-PR-

解決済みの質問

質問No.6074359
すぐに回答を!
すぐに回答を!
お気に入り投稿に追加する (1人が追加しました)
回答数3
閲覧数37698
個人間のお金の貸借の場合、法定金利は何%ですか?
個人間のお金の貸借の場合、法定金利は何%ですか?

知り合いに30万借りているのですが、金利は月2万です(年80%)
個人間の場合は出資法の制限が緩く年108%だから弁護士より違法じゃないと聞いていましたが、
最近、法律関係者より違法だと教えてもらいました。
どちらが正しいのでしょうか?

よろしくお願いします。
投稿日時 - 2010-07-30 07:31:59

質問者が選んだベストアンサー

回答No.2
金銭の貸借では、利息制限法が民法に優先します(民法の特別法)。

利息制限法では、元本が10万円未満は20%、10万円~100万円未満は18%、100万円以上は15%が上限と定められ、それを超える部分は無効とされています。
利息制限法は、個人・法人を問わず適用されます。

一方、出資法では個人の場合109.5%が上限ですが、これは刑事罰を適用するかどうかの上限金利であり、109.5%を超える金利をとれば、おまわりさんにつかまってしまいます。

要は、刑事と民事の違いで、個人間の金銭貸借では、109.5%以下であれば、刑事罰を受けることなく金銭貸借契約を成立させることができ、当事者間でその金利に争いがなければ、利息は受け取れます。

しかし、債務者が利息制限法を盾に争った場合、利息制限法の金利を超える部分は無効とされますから、利息制限法の金利を超える利息は受け取れませんし、すでに受け取っていれば返還に応じなければならなくなります。
投稿日時 - 2010-07-30 11:13:43
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)

ベストアンサー以外の回答 (2)

回答No.3
> 個人間のお金の貸借の場合、法定金利は何%ですか?
民法の規定から、5%と思います。
ただ、何%が適当かと言えば、利息制限法の18%以内で定めていれば、問題ないと思います。

> 年108%だから弁護士より違法じゃないと聞いていましたが
利息制限法に違反しています。
ただ、罰則がないので、逮捕等はされないと言うだけです。
裁判所に訴れば、利息制限法違反と言うことで、18%以内になる決定がもらえるはずです。

> どちらが正しいのでしょうか?
利息の法律はいくつもあり、数字も違っているから、適用を考える法律の違いがあるので、どれも正しい。
投稿日時 - 2010-07-31 12:02:31
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ありがとうございました
大変参考になりました
投稿日時 - 2010-08-01 08:08:26
回答No.1
個人間でも100万以内の借金は18%以内にしないと違法ですよ。
投稿日時 - 2010-07-30 09:50:39
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
この質問は役に立ちましたか?
77人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

  • question

    出資法について気になることがあるので質問させていただきます。 出資法に違反すると、違法金利の罰則があるよう...

  • question

    出資法の金利引き下げ出資法の金利引き下げによって各金融機関に貸し渋りが生じ、ヤミ金に走る消費者や個人事業者などが増...

  • question

    出資法違反1年ほど前にFXで稼いでる知人に元本保証で運用してあげると持ちかけられ資産を預けました。1口1...

  • question

    弁護士友人の事ですが私が 相談を受けたのですが、よく解らず、お知恵を貸してください。弁護士相談で弁護...

  • question

    貸金業規制法と出資法について最近多角経営で貸金業を営む事となり、色々と勉強ですが、貸金業規制法の42条2では年109.5%...

  • question

    法定外金利について法定内金利より高い金利でお金を借りた場合 借りた後で法定内金利にそった金利に変更できますでしょ...

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

関連するガイド記事

    回答募集中

    同じカテゴリの人気Q&Aランキング

    カテゴリ
    融資
    -PR-

    OKWaveのおすすめ情報

    特集

    このQ&Aの関連キーワード

    同じカテゴリの人気Q&Aランキング

    カテゴリ
    融資
    -PR-

    ピックアップ

    おすすめリンク

    -PR-
    -PR-