-PR-
gomin

その後、数ヶ月が経ちますが、書店は元通り営業再開したようで、一応一段落したようにも思います。
少年が悪い、書店側に落ち度がある、と人それぞれ意見が別れました。
しかし、肝心の少年を逃がしてしまった警官が悪いという意見がみられなかったように思うのですが、この場合、警官には何の責任・処分もないのでしょうか。
私は、犯人検挙のプロとしての警官が、注意を怠った、その結果少年が亡くなった、と一番の原因のような気がしてならないのです。
考え方間違ってるのかな。
  • 回答数17
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全17件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2003-05-01 19:25:59
  • 回答No.9
ダーウィンは偉大なり。
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全16件)

  • 2003-05-05 09:44:45
  • 回答No.17
○「自分も配慮が足りなかった」と反省しているのなら許せるけれど、「自分に責任はない」と開き直るのは許せない、というのは、きわめて日本人的な感情論で、責任の有る無しとは関係のない事です。 世間一般でもマスコミの論調でもこのような考え方はよくあるようですが、問題をすりかえてしまっては良くないと思います。 ○仮に警官に何らかの責任があって、訓告や懲戒などの「処分」を受ければ、それで満足ですか? 少年の ...続きを読む
○「自分も配慮が足りなかった」と反省しているのなら許せるけれど、「自分に責任はない」と開き直るのは許せない、というのは、きわめて日本人的な感情論で、責任の有る無しとは関係のない事です。
世間一般でもマスコミの論調でもこのような考え方はよくあるようですが、問題をすりかえてしまっては良くないと思います。

○仮に警官に何らかの責任があって、訓告や懲戒などの「処分」を受ければ、それで満足ですか?
少年の死という「不幸な出来事」を悲しみ、一方で、「処分」という警察官に取っての「不幸」は喜ぶのでしょうか?

○何か大きな不幸な出来事があると、特に当事者に取っては、身内を失うと言う大きな悲しみにたえられず、「誰か他人のせいでこうなった」と考えたくなってしまうものです。また、第三者である私たちも、つい「責任者は誰だ」「誰が一番悪いんだ」「誰々にも責任はある」と思ってしまいます。
しかし、誰も悪くないのにおこる事故もあります。
また、「犯人探し」をみんなでして、誰かに責任を取らせて、その人を処分すればそれで終わり、という決着で良いのでしょうか?それで同じような事故は今後おこらないようになりますか?誰かに責任をとらせれば、不幸な出来事が起こらないような、より良い社会になりますか?
不幸な事故ではなく警察や役人の不祥事があったような時でも、「世間がうるさいから」と謝罪の記者会見を開いて、スケープゴートになる当事者を「処分」して決着を付けることが行われています。これで本当に不祥事がなくなるのでしょうか?

○仮に警官に何らかの責任があったとしても、その責任を取るために「処分」するかどうかを決めるのは、その警官の属する都道府県なり警察庁/警視庁です。責任を取るように求める事ができるのは当事者である、少年(およびその家族)です。私たち一般大衆が、「責任を取るべきだ」と要求する事はできません。警察官を裁く権利は私たちにはありません。
もちろん、言論の自由はありますし、意見を言う事はかまわないと思います。

○誰が悪いとか、誰にも責任があるとか、他人を批判しあうばかりで問題の解決にならない事はやめにした方が良いと思います。そんな議論は、いい加減な事を言いたい放題しているワイドショーの三流「評論家」に任せておけばよいと思います。

○仮に、あくまで仮定の話として、警察官の責任を追及する声が、このトピックから広がり、大きな世論となり、世論におされて警察官が「処分」され、その事を苦にして警察官が自殺してしまったとします。警察官の家族は大きな悲しみを持ち、「皆が父を責めるから自殺してしまった。父の死の責任は世論にある」と考える可能性も十分にあるでしょう。そうしたら、「警察官に責任がある」とはやし立てた人たちには、警察官の死に対して「責任」があると思いますか?どのように「責任を取り」ますか?
補足コメント
私の考えは未だ変わりません・・・警官のミス違いないと思います。注意不足です。
例えば、逃げた先が高速道路で、少年が道に飛び出したせいで、何十台もの追突事故が起きたとします。
事故に巻き込まれた中に政治家とかVIPとか呼ばれる人物、小泉首相とか、石原都知事なんかの、大物が乗っていたとしたらどうでしょうか。あるいは皇族だったらどうでしょうか。
この方々がもし事故で重体になったら、これでも当の警察官に責任はなかったと言われるのでしょうか。
全ては少年の責任? 警察組織や、マスコミはどう書くのでしょうか、およそ想像できません。
違いは、単独事故か他の人を巻き込んだか、逃げた先が、線路か、道路かの違いです。この2つの違いです。

そろそろこの質問も締め切りたいと思います。
投稿日時 - 2003-05-07 15:21:24
お礼コメント
大変わかりやすい回答ありがとうございました。とても参考になりました。
自分でも多少感情論が入っていることは否めません。
あと、警察官に処分を望んでいるわけでもありません。
少しは悪かったな・・・と感じて欲しいと思います。
それと、全部少年のせいばかりにする風潮がなんだかいかにも日本的で不愉快です。いや実際日本に住んでいてこんな事いうのもなんですが、ものの見方がどうしてこうも一様に偏るのかなと。
また、これがアメリカだったらどうだったろうと思います。もうちょっと少年に同情する声も出てくるのではかと。

違う話しになりますが、白装束の一団もどうしてこうもみんなで、やいやい槍玉にあげるのか、やってることは「大人のイジメじゃん」と、またもや腹が立ってきました。
投稿日時 - 2003-05-07 15:41:25
  • 同意数1(1-0)
  • ありがとう数0
なるほどぉ、役に立ったなど
感じた思いを「ありがとう」で
伝えてください
  • 2003-05-02 10:01:25
  • 回答No.12
おはようございます。 >罪の意識は低かったように思うのです。 幼くて罪の意識は低かったり更生の可能性のある若者に対して刑罰を軽くすることはともかく、逃亡の「結果」の責任までも他に転嫁することはできないと思います。 また、今回の件に限れば、罪の意識が低いというほど子供ではなく、罪の意識があったからこそ逃亡を企てたのでしょう。 ただ、危険に対する認識が甘いので、逃亡などにより注意して対 ...続きを読む
おはようございます。

>罪の意識は低かったように思うのです。

幼くて罪の意識は低かったり更生の可能性のある若者に対して刑罰を軽くすることはともかく、逃亡の「結果」の責任までも他に転嫁することはできないと思います。
また、今回の件に限れば、罪の意識が低いというほど子供ではなく、罪の意識があったからこそ逃亡を企てたのでしょう。
ただ、危険に対する認識が甘いので、逃亡などにより注意して対応する必要があるとは思います。

>果たして大の大人に比べて、どれだけ言ってきかせ、また心に響かせることができるでしょうか。

より若年者のほうがより心に響かせることができることができると思います。
そして若年者のほうがより更生の可能性がある、ということも考慮して少年法があるのではないでしょうか。

では。
お礼コメント
> より若年者のほうがより心に響かせることができることができると思います。
> そして若年者のほうがより更生の可能性がある、ということも考慮して少年法があるのではないでしょうか。

しかし現実問題として、万引きする青少年は減るどころか増えつづける一方です。
結果として、心に響かしてないからではないですか?
違いますか?
投稿日時 - 2003-05-02 11:20:50
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
なるほどぉ、役に立ったなど
感じた思いを「ありがとう」で
伝えてください
  • 2003-05-01 21:18:36
  • 回答No.11
少年が逮捕されていたなら警察は容疑者である少年を拘束する義務がありますが、おそらく任意同行だったのではないでしょうか?だとしたら警察には少年を拘束する権利及び義務はなかったことになり何ら処分の対象にはならないのではないかと思います。ただもっと注意深く少年の行動を監視していたら逃げるスキを与えることは無かったと思います。 ...続きを読む
少年が逮捕されていたなら警察は容疑者である少年を拘束する義務がありますが、おそらく任意同行だったのではないでしょうか?だとしたら警察には少年を拘束する権利及び義務はなかったことになり何ら処分の対象にはならないのではないかと思います。ただもっと注意深く少年の行動を監視していたら逃げるスキを与えることは無かったと思います。
お礼コメント
> 警察は容疑者である少年を拘束する義務がありますが、おそらく任意同行だったのではないでしょうか。

そう思います。
もし責任を明確にしろ、という声が厳しく市民からあがるなら、警察はそのような見解を述べると思います。いかにもお役所的ですが、間違ってはいないと思います。

けれど、もし・・・警察官がもっと少年心理について経験を積んだベテランであって、また同じ年頃の子供と接する機会が数多くあったなら、心の揺れを読み、未然に防げたのではないか。と思わずにはいられません。
投稿日時 - 2003-05-02 11:17:11
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
なるほどぉ、役に立ったなど
感じた思いを「ありがとう」で
伝えてください
  • 2003-05-02 11:19:28
  • 回答No.13
noname#51251

「教えて!goo」初登場です。今までは色んな方の質問や回答を見てるだけでしたが、今回ばっかりは言うとかなあかんやろ~!!と思って書き込みをしてみました。 No.12の方の意見に賛成です。 万引きをした少年は中学生です。まだまだ子供だと思いますが… 万引きして→書店の店長に自分の名前すら言わず→警察から逃げようとして→遮断機の降りている踏み切りに入って電車に跳ねられた。 普通、中学生にもなれば、こん ...続きを読む
「教えて!goo」初登場です。今までは色んな方の質問や回答を見てるだけでしたが、今回ばっかりは言うとかなあかんやろ~!!と思って書き込みをしてみました。
No.12の方の意見に賛成です。
万引きをした少年は中学生です。まだまだ子供だと思いますが…
万引きして→書店の店長に自分の名前すら言わず→警察から逃げようとして→遮断機の降りている踏み切りに入って電車に跳ねられた。
普通、中学生にもなれば、こんな事しちゃいけないって分かるでしょう。
いくら子供でも、何でも大人より分かっていないのではなくて、もう分かってないといけない事もあるでしょう。
子供に対して、大人が注意したり、監督したりするべき所と、子供自身が自分の責任で行動しないといけない所、その線引きは非常に難しいと思いますが…
今回の場合は、万引きが見つかった後、どういう行動を取るかは、少年自身の責任だと思います。
少年自身が死を選ぶような行動を取った事に対して、誰の責任も何もないように思います。
お礼コメント
少年が悪い、自分の責任、という意見が多いようなので、それらをまとめて、仮に、少年に任意同行を求めた当の警察官が、市民の前でなんらかコメントする機会があり、こう言ったとします。

「逃亡したのは少年であり、その行動について予測不能で、その結果、電車に轢かれて死亡したのは、自ら招いた不運であり、自分にはその責任は無い」

こう言われたとしても、確かにそうだとは思います。私には矛盾があるようには思えません。
しかし間違ってはないとはいえ、もしこう言い放つ警官をこの先支持できるかというと、それは疑問です。

「少年の死に対して、自分にも責任があります、配慮が足りなかったことは否めません」

上はあくまで私個人的な理想の警察官の姿だったりしますが、そんなコメントでも新聞の片隅にでもみかけることあれば、若い命を散らした少年も少しは救われるような気がするのです。
私には、少年も悪いが、警官も不注意だった。結局今も、その見解は変わりません。
投稿日時 - 2003-05-02 12:16:58
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
なるほどぉ、役に立ったなど
感じた思いを「ありがとう」で
伝えてください
  • 2003-05-01 20:43:07
  • 回答No.10
>結果として事故だった、と考えれば少しは、この釈然としない気持ちが晴れるのでしょうか。 そう思います。結果が事故だったのです。 少年は、逃走を確実とするため、自ら危険な場所に踏み込んだのです。 窃盗の罪と、自分の命をはかりかけて、自ら選びとった結果です。 愚かな行為とは思いますが。 わたしはこの事件の遠因は、「万引き」は「窃盗」という犯罪であることを、子どもたちに強く教えてこなか ...続きを読む
>結果として事故だった、と考えれば少しは、この釈然としない気持ちが晴れるのでしょうか。

そう思います。結果が事故だったのです。
少年は、逃走を確実とするため、自ら危険な場所に踏み込んだのです。
窃盗の罪と、自分の命をはかりかけて、自ら選びとった結果です。
愚かな行為とは思いますが。

わたしはこの事件の遠因は、「万引き」は「窃盗」という犯罪であることを、子どもたちに強く教えてこなかったせいであると思います。
テレビのインタビューでも、「万引きぐらいで・・・」という言葉をいった人間がいました。
そういった甘さが、ゲーム感覚を生んでいるのではないでしょうか?
死んだ少年も、「万引きぐらいで捕まってはわりにあわない」ぐらいに考えて逃走をはかったのではないでしょうか?
お礼コメント
そう思うことにします。すこし気が晴れました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2003-05-02 11:06:23
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
なるほどぉ、役に立ったなど
感じた思いを「ありがとう」で
伝えてください
  • 2003-05-02 23:26:56
  • 回答No.16
noname#201556

>警官が、注意を怠った、その結果少年が亡くなった、と一番の原因のような気がしてならないのです。 考え方間違ってるのかな。 少年の死は、彼自身の行為によるものです。 誰の責任でもありません。 確かに人間の「死」は重たいものです。 しかし、すべてがその「死」を前にして、帳消しに されて言い訳はありません。責任転嫁なんて もってのほかです。 こんな事言っていたら、本を売っているの ...続きを読む
>警官が、注意を怠った、その結果少年が亡くなった、と一番の原因のような気がしてならないのです。
考え方間違ってるのかな。

少年の死は、彼自身の行為によるものです。
誰の責任でもありません。
確かに人間の「死」は重たいものです。
しかし、すべてがその「死」を前にして、帳消しに
されて言い訳はありません。責任転嫁なんて
もってのほかです。

こんな事言っていたら、本を売っているのが悪い。
本の販売を認めている国が悪い。本と言うものを
考えたものが悪い、ということになりませんか?


>「少年の死に対して、自分にも責任があります、配慮が足りなかったことは否めません」

責任がある、ということは賠償問題、責任問題に
なりませんか?
どんな配慮がありますか? 
それが想定できるのであれば対策は打たれて
いたのではないでしょうか? 

確かに若い命が失われた、そのことのみに限定
すれが私も悲しい事だと思います。
でもそのことのみに力点をおいてみる時
その結果に対する原因(本質)を見失う事に
なります。

万引きと言う犯罪がある書店であった。
それが原点です。
お礼コメント
違う視点からの意見、大変参考になりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2003-05-07 15:26:54
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
なるほどぉ、役に立ったなど
感じた思いを「ありがとう」で
伝えてください
  • 2003-05-01 17:47:02
  • 回答No.1
悪いのはすべて、万引きした少年だけです。 逃げ出したのも少年が悪いです。 逃がしてしまった警官が悪いとするならば、 万引きされた書店も悪いとなります。 ...続きを読む
悪いのはすべて、万引きした少年だけです。
逃げ出したのも少年が悪いです。

逃がしてしまった警官が悪いとするならば、
万引きされた書店も悪いとなります。
お礼コメント
> 悪いのはすべて、万引きした少年だけです。

少年が全て悪い、ときめつけるのも、どこか釈然としないのです。それはそうなんだけど・・・でも相手はまだ子供です。
子供だから悪いことは許されるのか、というのではなく、まだ一人の人間として未成熟な状態にあるわけです。
ですから、これからトライ&エラーしながら成長するにつれていろいろと学ぶ機会もあるでしょう。

少年を別にかばうわけではありませんが、大人である警官がもっと注意するべきではなかったのかなって、思えて仕方がないのです。正直、少し油断してたんでは? と。
投稿日時 - 2003-05-01 20:06:02
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
なるほどぉ、役に立ったなど
感じた思いを「ありがとう」で
伝えてください
  • 2003-05-01 18:04:34
  • 回答No.2
私も、悪いのは少年だけだと思います.警官にそこまで、もとめても、、、ってかんじです、  悪い事をして逃げようって気持ちが悪いです。 ...続きを読む
私も、悪いのは少年だけだと思います.警官にそこまで、もとめても、、、ってかんじです、  悪い事をして逃げようって気持ちが悪いです。
お礼コメント
でも逃がしたのは、警官のミスには違いないと思うのですが・・・
投稿日時 - 2003-05-01 20:08:15
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
なるほどぉ、役に立ったなど
感じた思いを「ありがとう」で
伝えてください
  • 2003-05-01 18:20:03
  • 回答No.3
僕は少年が万引きをする様になってしまった家庭環境、親に責任があると思います。 息子が死んでも平然と本屋のせいにしていた父親の姿に疑問と怒りを感じます。 本屋や警官のせいなどと言う前に、根本の原因に思いをはせる必要があるのではないでしょうか? ...続きを読む
僕は少年が万引きをする様になってしまった家庭環境、親に責任があると思います。
息子が死んでも平然と本屋のせいにしていた父親の姿に疑問と怒りを感じます。
本屋や警官のせいなどと言う前に、根本の原因に思いをはせる必要があるのではないでしょうか?
お礼コメント
これもご意見としてうかがっておきます。
投稿日時 - 2003-05-01 20:09:09
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
なるほどぉ、役に立ったなど
感じた思いを「ありがとう」で
伝えてください
  • 2003-05-01 18:21:29
  • 回答No.4
私はやはり少年が悪いと思います。 書店は被害者であり、落ち度はありません。どんな状況であろうと窃盗という犯罪行為を容認することは出来ません。警察官も職務を執行しただけです。少年が死んでしまうことを予想できれば話は違いますが、そんなこと誰が予見できるというのでしょうか?その少年の年齢ならば、窃盗が犯罪であり道義的にも許される行為ではないこと、犯罪を犯したら警察で取調べを受けて処分を受けなければならない ...続きを読む
私はやはり少年が悪いと思います。

書店は被害者であり、落ち度はありません。どんな状況であろうと窃盗という犯罪行為を容認することは出来ません。警察官も職務を執行しただけです。少年が死んでしまうことを予想できれば話は違いますが、そんなこと誰が予見できるというのでしょうか?その少年の年齢ならば、窃盗が犯罪であり道義的にも許される行為ではないこと、犯罪を犯したら警察で取調べを受けて処分を受けなければならないといった極めて当たり前な常識を身につけていたはずです。

非常に冷たい言い方になりますが、少年こそが今回の騒動の唯一の元凶であり、書店や警官、事故の関係者などはその騒動で迷惑を受けた被害者に他ならないと思います。

少年がかわいそうという見方を強引にしようとするのならば、彼の親からもっと愛情を持って社会の常識を教えられていれば今回のことは起こらなかっただろうな、と思います。

本当に冷たい回答ですみませんが、私の本心です。
お礼コメント
> 書店は被害者であり、落ち度はありません。

これは同意します。私もそう思います。
でも全てが少年が悪い、という意見は私には受け止められません。
投稿日時 - 2003-05-01 20:11:39
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
なるほどぉ、役に立ったなど
感じた思いを「ありがとう」で
伝えてください
16件中 1~10件目を表示
  • 回答数17
  • 気になる数0
  • ありがとう数9
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集


士業をはじめとする専門家が回答するQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ