• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

NHKドラマ『ゲゲゲの女房』の事で質問です。

NHKドラマ『ゲゲゲの女房』の事で質問です。 水木しげる役の向井 理さんの左手はどのようにして、あのような片腕の特殊効果をされているんでしょうか? ドラマを見る度に、曲げてサラシできつく巻く・・でもそのわりには厚みがない・・とか色々考えてたんですがわかりません。 仕組みがわかっている方がいらっしゃいまいたら教えていただけないでしょうか? もしそういうホームページなどありましたら教えていただけませんでしょうか? すいませんがよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数989
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#128261
noname#128261

ドラマ全体をとおして、だぼっとした大き目の服を着ていることが多かったですね。 セーターだったり、シャツだったり。 腕は単に、まげて体に巻きつけているんだと思いますよ。 向井さんはとてもスリムだから、それも可能だと思います。 カメラの写し方で、前からうつすときは、背中に、背中をうつすとき(漫画をかいているとき)はおなかがわに腕を回していたんではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに大き目のサイズのシャツとかを着てましたね・・ 向井さんが細さと撮影技術で違和感をなくする・・ なんかすごく納得できます! tainao7さん ありがとうございました!

関連するQ&A

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房 終ってしまいましたね、今度はてっぱんと言う のですね、久々の面白いドラマでしたね NHKはこう言うのをドンドンやって貰いたいですね 水木しげるは独特の世界を持っていますね このドラマは配役も良かったですね 貴方はこの物語の何が心に残っていますか? 教えて下さい、お願いします

  • ゲゲゲの女房の良さは、何だと思いますか?

    去年のNHKの連続テレビ小説で流行語大賞にも選ばれたゲゲゲの女房ですが、あのドラマの良さは、何だと思いますか? 私はゲゲゲの女房の良さは、戦争から帰ってきた水木しげるが、貧しい経済状態から漫画家として成功していく過程と夫婦愛だったと思います。 そこでゲゲゲの女房を見ていた方に質問なのですが、ゲゲゲの女房で良かったところを教えてください!回答お願いします!

  • テレビCMを観ていて感じる思い・・・

    CMやドラマに出て来るタレント・主役って、なんだかNHKの朝ドラ&大河のヒーローとヒロインで初めて知った方や脚光を浴びブレイクした方が多いですね・・・ これって ◇街でのスカウトやタレント発掘番組が減り、タレント事務所も分散していて番組への影響力が弱く、有望新人や劇団所属の地味な舞台活動の方のブレークする機会が少なくなってるから? ◇NHK高視聴率であれば全国津々浦々で放映され、知名度や好感度が上がり、他局や映画のプロデューサー、ディレクターの目にも留まり易いから? 逆に、人気挽回策や視聴率狙いで、アイドルや人気歌手をNHKが主役に登用する場合も多いが・・・ ◇昔からの傾向であり、活躍や露出度でNHKでの人気化は、新作を企画制作時にキャスティングを考える際、ファンがいる、数字を取れる、演技力に安心感が有るから? <質問> 貴方は、そんな代表的な事例<どの番組でブレークした誰が>一番、印象的ですか? ex、おしん:泉ピン子、ゲゲゲの女房:向井理/松下奈緒、純と愛:夏菜他CMを見ていると朝ドラや大河での出演シーンが思い出される。

  • 戦場での腕の切断について

    戦場での腕の切断について NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」を見ていて、漫画家の水木しげるさんが戦争で片腕を失っていることを知りました。 ドラマによれば、ラバウル島でマラリアにかかって発熱しているときに敵の攻撃に遭い腕を負傷して、直す薬もないため放っておくと命にかかわるということで、麻酔も薬もない状態で切断したとのことでした。 しかし、腕の切断となると、単なる負傷以上にものすごい「ケガ」だし、傷もずっと大きくなると思うのです。 疑問の一つは、なぜ「負傷だと命にかかわるが、それを救う方法が切断なのか」ということです。 それから、ちゃんとした設備の整った病院での手術であれば腕の切断は命にはかかわらないと思うのですが、設備も薬もない、ましてや衛生状態自体も悪い南の島の戦場で、本人もマラリアで高熱を発しているような状態で腕の切断などして、なぜ死なずに済んだのでしょうか。傷としては大きなものになると思うし、薬がなければ化膿するなどの可能性も負傷と同じようにあると思うのです。しかも出血量も多いでしょう。今でも、手首の動脈を切って自殺が出来てしまうくらいのなのに、戦争の負け戦の状況の中で腕の切断をして生き残っていることが不思議で仕方ありません。

  • NHKで放送されている「ゲゲゲの女房」について

    NHKで放送されている「ゲゲゲの女房」について 番組で出てくる水木プロダクションの事務所は現存するのでしょうか 現存するとしたら場所が知りたい

  • 脳腫瘍の治療??

    NHKのER7(ドラマ)の中の事ですが、 脳腫瘍の手術を受けるにあたり入院するシーンで、 患者の前頭部に6~7個ほど、ピップエレキバンの様なシールはが貼ってありました。 (ピップエレキバンよりかは厚みがある。5mmくらいかな~? 直径は2センチくらい?だったような。) あれは一体何なのですか? 治療の一環なのか(どのような効果があるのか)、 手術のための前処置なのか(なぜ?なんの為)…? 何故かそのことに執着し、HPもいくつか回ってみましたが、わかりませんでした。 単なる興味ですが、気になって、気になって・・・。 なるべく詳しく知りたいのです、教えてください。

  • 洋画や海外ドラマの吹き替えについて

    素朴かつ、人によってはバカバカしい質問かもしれません。 洋画の吹き替えの声優さん(はたまたセリフ)が、テレビ放送とDVDなどのソフトと違うくなるのはなぜなのでしょうか? 逆に、例えばドラマ「ER」は、今はスカパーで放送していますが、他局であるNHKの先行放送と同じ声優さんです。 制作会社や放送局の仕組みのためとは思いますが、そういう仕組みに詳しい方、お教えいただけたら幸いです。

  • ゲゲゲの女房は全何話でしょうか?

    ゲゲゲの女房は全何話でしょうか?

  • ゲゲゲの女房は見てますか?

    ゲゲゲの女房は見てますか?

  • ゲゲゲの女房

    ゲゲゲの女房 実在してるマンガ雑誌「ガロ」が「ゼタ」として劇中に登場してきました でもなんで「ゼタ」なんでしょう? 「ガロ」をもじっているのだろうと思うのですが、共通しているのはカタカナ二文字という点のみ もじったわけではないのかな? みなさんはどう思いますか?