• ベストアンサー
  • 困ってます

悪魔祓いをするのは男性(神父)だけでしょうか?

悪魔祓いをするのは男性(神父)だけでしょうか? SFやホラーが好きで、エクソシスト系の映画も好きでよく観ています。 アマチュアが書いたホラー小説を募集している所があり、面白そうな為、応募しようと思っているのですが、映画で得ただけの知識なので、根本的な事が分かりません。 宗教はキリスト教(カトリック)として・・・ ・悪魔祓いをするのは神父だけなのでしょうか?女性は悪魔祓いは出来ないのでしょうか?  映画では、シスター(女性)は悪魔祓いしているシーンを見た事がないのです。 ・悪魔にもインキュバス、サキュバスと性別(?)がありますが、その違いによって、その悪魔を倒す人間(適した人物)も異なるのでしょうか? 設定自体は、多少事実と異なっても可らしく、メールフォームで、どのくらい事実と異なって許されるか聞いたのですが、「警官が医者として働く」ような明らかな改変はNGだけど、エクソシスト自体がフィクションめいているため、アニメの「クロノクロセイド」ほど逸脱しても構わないそうでした。 しかし、出来るかぎりは基づきたいです。 友達がクリスチャンでカトリックなので、連れてってもらおうと思いましたが、SFすぎて神父さんに嫌な顔をされるもの困るため、やめました(笑)。 ご存知の方、教えてください(アニメ・書物の設定でも構いません) この質問がアニメか映画か哲学か、何処にカテゴリを絞るか分かりませんでした。 キリスト教の為、哲学カテゴリにしましたが、場違いであれば申し訳ないです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1782
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

エクソシストはカトリックでもごく限られた修道会だけ、中には否定的な人も居るので、少なくとも日本で参考になる事は少ないでしょう。 カトリックはその前身はユダヤ教。ユダヤ教が男社会だった為、カトリックもその影響を受けているので、中心は男だけです。但し明解な差別の根拠はありません。単に習わしです。理由の殆どは後付けです。 いちおう、悪魔の誘いを受けてエデンを追い出されるきっかけになったのが女性だからとされていますが、そんなことから神父になれない女性にエクソシストも居ません。 でも他の宗教では女性に霊力があるとするものも少なくは無いし、中には女性だけというものもあります。 日本では本来女性に霊力がありますが、歴史の中で男性社会になってしまいました。 これには陰の世界(あの世。天界)の長を女性(アマテラス)とし、陽の「この世界」の長(天皇)を男とするという考えをする人も居ます。 またキリスト教の悪魔とされているものの多くは、古代ヨーロッパの各地の神や聖霊です。カトリックは布教するに当たって、これらの神や聖霊を悪魔や悪魔の使い魔としてきました。だから悪魔には性別があるものやはっきりしないもの、様々なものが居るのです。 ただ、女性の悪魔に対して男が苦戦することは確かみたいですね。魅力溢れる女性に打ち勝てるのは意志が強いか、天性のボンクラか男色者くらいでしょうから。もっともカトリックでは男色者はご法度ですが。 ちなみに私が母の信奉する某新興宗教に、母の付き添いで通っている時に、会員の男性を無意識に誘惑した女性相談者がいて、教祖直々に「貴方は色情因縁が無いから、貴方が相談に乗って下さい。他の男性には接触を禁止します。」と命じられた事があります。 母が勝手に登録したとはいえ、私はカトリック信者ですからね。以前から知り合いだった教祖もその事は知っているはずで、私自身どころか、そこの熱心な信者にも驚かれましたよ。 私自身はいつでも転びバテレンになりたかったくらいなんですが、モテない理由がそこで判りましたw 上手く解決しそうになったとき、地方の幹部が誘惑に負けて、二人で脱会して逃げてしまいました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>だから悪魔には性別があるものやはっきりしないもの、様々なものが居るのです。 インキュバス(男)とかサキュバス(女)という類でしょうか? 某映画では、男悪魔は女エクソシストが倒し、女悪魔は男エクソシストが倒すとなっていたのですが、皆さんの回答を聞いて、女性の悪魔祓いはいないと知りました。 書く前に質問しておいて良かったです。 エクソシストについては、私は否定的で、あくまでフィクションでありSFとして観ています。 キリスト教は、天国や天使や神様が居るとかで、邦画も洋画も、もっぱら綺麗な設定のキリスト教ですよね(霊界とか閻魔とか言われても地味ですしね)。 私が小説作りの為に調べているのはカトリックですが、プロテスタントもキリスト教ですよね。 友達がキリスト教の信者なので、プロテスタントの教会にも連れてって欲しいとねだったのですが、「派閥があるからダメ」と断られ、冷めるような思いをしたこともあります。 色々わかりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • カトリック教会について

    最近、思い悩むことがあって、学生の時(小学校から大学までのどこかですが、特定されるかと思いますのでどこかは言いません)に親しんだキリスト教カトリックを思い出しました。 現在20代で、カトリック系の学校にかよっていました。 自分が学生の時には、なんとなく毎日の祈りをして、なんとなくミサに出席していましたし、神父さまやシスターの授業を聴いていました。 今思えば、もっときちんと聴いていればよかったと思うし、授業の資料などもとっておけばよかったと思います。 そこで、もう一度カトリックに親しみたいのですが、今はその学校のある場所からは離れており、その学校で縁のあった教会を訪ねることはできません。 教会にもう一度行ってみたいと思っているのですが、また洗礼を受けるまでの気持ちはありません。 また、はじめて教会に行く時には、どのようにすればいいのでしょうか? できればカトリックの信者の方や、カトリックの教会に通ったことのある方に回答をいただきたいです。 (また、実家はキリスト教ではなく、墓は寺にあります。 親は、私が教会に行くことを心配すると思うので、できれば隠しておきたいと思っています。)

  • “悪魔憑き”のような症状・振る舞いをどう感じますか

    こちらはOKWAVEが主催するイベントカテゴリー 【特別企画】『OKWAVE Stars』からの質問です。 http://okstars.okwave.jp/ 実在するエクソシストと“悪魔憑き”に悩む人々を追ったドキュメンタリー映画『悪魔祓い、聖なる儀式』(公開中)のフェデリカ・ディ・ジャコモ監督から質問です。 「この映画に出てくる人たちは苦しみや不安、居心地の悪さを“悪魔憑き”という形で表しています。とくにキリスト教文化とそれほど近しいわけではない日本の方たちはそのような症状あるいは振る舞いをどのように感じるでしょうか。」 たくさんのご回答お待ちしています(^^)/ ※参加にあたっては、下記リンク先の注意事項をご一読ください。 http://okstars.okwave.jp/ ☆フェデリカ・ディ・ジャコモ監督への映画『悪魔祓い、聖なる儀式』についてのインタビューも下記からどうぞ! http://okstars.okwave.jp/vol708

  • キリスト教の宗派について

    宗教のカテゴリーがよくわからないのでこちらに質問させていただきました。 私は「神」自体を信じてはいませんが、宗教に興味を持ちました。信仰としてでなく、あくまでも宗教学として。イエス様も実在の人物と思っていません。 現在キリスト教関連の本を読んでいますが、カトリックとプロテスタント違いはおおよそ理解しました。ただ、このふたつに分かれた(分類するともっと多く分かれるのでしょうが)理由はなんなのでしょうか。「社会契約論」とか「ローマ教皇」がからんでいるというようなのも読んだ気がします。 このふたつの宗派は敵対もしくは迫害しあっているのでしょうか。お互いを否定しているのでしょうか。 また、こういった事のいくつかを教会へ行って、神父さんもしくは牧師さんに話を聞かせてもらうのは失礼な事でしょうか。 また、教会は外見上カトリック・プロテスタントの見分けはつくものでしょうか。 質問が多くなったのでまとめます。 1.カ派・プ派の分かれた理由 2.そのふたつの敵対度 3.教会で話を聞かせてもらっていいものか 4.教会の見分け方 信仰している方、神父さん、牧師さん、修道士さん、宗教学を学んでいる方、一般の方など御自身の立場も教えていただけると嬉しいです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

この系統の小説を書く材料として http://www.amazon.co.jp/%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%83%BB%E4%BC%9D%E6%89%BF%E4%BA%8B%E5%85%B8%E2%80%95%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%A5%B3%E7%A5%9E%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%BE%A9%E6%A8%A9-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%A9-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC/dp/4469012203 はお勧めですよ。 サキュパス・・・あるゲームでサキュパス狩して稼いでました。 一匹倒すと1000ゴールド落とすので、おいしいやつでした。 上の本にサキュパスに関する記述が載ってます。 キリスト教って沢山の悪魔を創造したんです。 多くは侵略したところの人々が祖先から信仰してきた神様。 キリスト教は侵略した人達をキリスト教徒に改宗させるために、それらの神々を悪魔だと言ってそそのかし、信仰を捨てさせたんです。 例えばキリスト教は神をエルと呼びます。 エールはバビロニアの神です。 キリスト教が憎み嫌っているバビロニアの神がエールなんです。 しかしエールは年老いた神で(古い神って意味)、息子のバアルの方が力があるとされた。 バアル バル ベル。 バルなんとかって意味は なんとかの息子って意味で使われます。 まっ ともかく悪魔のほとんどはキリスト教が改宗させるためにでっちあげたもの。 天使は、、、もともとユダヤ教から派生したものだと思います。 新世紀エヴァンゲリオンって知ってます? 最初に出てくるもの、あれはケルビムって言う天使です。 全身が目だらけの天使で、それで人間を監視しているとされた。 で、天使にどうして羽がついているのかというと、ほらハト、翼を広げるとまるで目のように丸い模様があるでしょ? 鷹もそう。 ケルビムも翼が目だらけなのは、鳥からきているんだと思います。 しかし、もともとこれもやはりバビロニアが起源です。 これも上の辞典にのってます。 当初はこんな感じの名前だったんですが、後に天使の名前にエルがつくようになったんです。 例えば エンジェえる とか ミカえる、ガブリえる とか。 エルは上で説明しましたし、あの辞書にも説明が載ってたと思います。 言葉には力があるとされていたんです。 というか 今でもされているんです。 例えば日本の天皇は儀式の時、必ず紙を読み上げますよね? 呪術でマントラ(真言)と同じ意味を持ちます。 言葉には力があり、適切なときに適切な言葉を発すると、それが実体化するとしているんです。 だから天皇は儀式のとき「国民の幸福を願います」と言って呪文を唱えているわけです。 ヘブライ文字は子音しかないので、本来発音はできません。 文字を実体化させるために子音に母音をつけて言葉として発するんです。 だから注意して母音をつけないと、母音をつけそこなうと別な発音になるし、別なものを実体化させようとしたことになるので、儀式の時子音のみのヘブライ文字を発声するときは慎重にしなければならないわけです。 で、エクソシストたちの祈祷も、言葉には力があるとしており、強力な言葉で悪魔を退散させられると考えているので祈祷をするわけです。 女性は言葉で邪気を退散させられるか? 無理 喋りすぎるから。笑 男の場合、なんでも秩序とかを重んじるでしょ? 時計は女性にとってはファッションだけど、男は分解してどういう仕組み化調べるでしょ? 「ほー こうすればこういう動きになるのか」とそのメカニズムを解き明かして満足するでしょ? で、女性の場合 やはり愛とか感情で解決させるみたい。 システム脳じゃなく感情脳だから。 だから女性が邪を退治するとなると、<セル>って映画みたいになっちゃう。 セルって相手の中に入り込み相手の気持ちを理解し、救うために相手を殺したでしょ? <摩多羅神はどこから来たのか>って論文を読むと、マタラでマは母親のマでタラはターラって神からきているみたいだった。 創造し養育し滅ぼす神。 三位一体の神の破壊の面。 セルって映画で最後に主人公は相手を殺すことで救った。 昔の人は慈悲深い神としてターラを崇拝していた。 ということで、女性を主人公にするといいかもぉ。 だって 男は殺せても産んで育てることはできないでしょ? 三位一体は男神じゃできないでしょ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 紹介された本を図書館で借りて、やっと読み終えました。 すごい高い本なので、図書館にあって良かったです。 エヴァンゲリオンについては、神と言われてもピンとこない面も有り、唯一、カヲルが言っていたリリスやリリイについてのみ、疑問符が残りました。 結局、最後まで分からないことだらけのアニメでした・・・。 kigurumiさんの使徒やケルビム(智天使)について、神父さんに聞いてみようと教会に行ってエヴァンゲリオンの単行本を見せたら、エヴァンゲリオンの英単語の中にANGEL(天使)が入っていると知らされ、驚きました。 小説の締め切りが大晦日なので、色々調べてみます。 薄っぺらな小説にはしたくないので、もっと練ってみます。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

エクソシストを養成しているのは、私が知る限りキリスト教ではカトリックだけ。 日本で民間信仰だと祈祷は女性が受け持っている集団が結構あり、「キツネがとりついた」としてぶったたいて殺す事件とかありますが、、、、 他に除霊と称する人がテレビに出演しますが、ほとんど女性ですよね。 これはヒミコが呪術師だったということや、エジプトとかあっち系統でも巫女さん的職業の人は女性だったというのが背景にあるからかと。 じゃあ どうしてカトリックは男だけなのかというと、カトリックは女性の聖職者はいないんです。 シスターは尼さんであって、指導者的立場の人はカトリックには1人もいないんです。 実際、ドイツで恐らく精神疾患によるものと思われますが、その当時は脳科学が発達しておらず、精神科でも手のほどこしようがなく、藁をもつかむ思いでエクソシストが呼ばれたそうですが、二人のエクソシストに対してバチカンは冷ややかだったようです。 ネットにその祈祷の様子の声がアップされていますから、聞いてもいいと思いますが、ドイツ語です。 しかもイエスじゃなくてマリアにエクソシストは救う様に訴えている。 で、エミリーローズのモデルとなったアンネリーゼさん。 恐らく狂信的な信者で自己暗示力がものすごい強い人で、自分を罰することに熱心だったために、ヒステリー症状を起こし、錯乱と歩けなくなったのだと思います。 彼女がヒステリー症状だったと思われる理由は、彼女は妄想を起こしマリアがそばにいると思い、それで歩けるようになったことと、妄想で安心感を得て、自分を罰する決意をしたことだと思うんですね。 自分の中に悪があると思い込み、死ななければならないと思い込み、カトリックは自殺が禁止なために、地獄の落ちた人を救うために自分が死ぬという犠牲を払う必要があるとして、自殺を肯定した。 人の犠牲となるために死ぬのは良いことで、そういう死なら罪深い自分は天国にいけると思ったようなんです。 こ・こ・これは・・・と思った。 ここまで狂信的だと救いようが無いため、エクソシストたちの働きかけにも関わらず食べることを拒否して餓死すること自ら選んで実行した。 その前に何度も自虐をして自分の身体を痛めつけましたが。。。。 彼女がもうちょっと宗教に不熱心だったら、死ななかったでしょうね。 エクソシストの祈祷の内容を読んだことがありますが、ほぼ日々の祈りと同じですね。 「天にまします我らの神よ 願わくば・・」ってはじまって「イエスがお前をちなす 去れ」とか言うわけです。 こっちはマリア出てきませんね。 エミリー・ローズのモデルとなったのはアンネリーゼさん。 ぎゃーーー うぎょーー と絶叫している中、エクソシストたちは淡々と祈祷してましたよ。 で、聞いていてふと思った。 「俺はカインだ ネロだ ユダだ ヒトラーだ」とかアンネリーゼさんが言うわけですが、ドイツ語なんですよ。 「悪魔 ドイツ語喋るんだ 大阪弁だったらおもしろいだろうな」って。 すごいことです、当時を知る人が現代に蘇ったわけですから、古代文書をもしかしたら読めるかもしれない。 是非 読んで解読していただきたいものです。 できたら、古代エジプトの悪魔になった人、呼び出して解読に協力してほしいものです。 で、結局はエクソシストによって精神疾患が治った人は1人もいないんです。 まあ だからこそ架空の物語では奇蹟を起こす人として登場させるのでしょうけど、、、 じみーなもので、決して市民権を得てませんよ。 だいたいの映画では、キリスト教がやる聖餐式と同じような感じでやってますね。 あと入信するときの儀式とかも流用されています。 聖水が効果があるとされるし、民間信仰だと銀製品を悪魔は怖がるとしているので、倒す武器として銀製品を使っている。 まあ そんな感じで、基本 聖水と銀の弾丸か刀でいいんじゃないかと。 ホラー映画、昨日みてましたけど、実際悪魔崇拝している集団はいない。 妄想でいるとしているだけ。 まあ、宇宙人でも幽霊でもいいのですが、あまりにもこういう映画が流行ると、アンネリーゼさんのような人が出現してしまうと思うんです。 恐らく彼女はエクソシストという映画を見て、ああなってしまったんだと思うし。 映画って影響力がすさまじいんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>当時を知る人が現代に蘇ったわけですから、古代文書をもしかしたら読めるかもしれない そうですよね。本人を呼べば、現代人が文字を解読する手間が無くなりますしね。 大河ドラマも、史実に基づいて作りやすくなりますよね >映画って影響力がすさまじいんです。 そうですね。 元々悪魔や天使関係の映画が好きで、SFが好きなので聖書も読んでいると面白いし、書きたくなりまして(影響されているのかわかりませんが、信じてはいません)。 土から人間が出来る。1週間作った 光あれ→作った 大地あれ→作った 何でもありな感じですが、SFとしての発想は実に面白いし、天使悪魔という架空人物の描写も際立って余計に(因みに、天使はカトリックのみの存在なのでしょうか?)。 映画が沢山あるのも、設定が面白いからでしょうね。 kigurumi様はお詳しいですね。信者の方ですか? キリスト教について、SFだとか設定だとか言いたい放題言ってしまいました。不快に思われたらお許し下さい。 いい小説が出来そうです。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#140269
noname#140269

キリスト教において、儀式等を司る『司祭』という地位は男性しかなれません。ですので、悪魔祓いもキリスト教徒の「儀式」に当たるので、『司祭』と呼ばれる方の仕事です。それで「女性の悪魔祓い」は存在しないのです。因みに、東方諸教会、正教会、カトリック教会、聖公会などの区別(日本で言えば仏教の宗派)がありますが、中には「司祭は結婚不可」とされていたり、「結婚している者は司祭にはなれない」とされているものもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、そういう事だったのですか。 儀式と考えれば、悪魔祓いも納得です。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 霊障などについて西洋、東洋でなぜ違う?

    西洋では悪魔憑きだのエクソシストだのが有名で、神父が聖書と聖水を手に「悪魔よ、去れ!」なんてやってます。 日本では狐憑きが近いとは思いますが、それ以外にも「この地で無念の死を遂げた女性が幸せそうなあなたを見て・・・」とかもあります。しかしそれは西洋にはありません。 これはなぜですか? 「文化の違い」というのは分かりますが、この手のことって万国共通のことじゃないの?と思うのです。 たとえば仏教には「極楽浄土」という概念があります。一方、キリスト教では「ヘブン」という概念があります。 呼び名や細かい部分は違っても、「死んだ後にいくところ」「善人が行けるところ」「美しい花が咲き乱れ、とってもいいところ」といった概念は共通してます。 また、キリスト教では「マリア様」が母性の象徴なら、仏教では「観音菩薩」が西洋のマリア様に該当するものと考えられます。 仏教やラマ教、キリスト教のいずれも鐘を鳴らして祈りをささげ・・・と、精神世界は共通点が多いのに、なぜ霊現象だけ西洋では「堕天使ルシファーが取り憑いているからだ」となり、日本では「あなたの背後に無念の死を遂げた武士の霊が・・・」となるのでしょうか? できれば霊能力がある人に教えていただきたいです。

  • 信仰するにあたって

    はじめまして。 この質問を読んでくだりありがとございます。 キリスト教を私の宗教とし、信教したいと思っています。 うまく書けないし、こんなこと書いたら失礼にあたるかもしれないのでが 私は、幼稚園がカトリックでした。 引越しての途中入園で、ほとんど通ったという記憶はないのですが それでも、毎日のお祈りは今でも覚えています。 しばらくは小学校に上がっても、覚えたお祈りを、ひとりで寝る前にしていたほどです。 永く通っていた園児には、マリア様の小さな陶器の像が贈られるのですが 私はもらえなかったため、子供ながら折り紙で作った十字架を壁に貼り、その十字架にお祈りしてました。 でも、母に、はがされてしまったのです。 こういうことはしてはいけないと言われ、お祈りもやめさせられました。 そして、もう一つ大切にしていた、幼稚園のシスターから届いた絵ハガキも、気づいたら捨てられていました。 それから15になるまで、心に鍵をかけてしまい、思い出しませんでした。 でも、すごくつらいことがあって。 それから、信仰を持ちたいと思うようになりました。 図書館で聖書を読み、母や父に知られないように、隠れて読みました。 父も母も宗教が大嫌いで、こういう言い方は失礼ですが まるで自分たちとは住む世界が違う人間なのだという態度をとります。 私は、どの宗教でも、信仰をもつことは素晴らしいことだと思います。 でも、父と母のことは別なのです。 父も母も、まるでそんなことをするのは頭がおかしいのだと、思っているんです(カトリックではなく宗教に入っていらっしゃる方が両親の友人2組にそんなことを言います・・・) 友人のことをそんな風に言っているのを聞いているし 娘の私にも、情け容赦なく、自分の価値観と違うものは受け付けようとしない両親です。 カトリック教会に行って、神父様のお話を聞きたいと思うのに、何と言われるか、何を思われるか恐ろしくて、両親に言いだせないのです。 両親は私の交友関係などすべて把握しており、行動すべて把握して、家から出るときはどこにいくか、誰と会うのかすべて話さないと家から出してくれません。 ここには書けないほど両親との関係は不雑で、人にはわかってもらえないのです。 でも、神様なら、色んなことすべてを受け入れてくれるのではないかと思ってしまうのです。 私は、先ほど書いた幼稚園の頃のシスターのような人間になりたいんです。 でも、両親に信仰のことを話すのには、とまどいがあります。ありすぎます。 どうすれば両親にわかってもられるのでしょうか。 私はどうしたら、教会に行って神父様のお話を聞けるのでしょうか。

  • カトリックかプロテスタントの思想が入った映画は?

    キリスト教(カトリックかプロテスタント)のキャラクターや、神への信仰や聖書の引用などがセリフに出てくる洋画はどのようなものがありますか? 悪魔信仰とか、特殊な宗教団体の作った映画ではなく、カトリックかプロテスタントのどちらかのうちで、たとえば「最高の人生の見つけ方」や、「チェンジリング」「グラントリノ」のような、くどすぎない程度の、信仰が物語の進行中に見え隠れする(セリフに「神」の名や、聖書からの引用などが出てくるとか)映画を希望しています。 (全体の8割りがたがそういったセリフが出てくるものでも、1割未満でも、とにかく出ているものならなんでもいいです。) 人生の苦悩をテーマにした物語の中に、そういったセリフが入るものだとなおうれしいです。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします!

  • この人たちに何て声をかければいいのでしょうか?

    道を歩く人に呼びかける時には、一般的には 「すみません ・・」 と言うと思うのですが、職業がハッキリ分る次の人たちには、すみません、以外に何て声をかければいいでしょうか? 1.仏教系のお坊さん。 修行中の雲水から、高僧まで、同じように 「お坊さん」 と声をかけて失礼にならないでしょうか。 そもそも、お坊さん、と声をかけていいものか、どうか ・・・ 明らかに住職と分っている場合は 「住職さん」 と呼べばいいと思うのですが、それ以外の方に対しては? 2.キリスト教のシスター。  同じく、プロテスタント系とカトリック系の判別が付かない場合の牧師、または神父。 カトリック系の神父さんに、間違って 「牧師さん」 と呼べば失礼になるでしょうか? 3.幕下のお相撲さん。 たしか 「関取」 と声をかけていいのは、十両か幕内力士以上だったかと ・・・ 4.警察官。  制服警察官から私服刑事、あるいは署内で事務を取っている警察官から本部の幹部まで 「お巡りさん」 と呼んで失礼にならないでしょうか。 それと 「お巡りさん」 というのは、本来良い表現方法なんでしょうか? 5.自衛隊員。 「そこの自衛隊さーん」 と呼ぶべきでしょうか? 6.政治家の秘書。 名前が分らない時です。 「先生」 では、具合が良くない感じがします。 「秘書さん」 では変だし ・・・ 7.農業に従事している人。 「お百姓さん」 と呼んでいいのでしょうか? 8.前座や二つ目の落語家。 「師匠」 と呼んでいいのは、やはり 「真打」 になってからでしょうか? 9.ゴルフのレッスン・プロ。  直接レッスンを受けていなくても 「先生」 と呼ぶべきか 「プロ」 か ? 声をかける時、いつも迷っています。 「すみません」 と呼んでごまかしていますが、本当はどう呼べばいいのでしょうか?

  • キリスト教徒のセックス観

    映画『ダ・ヴィンチ・コード』について、「原作のテーマが、イエス・キリストが結婚して子供をつくり、その子孫が現在も生きているという、聖書を重んじるカトリック教徒にすれば冒賣的な内容なのです。」と解説した記事(http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20060521100000/Gendai_19935.html)を読みました。 キリスト教では、教祖であるイエス・キリストは結婚したり子供をつくったりしていない、と伝えているようですが、聖書を重んじる人々は、結婚しない、子供を作らない、ということを美徳としているのでしょうか? しかし、カトリック教徒にも子孫が存在する現実を考えると、それは不自然なので、きっと実際はそのような考えではないのだろうと思えます。 宗教に疎い(聖母マリアが処女でありながら受胎したことや、宗派によっては自慰行為を認めていない、ということを見聞きした程度)ので、キリスト教徒のセックスに関する基礎的な概念をご教示いただけると幸いです。 なお、宗教のカテゴリが見当たらないので「哲学」で投稿しました。

  • 邦画ではなく洋画でした・・この映画のタイトル知って居る方

    どちらも古い映画で、TVで1度見たきりなのですが、どうしてもタイトルが分かりません; 何方か知っている方宜しく御願いします。完全にオカルト系です。 1つ目の映画 ○黒魔術で悪魔を復活させている話 ○鳥などの血を使ってペンタクルを描いてある ○そのペンタクルの周りにロウソクが並べてある ○倉庫みたいなところを宗教団体が使用している 2つ目 ○白い豪邸 ○家自体が悪魔にのっとられている(?)家が意思を持っている ○小さな子供は家に入れるのに、大人が入れない ○クライマックス時子供(多分女の子)を助けようと母親が必死に家に入ろうとする ○母親が家に入った瞬間に、家が大炎上する ○最後辺りに、家の前がロウソクで囲まれているシーンがある(無いかもしれない) オーメン・エクソシスト・キャリーなどではないです; 家自体が悪魔になっている話です。 かなりマイナーかと思われます。10くらい前にどちらもTVで放送されました。 製作されたのはもっと前だと思います。 これしか記憶が無いのですが、このようなシーンがある映画を知って居る方宜しく御願いします。

  • 結婚式とは、いかなる意味を有した儀式でしょうか

    「社会」のカテゴリーを選らばず、「哲学」(宗教のカテがない)のカテにした点をくんでくれたら幸いです。 キリスト教において、結婚式とはどんな意味があるのでしょうか(宗教的な意味で)。 また、どこからどこまでが儀式なのでしょうか(お米を振りかけたり、新婦が花束を投げたりは余興?)。 「神の前で誓う」とは、キリスト教の世界で、「何を行っている」のでしょうか。 たとえば、食事の前に「いただきます」というのも儀式だと思うのです。キリスト世界でも「何か祈りのような儀式」をやっているのを映画などでよく見かけます。 あれは、「物を食べる」とは「この世の糧=神の体」を「摂食」するのだという儀式だと思われ、この点は分かる気がするのです。 「結婚式」の儀式は、改めて考えてみると、ふと分からなくなりました。

  • SF、ハードボイルド、哲学的なアニメなどでお勧めのアニメはないでしょうか

    私はアニメが好きで、色々な作品を見てきました。しかし、最近では、面白そうな作品が探せずに、困っています。お勧めの作品は何かないでしょうか。 私はSF、ハードボイルド、哲学的な作品が主に好みです。しかし、萌え系と呼ばれる作品でも、登場人物の設定や心理描写がしっかりしていれば、問題はないです。 とりあえず、今まで見た中で好きな作品を挙げてみます ルパン三世(第一シリーズ) あずまんが大王 秒速5センチメートル 時をかける少女 攻殻機動隊テレビ版・映画版(イノセンスも) ちょびっツ けいおん エヴァンゲリオン ガンダム(一期) serial experiment lain カウボーイビバップ ジブリの諸作品 灰羽連盟 銀河鉄道の夜 妄想代理人 今敏の映画 電脳コイル 蟲師 押井守諸作品 彼氏彼女の事情 コードギアス(一期のみ) カードキャプターさくら ローゼンメイデン(一期のみ) 思いだせる範囲ではこのあたりです。(意外と軟派、萌え系の作品が多く、自分でも驚いています。) またカテゴリー違いかもしれませんが、自分の好み作品でしたら、アニメに限らず、実写映画や小説でも構いません。 ご回答お待ちしています。

  • 聖書について

    はじめまして。 聖書についてお伺いしたい事があります。 カテゴリーに合ってはいないかも知れませんが宜しくお願いします。 1ヶ月程留学生を受け入れる事になりました。 カトリック教徒の方だということがわかりましたが、私は宗教の事について全くわかりません。 英文の聖書を用意してあげたいと思いました。 図書館で探そうと思います。 ここで質問なのですが ・普通キリスト教徒の方は自分用の聖書をお持ちなのでしょうか? ・カトリック教徒でもプロテスタントでも新興宗教でも伝統的な流れをくむ教団の方でも読まれる聖書というのはどれも内容も文章も同じなのでしょうか? ユダヤ教の方は旧約聖書をキリスト教の方は新旧両聖書を読まれると聞きました。 新旧どちらの聖書を読むかどう判断すればよいでしょうか? ・こちらが勝手に聖書を用意するというのは非礼な事でありがた迷惑菜事なのでしょうか? ・図書館で聖書を借りようと思うのですが、レンタルした聖書というのも失礼かどうかもわかりません。 聖書を用意する事自体やめておいた方が無難でしょうか・・・ どうぞ宜しくお願い致します。

  • 戦国期の教会史、またはカトリック神学に詳しい方、教えて下さい

    フランシスコ・ザビエルが日本で布教中、日本人信徒との間に次のようなやりとりがあったと聞いています。 日本人信徒が『キリスト教の存在さえ知らず、従って洗礼も受けずに死んだ親や先祖の魂は救われないのか』との質問をし、これに対しザビエルは残念だが救われない、と答えた。先祖を敬う日本人信徒は嘆き悲しみ更に問うた。『神が全能の御方であるなら、なぜ私たちが(キリスト教国に)発見されるのがこれほど遅れたのか?』 ザビエルは二つ目の本質的問いをした日本人に驚き、ローマへの報告書に「自分はパリで哲学を学んでいたのでかろうじて答えることができたが、このように日本人の知的レベルは非常に高いので、よほど優秀な人材でなければ日本での宣教師は務まらない」という内容の報告をした… で、上記のことに関していくつか知りたいことがあります。 (1)ザビエルはこの問いに何と答えたのか? (2)その答えで当時の日本人信徒たちは納得したのか? (3)この問いは、異教徒の観点に立てば子どもでさえ自然に沸き起こる素朴な問いではないだろうか。この程度の問いに高度な知的レベルを感じた上に、わざわざ哲学の助けを借りねばならなかったというのは、ザビエル個人の神学知識の欠如によるものなのか?あるいはそもそもローマ神学自体にこの問いへの明確な解答がなかったということか? (4)この問いの本質は、キリスト教と無縁の時代・地域に生涯を終えたという当人の責任範囲外のことで、神の救済から除外されるのはなぜかということだと思いますが、現代のカトリック神学ならこの問いに対してどう答えるか(16世紀と現代の神学に変遷があったか)? 以上、できれば(1)の答えを特に知りたいのですが、当時のことは知らないが現代ならこう答える、というお答えでも参考になります。 ちなみに私はクリスチャンではないので神学については概要しか知りません。あまりディープな専門用語は理解できませんので… 念のため補足しますと、カトリック神学が真理か否かや、霊魂の有無を問うているわけではありません。知りたいのはあくまで「カトリシズムの思想」ですので、その点よろしくお願いします。また上記ザビエル・信徒間の質疑はある本で得た知識ですが、これ自体史実と違うという点があればご指摘下さい。長文失礼しましたが、詳しい方おられましたらご教授いただければ幸いです。