か、「最低保障年金制度を全額税負担で賄うべきだ」とか、全く筋違いの発言で国会を徹底的に混乱させ
ていました。

んで、菅直人に至っては、「消費税を増税して、増えた税収分を介護分野に投資し、雇用につなげる」と
かわけのわからないことを言っていました。民主党の人間は、野党時代から、与党時代に至るまで、誰ひ
とりとして「消費税を社会保障の分野以外に用いてはならない」ことを知らなかったのです。

んで、今更になって、この社会保障国民会議で話し合われた内容と、全く同じ内容の話を、当時とほとん
ど同じスタッフを使って、もう一度会議を開いて話し合おうとしているんです。


熱くなりました。短期的には赤字国債を発行してでも公共投資を行い、何よりも景気の回復を最優先す
る。国民が景気回復を時間できる段階に到れば、速やかに消費税増税の話し合いをする。景気の回復を
減速させないことに最新の注意を払いながら、段階的に消費税を増税。これだと思います
投稿日時 - 2011-02-23 11:41:54
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)

ベストアンサー以外の回答 (13)

回答No.9
目的次第でしょう。
例えば、消費税増税をしてそれを借金返済に使用する財政再建・緊縮財政なんて愚策を行えば、日本経済を破壊する自殺行為となります。
例えば、消費税増税をして副詞を充実させれば、国家の方向として高福祉高負担の国へと向かいます。
例えば、消費税を増税して公務員全員を警察官並みの所得にすれば、国民の不満は拡大し、将来不安は増大し政府の信頼はより低下してゆくことになるでしょう。

基本的に消費税だけで見てもほとんど意味が無いということになると思います。全体として税負担をどの様に行うべきかが議論されなくてはなりません。が、現在の大手マスコミの姿勢からすると、公にそういった議論をすることは無理なのかもしれません。


> 仮に消費税をあげたら消費が減ってさらの景気が悪くなりそうな気がするのですが…。

消費税増税をすると仮定し最大限景気に配慮する場合、0.5%増税を半年ごとに数年間税率に応じて行えば、程度問題はありますがマイナス要因はかなり減ります。デフレ環境である間はこの手法は効果的です。問題は増税してその税をどのような政策として国民生活に反映させるのかという事です。

税金は100%国民生活に使用されており、国民が支払った税金は、その後必ず国民へと支払われ国民が受け取っています。もちろん国民とは企業役員であり、一般サラリーマンであり、政治家でもあり、公務員でもあります。
投稿日時 - 2011-02-22 14:43:17
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
回答No.2
>消費税は本当に上げる必要があるのですか?
これは yes でもあり no でもあります。
つまり増税はほぼ必要であって、その方法論として消費税を含むか含まないかということです。

質問者さまの危惧はその通りで、いくらの増税が必要で、いつ、どこから、何税で、どの割合で取るかが問題です。

欧米と比較して消費税が数十パーセントでもいいと言う人もいますが、その国の政策の方針や法人税などの税率を加味していない考え方であって、消費税の増税は国民だけでなく企業にも大きな負担を強いるので、この国独自での慎重な議論が必要になります。
(が、今は予算案すら危機的状況ですが…)
投稿日時 - 2011-02-21 11:13:25
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
回答No.14
>消費税は本当に上げる必要があるのですか?

目的にもよります。消費税を導入して以来、景気も悪化、国も疲弊しましたね。ですから国を疲弊させる目的なら増税する必要がありますし、国を立ち直らせたいなら撤廃すべきでしょう。ですから、消費税を上げなかった日本は崩壊してしまう、と言う事でなく、消費税を撤廃しなければ日本は崩壊してしまうと言うべきです。

>消費税をあげたら消費が減ってさらの景気が悪くなりそうな気がするのですが…。

全くその通りです。元々欧州の間接税は贅沢税的なもので、ブランド物と学用品に同じ税率を掛ける日本の消費税とは全く違います。税率だけ真似しようとする事自体が間違いである事は明らかですね。 贅沢品にいくら税率を掛けようと金持ちは買うから、贅沢品に増税しても消費に対する悪影響は限定的です。むしろ、金持ちのステータス志向を考えれば、税金の低い安物など逆に買う気が起きないでしょう(笑)
投稿日時 - 2011-03-05 02:25:15
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
回答No.13
http://www.amazon.co.jp/dp/4584123179/
各省の天下りや渡り、公務員全体のとんでもない優遇を止められないなら、上げないと仕方ないでしょうね。
上げれば更に社会保障費も増大するのですがね。消費税を値上げして、国民生活が破壊されようが、国民の自殺が増えようが、国(省)は気にしていないです。自分達が良ければ良いのです。選挙で自民が与党になったら、即、消費税は値上げされ、益々日本国内での仕事は無くなるので、子供は絶対に産んではいけません。
投稿日時 - 2011-02-25 19:26:14
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
回答No.12
消費税をあげるときにいくつかの規制をもうける必要があると思います。
消費税にたよって、社会を維持しようとした場合、生産や所得に対する
税の割合が低くなります。

本来は、同じ場所で生産活動をして、所得を得て、消費をするという
サイクルがあまりどっちかにへだたらない方が、豊かなコミュニティー
だといえると思います。
投稿日時 - 2011-02-24 13:18:36
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
13件中 1~5件目を表示
この質問は役に立ちましたか?
1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

  • question

    景気対策。いろいろ話題にはなりますが、一向に決まりません。 日本の国会は、緊急事態にもかかわらず、どうし...

  • question

    消費税問題、このまま逃がしてよいのでしょうか... 過去の例を見ても景気が上向いた実績がなく、社会を混乱と貧困に貶めた消費税、このまま逃がしてよ...

  • question

    景気対策。今、国会は経済対策でいろいろもめています。 自民党の政策案もいろいろ書かれていますが、本当に効...

  • question

    バブル景気崩壊の要因は?バブル景気の崩壊をもたらした要因を2つあげ、それぞれの意味と両者の関係を説明してほしいです。 ...

  • question

    消費税増税と景気悪化について明日明日衆議院議員選挙です。 どの党も消費税を増税又は増税反対でマニフェストをうたっていますが...

  • question

    消費税の増税と景気回復総理大臣が景気回復を条件に消費税を増税すると言っていますが、政府が増税が必要なのは不景気の場合...

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

関連するガイド記事

    回答募集中

    同じカテゴリの人気Q&Aランキング

    カテゴリ
    経済
    -PR-

    OKWaveのおすすめ情報

    特集

    このQ&Aの関連キーワード

    同じカテゴリの人気Q&Aランキング

    カテゴリ
    経済
    -PR-

    ピックアップ

    おすすめリンク

    -PR-
    -PR-