-PR-
解決
済み

ボディのテフロンコートについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.64347
  • 閲覧数527
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 81% (47/58)

車のボディに加工する、テフロンコートというのは、
いったいどういうものなのでしょうか。
フライパンみたいに、表面がざらざらした感じになるの?

駐車場に屋根が無く、
せっせと洗車・ワックス掛けするのが面倒な人には、
水洗いだけできれいになるので良いときいたことがあるのですが、
どんなもんでしょうか。

デメリットもあったら教えてください、よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

トヨタのお店、ということであれば、CPCペイントシーラントによるコーティング、ということです。2年持つ、というのは、きちんと手入れをした場合です。屋根付き車庫保管であれば、5年保証、などといっているはずです。まめな洗車は必須です。
これは水が潮がひくように切れていくタイプのコーティングで、水玉による弊害について心配がありませんから、屋根なし駐車のharonさんにはあっていると思います。
5万円、というのは地域差や車の大きさにもよりますので一概には言えませんが、やや高め、といったところです。
2年後どうするか、という点については、ディーラーは再加工か、完全除去のいずれかの施工を勧めるはずですが、そのままにしておいてもどうという事はありません。実害はないという事です。気に入ったら再加工すれば良いし、5万円の価値がない、と思えば何もしなければ良いです。
問題は、ディーラーのポリマー加工の技術です。サービスマンが研修を受けてこれに当たる場合が多いようですが、当然専門店の技術とは比べるまでもありません。
お車が新車で、なおかつ白かシルバーメタリックであればトラブルの可能性は少ないですが、黒や紺のソリッドであれば、もしかしたら、と不安を感じます。
ディーラーの方もこれを読んでおられるかもしれませんが、実際にクレームが発生している事は事実です。
中古車であれば、ポリマーをかける下地を整える必要があるのですが、これには技術の差がハッキリとあらわれます。専門店に持ち込んだ方が無難です。
ディーラーによってはコーティング作業を専門店に外注に出している所もあります。結果的にはこの方が安心ですね。
お礼コメント
haron

お礼率 81% (47/58)

vitamin-powerさん、
丁寧にありがとうございました。
私の車は、シルバーメタリックなので、良いのかもしれません。
ディーラーのお兄さんとも相談して、考えてみようと思います。

詳しくてわかりやすいご説明、
本当にありがとうございました!
投稿日時 - 2001-04-17 23:20:11
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

テフロンコートというのはフッ素樹脂のポリマーコーティングをさしていう事が多いのですが、「テフロン」はデュポン社の商品名ですから、厳密にはデュポン社の許諾なしで使用しているものは不正といえます。CPCペイントシーラントという商品は正式に認可を得た商品のようです。 まあ、それはともかく、フッ素の配合が多いものは「はっ水系」となり、固形ワックスを掛けたような水玉効果が長持ちします。水玉はレンズ焼けや輪ジミの原 ...続きを読む
テフロンコートというのはフッ素樹脂のポリマーコーティングをさしていう事が多いのですが、「テフロン」はデュポン社の商品名ですから、厳密にはデュポン社の許諾なしで使用しているものは不正といえます。CPCペイントシーラントという商品は正式に認可を得た商品のようです。
まあ、それはともかく、フッ素の配合が多いものは「はっ水系」となり、固形ワックスを掛けたような水玉効果が長持ちします。水玉はレンズ焼けや輪ジミの原因とされ、本来塗装の為にはあまりよろしくない、といわれていますが、コーティングの効果が実感できる為か、現在おおいに流行しています。
フッ素を樹脂の強化剤として使用しているタイプは水玉をつくらず、潮がひいていくような水の切れ方が特徴です。手触り(触感)も良く、ヌメリ感のある綺麗な仕上がりです。欠点といえば効果が実感しにくい事ですね。
現在、どちらのタイプもテフロンコーティング、という名前で施工されています。ちなみに鏡面仕上げとなりますので、フライパンのようなざらついた仕上がりにはなりません。
水あか汚れはつきにくくはなりますが、完全に防止できるものではありません。鉄粉やピッチタールなどの付着はやはり避けられません。また、水洗いは必ず必要です。こまめに洗車していれば、汚れは簡単に落ちます。
どちらも、塗装の劣化(酸化)を防ぐ事が主な目的で、付加価値として洗車だけで深みのある美しい光沢を得る事ができます。
デメリット、というのは加工代金が高価な事、くらいです。粘度の高いポリマー剤を使用して高耐久(3年以上持ちます、といったもの)は補修塗装がやりづらい(ポリマー膜を除去しなければ塗装がのらない為)ので、スリ傷なんかを作ってしまった場合には少々やっかいです。はっ水系のポリマーの場合、熱処理等で耐久性をあげたものは、たしかに長持ちしますが、寒暖差(温度差)で割れてしまう事も過去ありました。当然施工店の保証の範囲内ですから気にしなくても良いのかもしれませんが。
お礼コメント
haron

お礼率 81% (47/58)

丁寧な解説、ありがとうございました!

なるほどなるほど。
私が考えてるのは、トヨタ店でのコーティングなのですが、
5万円くらいで、2年は持つ、と書いてありました。
これが標準でしょうか?

では、2年後になったらもう一度コーティングしなくちゃ
なのでしょうか?
投稿日時 - 2001-04-17 17:10:19


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ