総ありがとう数 累計4,264万(2014年10月2日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
white12

雪の多い地域に住んでいます。
車は軽四2WDです。
アパートの駐車場は融雪などは付いておらず、30cm位の雪が積もった
朝などは雪すかしなどがとても大変だったりします。

時間がなかったりすると、ある程度まで雪をすかしたら、あとは
アクセルをいっぱいまで踏み、進まなくなったら少しバックをし、
またアクセルを踏む という事を繰り返しながら、無理やり駐車場から
抜け出すこともあります。(駐車場を出るまでは7、8m位あります)


このような運転方法は車にかなりの負担をかけるものなのでしょうか。
やめたほうがいいですか?
それともそんなに気にするほどではありませんか?
  • 回答数13
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全13件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2010-02-08 12:21:01
  • 回答No.12
雪国では普通ですね。気になるのは暖機くらいです。
下回りやバンパーが壊れる心配はありません。
エアロパーツとかをつけている場合は、自己責任でどうぞ。

ただ、全開にはしないほうがいいですね。エンジンの心配というより、思ったり雪が深かった場合に、タイヤの下を掘ってしまって、よりひどいスタックになる可能性があります。
エンジンパワーに頼らず、惰性のみで、少しずつ、少しずつ、轍を伸ばしていくのが無難です。
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全12件)

  • 2010-02-07 11:50:37
  • 回答No.4
私も雪国ですが車にかかる負担より雪をどける肉体的な負担が大きいはずです。white12様のようにそれで駐車場から出れるのであればそれでいいのです。毎年必ず雪は解けてなくなるのですから、私は雪のために体力を使うのは必要最小限にするようにしています。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2010-02-07 11:54:14
  • 回答No.5
新潟在住です。

というか、それは「モミ出し」と呼ばれる一般的なスタック脱出法です。
多少の暖機後なら存分にどうぞ。

http://shope.goo.ne.jp/se/goods_detail/28515/61000062_11100682.html
こういう形状のスコップで、わだちの分だけ一気に除雪してしまった方が確実ですけどね。
除雪車からの雪で出口をふさがれている状況でなければ、7~8mなら両輪分で5分で終わりませんか?(除雪車ありならプラス10分)
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2010-02-07 11:45:53
  • 回答No.3
やめたほうがいいと思います。
4WDは、雪道には強いですが、積雪地で御質問のような強行脱出を繰り返すと、駆動部等に負担をかけ、故障の原因となってしまいます。
できるだけ雪かきするほうが車には良いですよ。
雪国の方の苦労はわかりますが。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2010-02-07 11:45:12
  • 回答No.2
暖気運転を行えば、車に負担はかからないと思います。
それより、早く起きて雪かきするとか、4WDに乗り換えるとか
生活環境、又は、ご自分のカーライフを考えた方がいいのではないでしょうか?
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2010-02-07 11:40:00
  • 回答No.1
気にしなくても結構です。
車はどのような条件でもある程度のストレスに耐えうるよう、
大変なマージンをとって製造されているからです。
雪国ではもっと深い新雪を何十キロも走行しなければならない方もいらっしゃいます。
そのような前後動を1時間も2時間も連続繰り返すわけではないのなら大丈夫です。
ご参考まで。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
12件中 1~5件目を表示
  • 回答数13
  • 気になる数0
  • ありがとう数5
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

試写会に30組60名様をご招待!

親同士が気軽に情報交換できるコミュニティです。

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ