-PR-
締切り
済み

法則の名前

  • 暇なときにでも
  • 質問No.55837
  • 閲覧数50
  • ありがとう数61
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 6% (9/145)

自然災害とか何かが起こる時にその事が実際に起こる前には、一つの大きな災害(事故とか)が起こるには中位な事故が29件起こり、また小さな事故がまたその背景に300件潜んでいるってことを何かの新聞で読んだことが有ります
少ない記憶だと海外のどこかの保険会社が調べたらしい?
新聞の記事はたぶん森首相の適性、失言についてのコメントだったと思います
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (1106/2197)

「ハインリッヒの法則」でしょう. 同じく新聞の記事が下に出てます. 他にもいろいろヒットしましたが探してみてください. ...続きを読む
「ハインリッヒの法則」でしょう.
同じく新聞の記事が下に出てます.
他にもいろいろヒットしましたが探してみてください.
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 50% (1106/2197)

追加です.もともとの由来(?)がでていました. ...続きを読む
追加です.もともとの由来(?)がでていました.
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 57% (1002/1731)

もともと安全工学の方面で言われだしたものですね。下記URLの記事によると, 「アメリカの労災保険会社の研究部長ハインリッヒ氏は、50万件以上の労働災害事例について統計的に調べてみたところ、このうち重傷は約1,700件、軽傷約49,000件に対し、危うく傷害をまぬがれたものが約五〇万件であったことが判明しました。これを比較で表すと、重傷1:軽傷:29:危険300ということになります。これが、かの有名なハイ ...続きを読む
もともと安全工学の方面で言われだしたものですね。下記URLの記事によると,
「アメリカの労災保険会社の研究部長ハインリッヒ氏は、50万件以上の労働災害事例について統計的に調べてみたところ、このうち重傷は約1,700件、軽傷約49,000件に対し、危うく傷害をまぬがれたものが約五〇万件であったことが判明しました。これを比較で表すと、重傷1:軽傷:29:危険300ということになります。これが、かの有名なハインリッヒの法則(1:29:300の法則)と言われ、安全管理上の重要な指針となっています。」(第四管区海上保安本部 航行安全課専門官 池田 善彦さん)

もちろん,どんなケースでも1:29:300というわけではないのですが,あまりにもこの数字が有名になりすぎて,独り歩きしている感が無きにしもあらずなので,たとえばこのページ(英文)
http://www.ishn.com/CDA/Article_Information/BehavioralSafetyItem/0,3563,1574,00.html
では,「単なる見積もりに過ぎず,自然法則ではないのだから,個々のケースで客観的な調査が必要だ」と戒めています。
(メンデルの遺伝の法則の1:3などとは訳が違うということです。)
それを知った上で,数字を絶対視せず,いわば一つの比喩的表現として「1:29:300」を使うのであれば構わないでしょう。
以上ご参考まで。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ