-PR-
  • 暇なときにでも
  • 質問No.5977376
解決
済み

対峙の意味について

  • 閲覧数8424
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

対峙の意味について


goo辞書によると「 にらみあって対立すること。」だそうですが、
普通に「(心と心が)向き合う」という意味もありますよね?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 18% (111/603)

心と心が向き合う(理解し合う)という意味はないと思います。
もともとは 山と山が向かい合って聳える というような意味だったようで 睨み合うと決まったことではないにしても 通い合うというものではないと思います。

少なくとも 心が通うという意味には お使いにならない方がよいと思います。
しっかりと向き合ってお互いの主張をしっかりと述べあう というニュアンスなら使えないこともないと思いますが、誤解されかねません。 
お礼コメント
noname#130952

わかりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2010-06-18 17:22:18
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ