-PR-
morizyunin

OSがVistaのPCと有線ランで接続しファイルの共有をしています。VistaのcドライブのUserファイルには正常にアクセスできるのですが、dドライブには共有のマークが表示されているのですがアクセスできません。エラーメッセージは以下の通りです。
ネットワークエラー「\\・・・・・\dに対するアクセス許可がありません。ネットワーク管理者にアクセス許可を要求して下さい。」
対処方法を教えていただきたく、質問しました。
  • 回答数2
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全2件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2010-02-07 18:09:50
    • 回答No.2
    #1です、以下の手順でお試しください。

    ■共有の設定
    1. エクスプローラで目的のドライブを右クリックし[共有]を選択します
    2. [詳細な共有]ボタンでそクリックします
    3. [このフォルダを共有する]をチェックし、[アクセス許可]ボタンで、Everyoneの行で「フルコントロール」にチェックし[OK]します

    ■アクセス権の設定
    1. エクスプローラで目的のドライブを右クリックし[プロパティ]を選択します
    2. [セキュリティ]タブで[編集]ボタンをクリックします
    3. [追加]ボタンをクリックし、選択するオブジェクト欄にEveryoneと入力し[OK]します
    4. Everyoneの行で、「編集」や「フルコントロール」をチェック[OK]します
    お礼コメント
    アクセスできるようになりました。操作手順までていねいに教えていただきありがとうございました。これで懸案事項はすべて解決しました。これからも機会があればいろいろ教えてください。
    投稿日時 - 2010-02-08 11:32:44
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全1件)

    • 2010-02-06 12:01:36
    • 回答No.1
    たぶん共有ウィザードが有効で、パスワード保護共有が無効という設定になっていると思います。 この状態では、ネットワークからのアクセスはすべてGuest扱いになります。 ドライブを共有する場合には、共有ウィザードで設定できませんので[詳細な共有]で共有設定を行いEveryoneに許可を与えます。 さらに、フォルダのプロパティのセキュリティタブでもEveryoneにアクセス権を与える必要があります。 ...続きを読む
    たぶん共有ウィザードが有効で、パスワード保護共有が無効という設定になっていると思います。
    この状態では、ネットワークからのアクセスはすべてGuest扱いになります。

    ドライブを共有する場合には、共有ウィザードで設定できませんので[詳細な共有]で共有設定を行いEveryoneに許可を与えます。
    さらに、フォルダのプロパティのセキュリティタブでもEveryoneにアクセス権を与える必要があります。

    他の方法としてはパスワード保護共有を有効にし、アクセスする側のパソコンのログオンに使用しているユーザーをVistaに登録する方法もあります。
    補足コメント
    回答いただきありがとうございます。「詳細な共有」で共有設定を行いEveryoneに許可を与える操作手順がよくわかりません。ローカルディスクのプロパティから「共有」タブで入っていきましたが、途中で操作手順がわからなくなりました。お手数ですが、操作手順を教えていただければ助かります。よろしくお願いいたします。
    投稿日時 - 2010-02-06 18:48:07
    • ありがとう数0
    • 回答数2
    • 気になる数0
    • ありがとう数32
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    あなたが体験したトラブルや解決方法を共有しませんか?
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ