-PR-
締切り
済み

引きこもりは、怠け者なのですか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.62280
  • 閲覧数736
  • ありがとう数15
  • 気になる数2
  • 回答数16
  • コメント数0

お礼率 44% (37/84)

先日、青山しんじ監督のユリイカという映画を見ました。引きこもりの、少年、少女の兄弟がでてきます。映画みてたら、引きこもりの、根のふかさ。簡単に、ナワつけて学校に行かせる、そんなレベルの話しじゃないことがわかります。

引きこもりと、名をつけたマスコミに、憤りを感じます。引きこもりとは、目の前の可能性に目をつぶり、挑戦しないこと、戦わないこと、そういう風にとられる解釈が可能になります。はたして、挑戦してないのか、戦ってないのか?

脳には、いろいろな部分にわかれます。考える部分。感じる部分。爬虫類の部分。その中で、考える部分に重きを置くのが、現代です。そのことと、繋がりがあるとおもうます。

私は、引きこもりは、怠け者とは、思いません。治療の対象にするのも反対です
通報する
  • 回答数16
  • 気になる2
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全16件)

  • 回答No.7

怠け者ってのは簡単に現状を肯定し、 ただ単に「そういうもんでしょ?」と話を区切る人のことである。 ことに論理の世界においては。 caballeroさんはこれにあてはまるが、ひきこもりの人は必ずしもそうでない。 脳の運動をしましょう。caballeroさん。 あなたは、passagen22さんが 「引きこもりとは、目の前の可能性に目をつぶり、挑戦しないこと、戦わないこと、そういう風にとられる ...続きを読む
怠け者ってのは簡単に現状を肯定し、
ただ単に「そういうもんでしょ?」と話を区切る人のことである。
ことに論理の世界においては。

caballeroさんはこれにあてはまるが、ひきこもりの人は必ずしもそうでない。
脳の運動をしましょう。caballeroさん。
あなたは、passagen22さんが
「引きこもりとは、目の前の可能性に目をつぶり、挑戦しないこと、戦わないこと、そういう風にとられる解釈が可能になります。はたして、挑戦してないのか、戦ってないのか? 」
と書いてることを見落としてます。「働いてないから怠け者って論理はどうかと思う」って問いなんじゃないかい?これは?


>引きこもってる人環境変えれば、いいと思います。
>タイが、いいと思います。タイにいけば、ホッとするよ。いっちゃえば。
ちなみに、これは有効かも。
この間NHKで登校拒否児童のための中学校が沖縄の離島にあるっていうことでドキュメンタリーやってたけど、だんだん、みんないい顔になっていてました。

言葉尻をひっつかむような考え方ではこういうことは理解できないと思う。
小津安二郎の「生まれてはみたけれど」を全ての人に。
お礼コメント
passagen22

お礼率 44% (37/84)

小津安二郎。東京物語。
いやあ、そんなこたあない。
ええんじゃよ、忘れてくれて。
いやあ、ずるくない。
ええんじゃよ、それで。やっぱりあんたはええ人じゃよ、正直で、、、、
いやあ、ありがと。

肯定することは、存在するものを背負い引き受けることではなく、生きてるものを、解放し、その重荷をとりのけてやりたいです。小津安二郎の東京物語のおじいさんみたいにね、
投稿日時 - 2001-04-16 20:23:08
  • 回答No.8
レベル11

ベストアンサー率 17% (31/182)

>「働いてないから怠け者って論理はどうかと思う」って問いなんじゃないかい?これは?    働いていても怠け者はいると思います。私が、「組織(学校や企業のことです)に集団で引きこもるのも、一人で部屋に引きこもるのも、共に怠け者だと思います。」といったのは、そういう気持ちからです。学校にいっているからといって、労働者であるからといって、「引きこもり」と比べて「「怠け者」ではない。」とはいえないでしょう。 ...続きを読む
>「働いてないから怠け者って論理はどうかと思う」って問いなんじゃないかい?これは?
 
 働いていても怠け者はいると思います。私が、「組織(学校や企業のことです)に集団で引きこもるのも、一人で部屋に引きこもるのも、共に怠け者だと思います。」といったのは、そういう気持ちからです。学校にいっているからといって、労働者であるからといって、「引きこもり」と比べて「「怠け者」ではない。」とはいえないでしょう。「怠け者であるかそうでないかはいかにして判断付けられるのでしょうか?
 「いわれたことをするだけで・・・・」と、質問者が言っておられたので、「いわれたまま学校に通う子供達、いわれたままする労働者達」いずれも、大半は怠け者だよね、と共感していたのです。質問者に対する私の意見は、学校に通う子供達、多くの労働者を総じて「怠け者だ!」と言うのは無理がある。それは、全ての引きこもりが、「怠け者でない!」と言い切れないのと同じじゃぁないですか?と、いう思考から、「引きこもり」だからといって、「怠け者」じゃぁないというのはおかしいと思える。と言う意見なのです。
お礼コメント
passagen22

お礼率 44% (37/84)

すいません。あなたの言うとうりです。固有名詞のない意見は論理として欠陥があります。例えば、最近の若い女は、援助交際をしてる。と言った時に、今だに、若くて、援助交際してる女にあったことがありません。正しく、言うのは、若い女の田中さんが、援助交際してると、固有名詞をだすべきです。関西人は毎日たこやきを食べてる。このような人もまだ合ってません。だから、関西人の渡辺が毎日たこやきを食べてる。こういうべきですが、テレビ、ラジオのメヂィアは、固有名詞を出す環境がありません。だから、いつも話がややこしくなりますね。

だから働いてる人の、大久保さんが、なまけもので。引きこもってる、三浦は、怠け者だけど、引きこもってる、宮田は、苦しんでると言うべきでした。あなたの言う通りです。働いてても、怠け者はいます。それは、陶然です。
投稿日時 - 2001-04-16 20:54:31
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 17% (31/182)

>ほんと、せちがらくて、殺風景で、しゃらくさくて、子供は引きこもり、政治家は、ばかばっか。仕事は、言われたことだけを守って。アメリカの大学が日本に根ずきもしない。ほんと、風通し悪いね。 すいません、引用させていただきます。 引きこもりは、怠け者だと思います。組織に集団で引きこもるのも、一人で部屋に引きこもるのも、共に怠け者だと思います。やまごもりじゃぁないですからね。 ...続きを読む
>ほんと、せちがらくて、殺風景で、しゃらくさくて、子供は引きこもり、政治家は、ばかばっか。仕事は、言われたことだけを守って。アメリカの大学が日本に根ずきもしない。ほんと、風通し悪いね。

すいません、引用させていただきます。
引きこもりは、怠け者だと思います。組織に集団で引きこもるのも、一人で部屋に引きこもるのも、共に怠け者だと思います。やまごもりじゃぁないですからね。
お礼コメント
passagen22

お礼率 44% (37/84)

引きこもりは、怠け者じゃないと、思います。これは、フィクションだけど、怠け者を、カバレロ君あなたとします。ごめんね。カバレロ君は、本来真面目過ぎる態度で、自由の刑と向き合います。ともかく何か行動を始めなければ、何か全身全霊を打ち込めるものをさがさなければ、と焦ってたよね。焦れば、焦るほど、自我のぬかるみにはまる。

そして、いつも自分の行動には自覚的で積極的に他人と関わり、世界とも関わろうとするカバレロは、傷だらけになり、打ひしがれ、敗北を重ね、他人に利用され、快活さを失い、世界を呪い始める。

そして、世界を呪ってるのも忘れ。自分の思考が正しいと錯角をし、偶然を排除し、変な歴史の教科書を作ったり、組織に集団で引きこもるのも、世界を呪ってるからかも知れません。

でも、あなたの言うとうり、甘えもあるよね。家で引きこもれる状況は、かなり恵まれてる。食事、家賃、ガス、電気。ボーっとしてる暇ないからね。
引きこもってる人環境変えれば、いいと思います。タイが、いいと思います。タイにいけば、ホッとするよ。いっちゃえば。
投稿日時 - 2001-04-15 09:23:29
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 32% (12/37)

 まったくの素人ですが私にもひとこと発言する自由をお許しください。  ひきこもりは病気なのか個性なのか。一概には言えないと思います。外見からは同じに 見えることでも、その人によって、抱えている問題・背負ってきた境遇は、それこそ文字 どおり百人百様ではないでしょうか。ネガティブな逃避(または反抗)か、ポジティブな静養 (または模索)か、あるいはまったく違う何かか。個々の事例を見ずに議論することは ...続きを読む
 まったくの素人ですが私にもひとこと発言する自由をお許しください。

 ひきこもりは病気なのか個性なのか。一概には言えないと思います。外見からは同じに
見えることでも、その人によって、抱えている問題・背負ってきた境遇は、それこそ文字
どおり百人百様ではないでしょうか。ネガティブな逃避(または反抗)か、ポジティブな静養
(または模索)か、あるいはまったく違う何かか。個々の事例を見ずに議論することはまったく
できないと思います。

 passagen22さんの今までの質問や、そのお礼を読ませていただいておりますが、たいへんな
読書家で、深い文学的・哲学的な思索をなさっている方と想像しています。
社会的なものと文学的なもの、あるいは公的なものと私的なもの(こういう画一的な切り分け
はよくないし、社会が公で文学が私という訳でもないのですが)、それらは、ある意味では
いつも対立した緊張関係にありますし、またその緊張が社会や人生に意味や意義を与えて、
両者を生かしていると、私は考えます。

 私は三十代のはじめ、会社の課長職だったころ、一人の若い社員をクビにしたことがあり
ます。一ヶ月のうち半分以上遅刻し、何度注意しても直らなかったからです。彼の生い立ちや
境遇に起因する生活能力の未熟と思われましたが、私が彼に語った言葉は、あまりに一方的・
短絡的・企業論理的でした。今思うと胸が痛みます。もう少しなんとかしてやれなかったのか。
もう少しこころのある対処はできなかったのか。(ひきこもりの事例ではないですけれど)

 「会社は慈善事業団体ではない」これは企業の管理職がよく口にするセリフです。が、しかし
企業論理が悪でないことも、もちろんです。こういう厳しさがなければ、電車は動かないし、
現金引出機からお金は出ないし、スーパーの棚の商品は並ばないからです。その背後では、
何千人・何万人もの「ひきこもらない人」がきちんとルールどおりに仕事をしています。
(ただしかし、こういう「近代社会」が無条件に肯定されうるのかという、大問題もあります)
 「ひきこもる人の内面理由」と「社会を成り立たせるためのルール」、どちらかだけが一方的に、
正しいとか、尊重されるべきであるとか、そういうことはないと思います。かと言って折衷的
相対主義は、思考停止・問題放棄であると考えます。

 何でもそうですけど、客観化したり概念化したり、一般対処法を学問的なマニュアルにしたり、
そういうことの不毛・こころの喪失、それを感じずにいられません。生の人間・個々の人間が
抽象化され、殺されてしまい、個がかえりみられなくなるからです。

こういう「ひきこもり」などに対しては、それぞれの場所で、それぞれの当事者が(もちろん
本人も)学問的マニュアルなどに頼らず、また「弱者は守られるべきである」というような
固定観念なども持たずに、自分の頭と心で直接対峙するしかないのではないでしょうか。

 質問のしかたですが、文系学問のカテゴリではpassagen22さんのようなスタイルは容認されて
よいのではないでしょうか。私自身、「私はこう思うのですが皆さんはどう思われますか」という
問い方を何度もさせていただいております。また、抽象的で短い質問に対しては「背景を説明して
ください」とか「自分はどう考えるのか示してください」という補足要求がつくことが、少なか
らずあります。このOKWebがより内容の深い豊かな知識資産になるためにも、短問短答の
「正解を答えて終わり」という形式だけに限定すべきでないと考えます。

 質問の答えにほとんどなっていないですね。ごめんなさい。
補足コメント
passagen22

お礼率 44% (37/84)

売れない人、不機嫌なひとには、ちかずきません。売れないのと、不機嫌は、伝染するので嫌いです。引きこもってる人の論理は、偶然がありません。やる前から、結果がわかってます。だるいじゃん。何のために?引きこもってる人は、不機嫌です。いやですよね、遅刻くりかえす人。遅刻して、居心地悪くないんですかね。それで、あなたが、居心地悪い。居心地悪く感じる事ができるのは、知性ですからね。
投稿日時 - 2001-04-13 00:20:08
お礼コメント
passagen22

お礼率 44% (37/84)

引きこもってる少年、少女、そして、どうしていいか分からない親達。殺風景。このあたりじゃ誰もが気にしちゃいない。誇りをなくした子供たちの目。引きこもってる子供の心を想像するだけで、せつないです。

子供達が、やわらかくて、あどけなくて、無垢な笑いに、つつまれますように。
投稿日時 - 2001-04-12 01:12:18
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 53% (31/58)

 や。おひさでした。  引きこもりね…。またぞろ、アレかもしれない。「近代の病」ってやつ。「狂気は近代になって発見され、隔離された」というフーコーの理屈と似たような構図で、「勤勉に労働する理性的近代人」という人間像から外れる人間を、ことさら鮮明に切り出してクローズアップし、「治療・矯正」の対象にするという流れの一環。  その力学の目立つ部分を成しているのがマスコミであることはたしかだけど、それだけじゃ ...続きを読む
 や。おひさでした。
 引きこもりね…。またぞろ、アレかもしれない。「近代の病」ってやつ。「狂気は近代になって発見され、隔離された」というフーコーの理屈と似たような構図で、「勤勉に労働する理性的近代人」という人間像から外れる人間を、ことさら鮮明に切り出してクローズアップし、「治療・矯正」の対象にするという流れの一環。
 その力学の目立つ部分を成しているのがマスコミであることはたしかだけど、それだけじゃないよ。「一方でそれを作り出しておいて、もう一方で病気と規定して診察台に乗せる」…近代社会のいつもの手口だもん。しかも「それ」を生み出す自身の構造には何らの反省も加えることなく、自分たちの「挑戦する、戦うルール」をただ押し付ける。それにしたがわないからと言って「挑戦してない、戦ってない」と決め付ける。いつもの手口だ。何も解決しない。マスコミはただ報じるだけ。「こんな人たちがいますよ、問題ですね、イヤですね」。そうして排除の論理を社会の中に再生産する。

 いろいろなケースがあるだろうけど、引きこもる彼らも彼らなりの仕方で「探している」んだと思う。「見つからない」のは彼らだけのせいじゃない。「探しにくい」時代のせいでもある。いちおう、オレは引きこもってはいないけど、でも「オレは知ってるぜ、オレは見つけてるぜ」と自信を持っては言えない。言える人がどれくらいいるのか。いや…「時代のせい」だけでもないかも。もともと、人間というやつは「見つけにくい」世界に投げ込まれているのかも。だとしたら、「引きこもり」も一つの人間の姿、真の姿の一つと言えるかもしれない。

    *

 さて…質問履歴が見られなくなったことの弊害がちょっとここに出ている気もする。でも、passagenくん、叩かれ慣れてるから大丈夫だよね。
お礼コメント
passagen22

お礼率 44% (37/84)

彼のリゾームはこわされ、彼の地図はよごされ、その地図は、位置は、正され、あらゆる出口は塞がれて、ついに彼は、自分自身の恥辱と罪悪感を望むにいたり、彼のうちに恥辱と罪悪感、<恐怖症>が根を生やす。「彼に対して建物のリゾーム、街路のリゾームが封鎖され、フロイト先生に金縛りにされる。

大地に忠実であれ。そして地上を超えた希望などを説く者に信用を置くな。かれらは、生命の軽蔑者だ。

地上を超えた希望。身体の軽蔑者。

いまやもっとも恐るべきことは、大地を冒涜することだ。さだめることのできない者を設定し、そのえたいのしれぬ臓器を大地の意義以上に高く崇めることだ。

大地を冒涜し、地上を超えた希望が、蔓延してる、現代。生命の軽蔑者が、ルサンチマン抱え込んで、引きこもりに、同情し、励まし、地上を超えた希望を説く。このことが、本質なら、根はふかいです。
投稿日時 - 2001-04-12 01:48:41
  • 回答No.16
レベル7

ベストアンサー率 77% (7/9)

引きこもりについては世間の誤解が多いようです。 わたしは占い師ですが引きこもりの相談をよく受けます。 占いなんかで何が分かるんだと誰もが思うかもしれませんが 実は引きこもりのほとんどは四柱推命という占いで調べると その原因が分かります。 こんな事をいうとどうせ占いの営業か宣伝の為だろうとすぐ勘ぐる人が いますが、そのつもりは全くないと断言します。 ただ、知って欲しいからあえて書かせていただきます。 ...続きを読む
引きこもりについては世間の誤解が多いようです。

わたしは占い師ですが引きこもりの相談をよく受けます。
占いなんかで何が分かるんだと誰もが思うかもしれませんが
実は引きこもりのほとんどは四柱推命という占いで調べると
その原因が分かります。

こんな事をいうとどうせ占いの営業か宣伝の為だろうとすぐ勘ぐる人が
いますが、そのつもりは全くないと断言します。
ただ、知って欲しいからあえて書かせていただきます。

引きこもりで悩まれている方には一定の傾向があり
巡る運がぶつかり合ったり、精神を弱める運の時に引きこもりとなる場合が
非常に多いです。

または命式と呼ばれる持って生まれたそもそもの気の状態をしめすものの中に
衝突や精神を弱める星を多く持つ方が引きこもりとなっています。

この2つに当てはまらない場合は引きこもりであってもとても軽い場合が多いです。

怠けているから外に出ないのではなく
弱った精神から自身を守る為に引きこもるという行動をとらざるを得ない
という事です。

分かりやすく言えば引きこもりという状態も人間の1つの個性であり
病気でもなければ、レッテルをはって見るべきものでもありません。

生まれながらに気の強い人もいれば弱い人もいる
こう言った方が分かり易いかも知れません。

ただ、人間には運気の流れと循環があるので
どんな人でも気の強くなる時期もあれば弱くなる(元気のなくなる)時期が
あります。

引きこもりで悩まれている方も強い運気やぶつかり合いが解消する運気が
巡ると引きこもりが解消したり、軽くなったりします。
ただ、中には巡る運のまわりが悪く引きこもりの状態が長く続く方もいます。

引きこもり=怠け者という図式が誤解だと
知って欲しいと思います。
このあたりの事を取り上げている方が占い師の中でもほとんど見当たらないので
うちでは5年ほど前から引きこもりについてのページをHPで詳しく説明していますが
参考URLはあえて掲載致しません。
  • 回答No.9

これ以上いわんが、caballeroさん 2回めの発言 >「引きこもり」だからといって、 >「怠け者」じゃぁないというのはおかしいと思える。と言う意見なのです。 1回目の発言 >引きこもりは、怠け者だと思います。 >組織に集団で引きこもるのも、一人で部屋に引きこもるのも、 >共に怠け者だと思います。やまごもりじゃぁないですからね。 これは相反してるよ。
これ以上いわんが、caballeroさん

2回めの発言
>「引きこもり」だからといって、
>「怠け者」じゃぁないというのはおかしいと思える。と言う意見なのです。

1回目の発言
>引きこもりは、怠け者だと思います。
>組織に集団で引きこもるのも、一人で部屋に引きこもるのも、
>共に怠け者だと思います。やまごもりじゃぁないですからね。


これは相反してるよ。
  • 回答No.13
レベル11

ベストアンサー率 13% (43/325)

あなたと同意見ですよ。反論者には反吐がでそうなくらいです。 ただ、人間社会で生きていくには、非常に苦労するでしょうし。心の病といえます。(しかし、薬で治るもんじゃないと思っています) 怠け者かどうかについて・・ 例えとして、交通事故に在った者がいたとします。半身不随でもなり、 彼はまともに歩けません。当然、仕事も出来ません。 リハビリが精一杯です。 果たして彼は怠け者でしょうか? 引 ...続きを読む
あなたと同意見ですよ。反論者には反吐がでそうなくらいです。
ただ、人間社会で生きていくには、非常に苦労するでしょうし。心の病といえます。(しかし、薬で治るもんじゃないと思っています)

怠け者かどうかについて・・
例えとして、交通事故に在った者がいたとします。半身不随でもなり、
彼はまともに歩けません。当然、仕事も出来ません。
リハビリが精一杯です。
果たして彼は怠け者でしょうか?

引きこもり(鬱病なども)も同じ事です。
心の運動力が無いのです。そんな人に「怠け者」だと言うのは、酷な話です。交通事故は皆に分かる症状ですが、引きこもりなどは、健康人には理解されにくい症状というだけです。
いずれ、世間の理解が深まれば、社会は改善されると思います。
  • 回答No.15
レベル6

ベストアンサー率 40% (2/5)

すみません。私も、回答させてください。 最初に、色んなタイプがいるので「引きこもり」という言葉で、片付けようと一縄に考えられてる事自体が、先ず間違いです。 虐めを受けて、対人恐怖になり不登校から、外に出られないタイプ。 大学まで順調に行けたが、就職が見つからず、フリーターや無職の自分を受け入れられないで、籠もるタイプ。 上の2つは、私が思うに、現在多いタイプの引きこもりだと思います ...続きを読む
すみません。私も、回答させてください。

最初に、色んなタイプがいるので「引きこもり」という言葉で、片付けようと一縄に考えられてる事自体が、先ず間違いです。

虐めを受けて、対人恐怖になり不登校から、外に出られないタイプ。

大学まで順調に行けたが、就職が見つからず、フリーターや無職の自分を受け入れられないで、籠もるタイプ。

上の2つは、私が思うに、現在多いタイプの引きこもりだと思います。

質問者様は、社会復帰する際にどちらが難しいか分かりますか?
同じに思いますか?


私は、前者は、私自身経験しましたが、一種の病気と一緒で、止まった時から現在において皆でやりたかった事をすれば治ると思います。

因みに私は、小5から不登校になり、悩み続けてたのですが、23の時にフリースペースに行き、キャッチボールやカルタで遊んだら、心の隙間が埋まり、洗脳されてしまって辞めてしまいましたが、就職も経験しました。


しかし、後者は、大人になってから引きこもりになったタイプなので、私には怠けに見えます。
しかも、プライドは高くなってる気がするので、厄介な感じに見えます。
  • 回答No.11
レベル7

ベストアンサー率 20% (3/15)

これまでの回答とお礼を読ませてもらって、哲学の知識を持っていない 私(私的哲学はありますけど(笑))ですが、ちょっとおじゃまします。 引きこもり以外でも最近は精神的に悩んでる人が多いんでしょうね。 人間社会がどんどん複雑になってきて、人間が本来の姿を失ってきて いるからなんでしょうか? 便利な世の中で、ある程度、経済的にも時間にも余裕がある時代だから みんな色々考えすぎちゃうのだと思い ...続きを読む
これまでの回答とお礼を読ませてもらって、哲学の知識を持っていない
私(私的哲学はありますけど(笑))ですが、ちょっとおじゃまします。

引きこもり以外でも最近は精神的に悩んでる人が多いんでしょうね。
人間社会がどんどん複雑になってきて、人間が本来の姿を失ってきて
いるからなんでしょうか?

便利な世の中で、ある程度、経済的にも時間にも余裕がある時代だから
みんな色々考えすぎちゃうのだと思います。
人間も動物だから本能があると思うけど、そういうことを押さえつけて
理性的な生活のみを追及しすぎる反動とも思うけど。

極端な話、原始時代、毎日狩りをして、木の実を取っていないと
生きていけなかった時代にはこういうことは考えもしなかったのでしょうし、
もっと自然な生活をしていたのではないでしょうか。

文明が進み、人間頭で考えることが多くなり、時間もできると精神的に
アンバランスになってくるのかな?
私は母子家庭で育ち、裕福ではない子供時代だったので、親に迷惑を
かけることは絶対にできないと思っていたし、生活の危機感もあったので
ただただ、たくましく生活してましたけど、引きこもれる状況は
ちょっと裕福なのですか?姉の子は家庭に何の問題もないけど、引きこもって
ます。

哲学な皆様に単純とも思われそうですが、人間単純なものではないでしょうか?
朝日が昇ったら起き、自分の仕事をし、日が沈んだら寝、今日の食事があれば幸せ
でいいんじゃないでしょうか?
お礼コメント
passagen22

お礼率 44% (37/84)

僕も実はそう思います。朝起きて、お母さんが作ってくれた御飯をよく噛んで食べて、朝日は、美しく大地を照らし、学校に行けば今まで知らなかった事を学ぶ喜びにみちて、家に帰ると、お母さんが、カレーを作って待っててくれる。友達の話しや、今日あった話をする。うん単純でいいんだけど、

なんで、姉の子は、いっぱい、いっぱいになって、引きこもるのか?姉の子が、閉じられた世界の内部で自己満足的かつ暴力的に主観が膨れ上がるのか、そして金縛り状態になるんでしょうね。-食欲、貧乏、の不安がないのに。明石家さんまの、生きてるだけで、まる儲け。となぜ胸をはって言えないのか、疑問だらけです。

でも、実はもうあなたは、質問しながら答えをいってます。単純にすればいいのかも。会社とか学校は、いざと言う時動けない。一ケ所に定住して、一定の生活様式を強いられる。これを支えてるのが、電気のシステム、ガスのシステム、上下水道のシステム、道路のシステム、そういうもののすごい国家規模の巨大システムです。それらのシステムに頼らなくても、したがってそういうシステムに縛られて定住しなくても、一件一件、一個一個のマシンが、ちょっとした太陽電池かなんか付いていて、その機械だけで自立できたり、ひとりひとりの人間が自立してやっていけること。そのほうが、風とうしよくなりそう。このことを、スタンドアローン時代を目指してとよんでいます。
投稿日時 - 2001-06-11 01:29:03
16件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ