-PR-
解決
済み

ストアドプロシージャについて

  • 困ってます
  • 質問No.6284
  • 閲覧数252
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 60% (3/5)

教えてください。
NT4.0上でAccess2000+MSDEで使用しているのです。
ストアドプロシージャでUPDATE文のあとにSELECT文を使い更新したデータを受け取ろうとしているのですが、実行すると「ストアドプロシージャは実行されましたがレコードは返されませんでした。」とメッセージが表示されるだけなのです。UPDATE文を注釈にするとレコードは返されるのでデータはあるのだと思います。
宜しくお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 21% (4/19)

う~ん、確かにこれだけ見れば問題なさそうですね。
回答できないので、申し訳ないのですが、回避策としては、UPDATEとSELECTを逆転してSELECTしてからUPDATEしてはどうでしょうか。
SELECTのdataの部分をリテラル(固定)でSELECTし、その後、UPDATEしてみては?
このUPDATEとSELECT文だけですと、処理上、問題ないかとは思うのですが...
問題の回答になっておりませんが、上記の回避策などで対応できないでしょうか。
お礼コメント
Kata

お礼率 60% (3/5)

どうもありがとうございます。SELECTした後UPDATEで回避します。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 21% (4/19)

これだけの情報では推測でしかお話できませんが、おそらく、UPDATE文を注釈にするとレコードは返されて、注釈にしなければレコードがないのでしたら、普通に考えると、そのUPDATE文が実行されたことにより、SELECT文の対象データが、対象データ以外の形に更新されているのではないでしょうか? 違うようであれば、そのSELECT文やUPDATE文の大体の内容を教えて頂けないでしょうか。 ...続きを読む
これだけの情報では推測でしかお話できませんが、おそらく、UPDATE文を注釈にするとレコードは返されて、注釈にしなければレコードがないのでしたら、普通に考えると、そのUPDATE文が実行されたことにより、SELECT文の対象データが、対象データ以外の形に更新されているのではないでしょうか?
違うようであれば、そのSELECT文やUPDATE文の大体の内容を教えて頂けないでしょうか。
補足コメント
Kata

お礼率 60% (3/5)

質問が要領を得なくてすいません。
ストアドの内容は
Alter Procedure Data_Search
@KeyIndex int
As
UPDATE TABLE1 SET data='○○' WHERE [index]=@KeyIndex;
SELECT [index], data FROM TABLE1 WHERE [index]=@KeyIndex;
return
です。それとTABLE1は
[index] int
data nchar(桁数17)
です。その他のテーブル等はありません。このテーブルとストアドだけのデータベースです。
[index]を更新していないのでSELECT文で抽出されると思ったのですが抽出されないのです。
すいませんがもう一度よろしくお願いします。

投稿日時 - 2000-08-12 07:54:54


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 19% (15/78)

commitする必要はなのでしょうか? commitで確定しなければ検索してもデータは抽出されないのではないでしょうか? 素人なのでわかりませんが。。。 アドバイスになってます??
commitする必要はなのでしょうか?
commitで確定しなければ検索してもデータは抽出されないのではないでしょうか?
素人なのでわかりませんが。。。
アドバイスになってます??
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
こんな書き方もあるよ!この情報は知ってる?あなたの知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ