-PR-
shotbar723

個人間のお金の貸借の場合、法定金利は何%ですか?

知り合いに30万借りているのですが、金利は月2万です(年80%)
個人間の場合は出資法の制限が緩く年108%だから弁護士より違法じゃないと聞いていましたが、
最近、法律関係者より違法だと教えてもらいました。
どちらが正しいのでしょうか?

よろしくお願いします。
  • 回答数3
  • 気になる数1
  • Aみんなの回答(全3件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2010-07-30 11:13:43
    • 回答No.2
    金銭の貸借では、利息制限法が民法に優先します(民法の特別法)。

    利息制限法では、元本が10万円未満は20%、10万円~100万円未満は18%、100万円以上は15%が上限と定められ、それを超える部分は無効とされています。
    利息制限法は、個人・法人を問わず適用されます。

    一方、出資法では個人の場合109.5%が上限ですが、これは刑事罰を適用するかどうかの上限金利であり、109.5%を超える金利をとれば、おまわりさんにつかまってしまいます。

    要は、刑事と民事の違いで、個人間の金銭貸借では、109.5%以下であれば、刑事罰を受けることなく金銭貸借契約を成立させることができ、当事者間でその金利に争いがなければ、利息は受け取れます。

    しかし、債務者が利息制限法を盾に争った場合、利息制限法の金利を超える部分は無効とされますから、利息制限法の金利を超える利息は受け取れませんし、すでに受け取っていれば返還に応じなければならなくなります。
    • ありがとう数11
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全2件)

    • 2010-07-31 12:02:31
    • 回答No.3
    > 個人間のお金の貸借の場合、法定金利は何%ですか? 民法の規定から、5%と思います。 ただ、何%が適当かと言えば、利息制限法の18%以内で定めていれば、問題ないと思います。 > 年108%だから弁護士より違法じゃないと聞いていましたが 利息制限法に違反しています。 ただ、罰則がないので、逮捕等はされないと言うだけです。 裁判所に訴れば、利息制限法違反と言うことで、18%以内になる決定がもら ...続きを読む
    > 個人間のお金の貸借の場合、法定金利は何%ですか?
    民法の規定から、5%と思います。
    ただ、何%が適当かと言えば、利息制限法の18%以内で定めていれば、問題ないと思います。

    > 年108%だから弁護士より違法じゃないと聞いていましたが
    利息制限法に違反しています。
    ただ、罰則がないので、逮捕等はされないと言うだけです。
    裁判所に訴れば、利息制限法違反と言うことで、18%以内になる決定がもらえるはずです。

    > どちらが正しいのでしょうか?
    利息の法律はいくつもあり、数字も違っているから、適用を考える法律の違いがあるので、どれも正しい。
    お礼コメント
    ありがとうございました
    大変参考になりました
    投稿日時 - 2010-08-01 08:08:26
    • ありがとう数1
    • 2010-07-30 09:50:39
    • 回答No.1
    個人間でも100万以内の借金は18%以内にしないと違法ですよ。
    個人間でも100万以内の借金は18%以内にしないと違法ですよ。
    • ありがとう数1
    • 回答数3
    • 気になる数1
    • ありがとう数83
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ